山下清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山下 清
Kiyoshi Yamashita on Ebisubashi Bridge.JPG
大阪戎橋にたたずむ山下清(1955年
生誕 1922年3月10日
東京府東京市浅草区田中町
(現:東京都台東区日本堤
死没 (1971-07-12) 1971年7月12日(49歳没)
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 ちぎり紙細工
ペン画

山下 清(やました きよし、1922年(大正11年)3月10日 - 1971年(昭和46年)7月12日)は、日本画家

経歴[編集]

幼少期[編集]

後遺症による障害
東京府東京市浅草区田中町(現: 東京都台東区日本堤一、二丁目辺り)に、大橋清治・ふじの長男として生まれる[1]。翌年に関東大震災によって田中町一帯が焼失すると、両親の郷里である新潟県新潟市(現: 中央区)白山に転居する。その2年後の3歳の頃に重い消化不良で命の危険に陥り、一命こそ取り留めたものの、軽い言語障害知的障害後遺症を患う。
母の再婚
一家は1926年大正15年)[2]には浅草に戻った[1]脳出血で父の清治が1932年(昭和7年)に他界すると、母ふじは再婚する。その再婚相手は、小学校(石浜小学校)でいじめられたことを話す清に「刃物で相手を怪我させろ」と唆す養父で、いじめに遭った際に鉛筆削り用の小さなナイフを手に持つようになってしまった清は、同級生に大ケガをさせた事がある[1]

少年期[編集]

ちぎり紙細工との出会い
1934年昭和9年)の春、養父が不在の間に、母ふじが清を含む子供3人を連れて北千住(足立区千住)の木賃宿へ逃れる。生活の困窮で、すぐに杉並区方南町(現: 杉並区方南)にある母子家庭のための社会福祉施設「隣保館」へ転居。この頃に母ふじの旧姓である山下清を名乗るようになる[1]
しかし、新しい学校でも勉強についていくことができず、同年5月千葉県東葛飾郡八幡町[1]大字八幡字衣川(現: 千葉県市川市八幡四丁目)[3][4]知的障害児施設(清が入園した当時は救護法下の救護施設)「八幡学園」へ預けられる。この学園での生活で「ちぎり紙細工」に出会う。これに没頭していく中で磨かれた才能は、1936年(昭和11年)から学園の顧問医を勤めていた精神病理学者・式場隆三郎の目に止まり、式場の指導を受けることで一層開花していった[1]
個展の開催
1937年(昭和12年)秋には、八幡学園の園児たちの貼り絵に注目した早稲田大学講師戸川行男により早稲田大学で小さな展覧会が行われたほか、1938年(昭和13年)11月には同大学の大隈小講堂にて「特異児童労作展覧会」が行われ、清の作品も展示された。
そして1938年(昭和13年)12月に、東京市京橋区銀座(現: 中央区銀座)の画廊で初個展を開催、1939年(昭和14年)1月には、大阪の朝日記念会館ホールで展覧会が開催され、清の作品は多くの人々から賛嘆を浴びた。梅原龍三郎も清を高く評価した一人であり、「作品だけからいうとその美の表現の烈しさ、純粋さはゴッホやアンリ・ルソーの水準に達していると思う」と評価していた[5]

青年期[編集]

兵役免除のための放浪
八幡学園での在籍期間は長かったものの、18歳の時に突如学園を後にし、1940年(昭和15年)から1954年(昭和29年)まで放浪の旅へと出て行った。後年、この時に脱走した理由を訊ねられても、ただ「イヤになったから」としか答えていないという。脱走の翌々年、受けることになっていた徴兵検査を受けたくなかったため、更に放浪を続けた。我孫子の弥生軒で住み込みで働いていたのもこの頃で、半年ごとに放浪しては戻ってくる事を5年ほど繰り返したという[6]
21歳の時、食堂で手伝いをしていたところにやって来た八幡学園の職員によって、無理やり徴兵検査を受けさせられたが、知的障害を理由に兵役免除となる。この記録は『放浪日記』(1956年(昭和31年))にまとめられた。なお、この時のいでたちとして、リュックサックを背負う姿がテレビドラマなどで描かれている。
戦後の活動
戦後は「日本のゴッホ[7]、「裸の大将」と呼ばれた。1954年当時、鹿児島を放浪中に清は「ゴッホもルソーも全然知らない」と言っていたが、以前にゴッホの模写などはしており、同年、東京に戻ってからは日本橋丸善で開催されていたゴッホ展を訪れている[8]1956年(昭和31年)の東京大丸の「山下清展」を始め、全国巡回展が約130回開かれ、観客は500万人を超えた。大丸の展覧会には当時の皇太子も訪れた。1961年(昭和36年)6月、式場隆三郎らとともに約40日間のヨーロッパ旅行に出発。各地の名所を絵に残した。

晩年[編集]

脳出血で死去
晩年は、東京都練馬区谷原に住み、『東海道五十三次』の制作を志して、東京から京都までのスケッチ旅行に出掛けた。およそ5年の歳月をかけて55枚の作品を遺している。ただし、高血圧による眼底出血に見舞われ、その完成は危ぶまれていた。
1971年(昭和46年)7月12日脳出血のため49歳で死去した。当時、我孫子の弥生軒からの依頼で、描いていた四季をテーマにした4種類の弁当(駅弁)の包装紙のうち、冬のモチーフのものは描かれず、3種類しか作成されなかった。墓所は富士霊園。

人物[編集]

瞬間記憶能力
清は驚異的な映像記憶力の持ち主で、「花火」「桜島」など行く先々の風景を、多くの貼絵に残している。海外の研究者などの中には、清の持つ軽度の知的障害と結びつけサヴァン症候群だったのではないかと考えられている。
とりわけ、花火が好きだった清は、花火大会開催を聞きつけると全国に足を運び、その時の感動した情景をそのまま作品に仕上げている。花火を手掛けた作品としては、『長岡の花火』などがある。しかし、実際はドラマや映画とは違って旅先ではほとんど絵を描くことがなく、八幡学園や実家に帰ってから記憶を基に描くというスタイルだった。
贋作
その人気の高さや、所属していた画壇がなかったためにその作品を鑑定できる者がいないこと、各地でお礼のために作品を残したというテレビドラマの描写の影響から、贋作を本物と偽った展覧会などが開催されることがある。実際には貼り絵はほとんど学園や自宅で制作していて、遺族が保管している。

関連するドラマ・映画・舞台[編集]

裸の大将
1958年(昭和33年)公開の東宝映画。小林桂樹が山下清を演じ、毎日映画コンクール主演男優賞を受賞した。
裸の大将放浪記
『放浪日記』を題材とし、関西テレビ東阪企画の共同制作・フジテレビ系で1980年(昭和55年)から放送されたテレビドラマ作品で、芦屋雁之助が「放浪の天才画家・山下清」を演じた。舞台版、およびパロディではなく社会福祉の面から清を追った映画版もある。元々は1964年、雁之助が旗揚げした劇団「劇団 喜劇座」で当時、座付き作家だった藤本義一が、清と雁之助の風貌が良く似ていることを指摘し、それを基に雁之助主演の舞台劇「裸の大将放浪記」を書き上げて上演。大ヒットしたことがテレビドラマ化の原点である。ドラマ第1作では原作表記の他に「原案:藤本義一」とクレジットされている。 1967年京都南座で裸の大将初演時、山下清が激励し「客席にもボク、舞台にもボク」と喜んでいた[9]
新・裸の大将放浪記
2005年(平成17年)10月10日 -10月16日に、愛知県名古屋市名鉄ホールで行なわれた舞台であり、その後、全国各地で上演された。雁之助の実弟で俳優の芦屋小雁が、山下清を演じる。基の脚本は雁之助が初演した際の藤本義一の筆によるものである。
裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜
2007年(平成19年)9月1日にフジテレビ系「土曜プレミアム」枠で放送された単発のテレビドラマ作品。制作はフジテレビと東阪企画。お笑いコンビドランクドラゴン」の塚地武雅が山下清を演じた。
好評だったことから、2008年(平成20年)5月24日に第2作『裸の大将 宮崎編〜宮崎の鬼が笑うので〜』が、同年10月18日には第3作『裸の大将 山梨編〜富士山にニセモノが現われたので〜』が放送され、2009年(平成21年)10月24日にはテレビ熊本開局40周年記念企画として『裸の大将 火の国・熊本編〜女心が噴火するので〜』が放送された。塚地は『わが家の歴史』(2010年(平成22年)、フジテレビ)でも清を演じていた。
拝啓天皇陛下様
山下清本人が一庶民役で、数秒間だけ出演している。
この空の花 長岡花火物語
大林宣彦監督作品(2011年)。ミュージシャンで元たま石川浩司が山下清を演じている。なお、石川自身たまで活躍していた頃より坊主頭と白のランニングシャツ(タンクトップ)・半ズボンの服装がトレードマークで、『裸の大将放浪記』にて芦屋雁之助演じる山下清に類似した姿だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 山下清のすべて(サンマーク出版)
  2. ^ 式場隆三郎「山下 清」『現代教育心理学大系第14巻 特殊教育』中山書店(1958年)。
  3. ^ 市川市 水木洋子と八幡マップ(山下清入園時期の八幡学園の位置が載っている)
  4. ^ 市川市大字・小字地図
  5. ^ 朝日新聞1954年(昭和29年)1月6日付朝刊7頁
  6. ^ 東洋経済ONLINE『JR我孫子駅名物「唐揚げそば」に隠された秘密
  7. ^ 『朝日新聞』1954年1月6日付朝刊7頁
  8. ^ 『朝日新聞』1954年1月11日付朝刊及び1月21日付朝刊
  9. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」

参考文献[編集]

  1. ^ 清の甥。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]