間宮純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

間宮 純一(まみや じゅんいち、1908年8月25日[1] - 1981年11月19日[1])は、将棋棋士[1][2][3]溝呂木光治門下[1]間宮 久夢斎[1][4][5](きゅうむさい[3])とも称した。入玉狙いという特異な棋風放浪癖から、将棋界きっての奇人変人[1][2][3][4][6][7]として知られた。

生涯[編集]

静岡県田方郡大仁町[1](後の伊豆の国市大仁)出身。裕福な家系(#家族節を参照)に生まれ、経済的に恵まれた環境で幼少期を過ごした[3]

中等学校を四年次で中退して溝呂木光治の弟子となり[2]1923年に初段[2]。18歳のときには溝呂木の内弟子となった[8]。内弟子となって4年ほどで三段まで昇段したが、ここからなかなか四段に上がれず苦しんだ[3][8]。23歳の時に内弟子を辞めて独立し、各地を放浪するようになる[8]。一時は日本将棋連盟(当時の名称は将棋大成会)にも顔を出さなくなったが[8]、やがて復帰し、1941年にようやく四段に昇段した[8]

1946年第1期順位戦C級で参加した[1]1947年に五段[1]1948年には順位戦C級1組・六段となった[1]1955年第9期順位戦でC級2組へ降級し[1]1957年には第11期順位戦でC級2組からも降級となり[9]引退した[1]

浪花節放浪を好み[1][3][4][6][7]、「西洋コジキのよう」[4]とも形容された薄汚い身なりをして[3][4]、日本全国の将棋愛好家を訪ねて巡っていた[1][3][7]。無賃乗車[3][7]、無銭飲食[3]、無銭宿泊[3][6]、関係者の家に押し掛けて金銭や酒を執拗にねだる[1][7][10]などの奇行を繰り返して周囲に迷惑を掛けた[3][10]ため、引退後に日本将棋連盟から退会勧告を受けて退会した[1][3][10]

間宮の引退・退会時期は文献によって記述が異なる。山本武雄の1966年の書籍には、1957年3月終了の第11期順位戦C級2組で最下位(降級)となった直後、引退を経ずに直接退会したと取れる記述がある[9]。一方で原田泰夫の1999年の書籍によると、間宮の引退は1957年[1]、退会は原田が日本将棋連盟会長を務めた時期(1961年-67年)のことで[10]斎藤銀次郎の退会と同じ頃だという[10]。日本将棋連盟の月刊誌『将棋世界』には毎年1月号に「棋士住所録」が掲載されていたが、間宮の名前は1957年[11]までは現役棋士として、1958年[12]から1960年[13]までは引退棋士として、それぞれ「棋士住所録」に記載されていた。1961年[14]以降の「棋士住所録」に間宮の名は記載されていない。

日本将棋連盟を退会した頃にはアルコール依存症となっており[3]、その後は実弟の世話を受けた[3]。最晩年は山梨県身延町老人ホームに入所し[3]、1981年11月19日に老衰のため死去した[1]

昇段履歴[編集]

  • 1923年 初段[2][15]
  • 1941年 四段[8]
  • 1947年 五段[1]
  • 1948年 六段(順位戦C級1組)[1]
  • 1957年 引退[1]、のち退会[10]

棋風[編集]

最も安全な玉将の居場所は敵陣であり[1][5][6]入玉してしまえば負けることはない[1]との考えから、玉将を三段目まで上げて常に入玉を目指す独自の戦法「久夢流」を愛用した[1][2][3][4][5][6][16]

升田幸三は1967年の書籍で間宮の久夢流について触れ、「勝率はそれほどでもなかったが、古今に類のない考え方の将棋であり、いま思えば珍重されるべきであったろう」[16]と評価している。

原田泰夫は1999年の書籍で、間宮と自身の第1期順位戦での対局を回想して「弱い相手ならともかく、互角ぐらいだとそう簡単には入玉できません」[1]「無理やり入ろうっていうんだからスキが生じる」[1]と述べ、久夢流は入玉にこだわり過ぎていてあまり有効ではなかったと指摘している。

広津久雄は、2006年の静岡新聞の連載で「敵陣が安全な場所だといって、三段目まで玉を上がる発想はユニークだが、無理なところがある」[17]と評した。また広津は、奨励会での間宮がその特異な棋風を他の奨励会員に覚えられて苦戦していたことを証言している[17]

人物[編集]

棋士としての系譜[編集]

小野五平十二世名人の系譜[6](師匠である溝呂木のさらに師匠が小野[18])だが、間宮に弟子はおらず[6]、間宮の代で系譜が途絶えた形となっている[6]

家族[編集]

実業家の間宮勝三郎の孫[3]で発明家の間宮精一の甥[3]に当たり、父は勝三郎の養子[3]である。純一は長男で、弟が二人いた[3]。次男は出征してガダルカナル島の戦いで戦死し[3]、純一の老後の世話をしていたのは三男である[3]

将棋世界1956年6月号特別付録の「現代棋士名鑑」[15]には「独身」とあり、生涯独身であったとする文献[6]もある。ただし1948年3月に出版された『現代棋士名鑑:次の名人は誰?』[2]には、妻と二人暮らしとの記述がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 加藤治郎原田泰夫田辺忠幸「元祖入玉流?間宮久夢斎」『証言 昭和将棋史』毎日コミュニケーションズ、1999年、174-176頁。ISBN 4-8399-0255-0
  2. ^ a b c d e f g 将棋大成会出版部(編)「五段 間宮純一」『現代棋士名鑑:次の名人は誰?』将棋新聞社、1948年3月22日、41頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 湯川博士「人生、短夜のごとし」『将棋巷談・一手劇場』毎日コミュニケーションズ、1993年、148-151頁。ISBN 4-89563-579-1(間宮純一の実弟にインタビューした記事。初出は『週刊将棋』1985年8月21日号。)
  4. ^ a b c d e f 藤沢桓夫「変人奇人」『大阪の人』光風社書店、1974年、162-165頁。随筆集。当該随筆の初出は1955年。)
  5. ^ a b c 東公平「安全地帯、それは敵陣」『升田式石田流の時代』河出書房新社、2000年、31頁。ISBN 4-309-72265-2第21期A級順位戦、1966年7月14日の二上達也-山田道美戦の観戦記の一節。先手の二上が入玉したことから、入玉を好んだ間宮について言及している。初出は朝日新聞1966年8月20日(土)朝刊12面。)
  6. ^ a b c d e f g h i 東公平「第6回富士通杯達人戦 受けなしまで指した大内のサービス精神」『週刊朝日』第103巻29号(通巻4270号)、朝日新聞出版、1998年7月3日、 126-127頁。(第6回達人戦第1回戦第2局、田中寅彦-大内延介戦の観戦記。後手の大内が玉将を三段目に上げたところから、間宮の棋風や言動について言及している。)
  7. ^ a b c d e 芹沢博文「酒好き奇人の大先生」『芹沢九段の将棋界うら話 指しつ刺されつ』リイド社、1987年5月、32-34頁。ISBN 4-947538-63-5
  8. ^ a b c d e f 四段 間宮純一「下積生活二十年」『将棋世界』第5巻第10号、将棋大成会、1941年10月、 26-27頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  9. ^ a b 山本武雄『将棋百年』時事通信社、1966年、320-321頁。
  10. ^ a b c d e f 加藤治郎、原田泰夫、田辺忠幸「連盟を守るためつらい決断」『証言 昭和将棋史』毎日コミュニケーションズ、1999年、177-179頁。ISBN 4-8399-0255-0
  11. ^ 「棋士住所録」『将棋世界』第21巻第1号、日本将棋連盟、1957年1月、 132-133頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  12. ^ 「棋士住所録」『将棋世界』第22巻第1号、日本将棋連盟、1958年1月、 128-129頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  13. ^ 「棋士住所録」『将棋世界』第24巻第1号、日本将棋連盟、1960年1月、 134-135頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  14. ^ 「棋士住所録」『将棋世界』第25巻第1号、日本将棋連盟、1961年1月、 150-151頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  15. ^ a b 「特別附録 現代棋士名鑑」『将棋世界』第20巻第6号、日本将棋連盟、1956年6月、 153頁。国立国会図書館デジタルコレクション、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館限定公開)
  16. ^ a b 升田幸三「入玉に負けなし」『格言と手筋』弘文社、1967年12月、158-159頁。
  17. ^ a b 広津久雄 (2006年3月5日). “静岡将棋誌(382) 特異棋風の間宮さん 四段の夢 かなわず”. 静岡新聞日曜版: p. 7 
  18. ^ 棋士系統図”. 日本将棋連盟. 2019年7月24日閲覧。

関連項目[編集]