阿弥陀堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

阿弥陀堂(あみだどう、正字体: 阿彌陀堂) は、阿弥陀如来本尊とする仏堂のこと[1]平安時代からの浄土信仰に伴って数多く建てられた[1]

阿弥陀堂の形式は大別して2つある[1]。1つは、現世に阿弥陀仏を見て、かつ来世に極楽往生を遂げるために、主に修行を目的として造られたものであり、天台宗の常行堂(常行三昧堂)に始まる[1]。もう1つは、この世に阿弥陀仏の極楽世界と、その荘厳を想像して造られたものであり、平等院鳳凰堂がその例である[1]

概要[編集]

中国の阿弥陀堂[編集]

東晋慧遠廬山般若台に創建し、善導法照らも造営した。

日本の阿弥陀堂[編集]

奈良時代には、東大寺阿弥陀堂や法華寺浄土院が建ち、阿弥陀悔過などの法要が行われた。

平安時代後期には、浄土信仰の広まりで建立が盛んになり、慈覚大師(円仁)が延暦寺に建立した常行堂の形式を継ぐ、方一間の母屋に仏像を安置し、周囲に庇を伸ばして三方を囲んだ形式の一間四面堂が作られた。

源信ら、浄土往生を願う貴族階級が建立を競うと、各地に建立された。失われた藤原道長法成寺の無量寿院阿弥陀堂は最大規模のもので、藤原頼通平等院鳳凰堂は、内部に彩色を施しそのよすががしのばれる。

京都の浄瑠璃寺本堂、法界寺阿弥陀堂や、三千院本堂、平泉の中尊寺金色堂、兵庫県の浄土寺浄土堂、福島県の白水阿弥陀堂(願成寺)、大分県の富貴寺大堂などが遺構として知られる[1]

一覧[編集]

名称 建立年代 所在地 状態 備考
ほうしようしむりようしゆいんあみたとう/法成寺無量寿院阿弥陀堂 1022年(治安2年) 26京都市上京区 現存せず
ひようとういんほうおうとう/平等院鳳凰堂 1053年(天喜元年) 26京都府宇治市 国宝
せんかたきのさんそう/浄瑠璃寺本堂 1107年(嘉承2年) 26京都府木津川市 国宝
ちゆうそんしこんしきとう/中尊寺金色堂 1124年(天治元年) 03岩手県平泉町 国宝
かんしようしあみたとう/願成寺阿弥陀堂(白水阿弥陀堂) 1160年(永暦元年) 07福島県いわき市 国宝
こうそうしあみたとう/高蔵寺阿弥陀堂 1177年(治承元年) 04宮城県角田市 重要文化財
しようとししようととう/浄土寺浄土堂 1194年(建久5年) 28兵庫県小野市 国宝
おうしようこくらくいんあみたとう/往生極楽院阿弥陀堂(三千院本堂) 12世紀 26京都市左京区 重要文化財
ふきしおおとう/富貴寺大堂 12世紀 44大分県豊後高田市 国宝
みようとうしあみたとう/明導寺(城泉寺)阿弥陀堂 1229年(寛喜元年) 43熊本県湯前町 重要文化財
ほうかいしあみたとう/法界寺阿弥陀堂 13世紀 26京都市伏見区 国宝
によいしあみたとう/如意寺阿弥陀堂 鎌倉時代前期 28兵庫県神戸市 重要文化財
ふくとくしあみたとう/福徳寺阿弥陀堂 鎌倉時代後期 11埼玉県飯能市 重要文化財
しようとしあみたとう/浄土寺阿弥陀堂 1345年(貞和元年) 34広島県尾道市 重要文化財
しようれんしあみたとう/青蓮寺阿弥陀堂 1443年(寛喜元年) 43熊本県多良木町 重要文化財
しんちようこくしあみたとう/新長谷寺阿弥陀堂 1460年(長禄4年) 21岐阜県関市 重要文化財
せいかんしあみたとう/西願寺阿弥陀堂 1495年(明応4年) 12千葉県市原市 重要文化財
うしやくしあみたとう/雨錫寺阿弥陀堂 1495年(明応4年) 30和歌山県有田川町 重要文化財
あしうらかんのんしあみたとう/芦浦観音寺阿弥陀堂 室町時代前期 25滋賀県草津市 重要文化財
さいこうしあみたとう/西光寺阿弥陀堂 16世紀前期 20長野県上田市
たいさんしあみたとう/大山寺阿弥陀堂 1552年(天文21年) 31鳥取県大山町 重要文化財
うおぬましんしああみたとう/魚沼神社阿弥陀堂 1563年(永禄6年) 15新潟県小千谷市 重要文化財
しおふねかんのんしあみたとう/塩船観音寺阿弥陀堂 室町時代後期 13東京都青梅市 重要文化財
さいこうしあみたとう/西光寺阿弥陀堂(田口阿弥陀堂) 室町時代後期 07福島県古殿町
はつしようしあみたとう/八勝寺阿弥陀堂 室町時代後期 43熊本県湯前町 重要文化財
さいふくしあみたとう/西福寺阿弥陀堂 1593年(文禄2年) 18福井県敦賀市 重要文化財
はちようしあみたとう/八葉寺阿弥陀堂 1593-1596年 (文禄年間) 07福島県会津若松市 重要文化財
きよみすてらあみたとう/清水寺阿弥陀堂 1631-33年(寛永8-10年) 26京都市東山区 重要文化財
まんふくしあみたとう/万福寺阿弥陀堂 1687年(貞享4年) 08茨城県行方市 重要文化財

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『岩波仏教辞典』 中村元ほか(編)、岩波書店、2002年10月、第二版、18-19頁。
  2. ^ 阿弥陀堂 (さいたま市北区)さいたま市の寺院。さいたま市にある寺院の概要と地区別案内”. 松長哲聖. 2017年6月17日閲覧。
  3. ^ 土呂阿弥陀堂(浄職院)。さいたま市北区土呂町にある旧真言宗智山派堂宇”. 松長哲聖. 2017年6月17日閲覧。
  4. ^ 浄職院か城職院か: 見沼の風-大和田だより-”. 2017年6月17日閲覧。

関連項目[編集]