B級スポット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

B級スポット(ビーきゅうスポット)とは、一風変わった観光施設、あるいは観光地のこと。最近では「B級スポット」ではなく、「珍スポット」(ちんスポット)と呼ばれることが多い。

個人オーナーが自分の足で全国から蒐集した珍品を展示している淡路島立川水仙郷秘宝館「ナゾのパラダイス」

概要[編集]

B級スポットとは、人によって好みの分かれる観光施設或いは観光地のこと。B級観光地、B級施設などとも言う。日本各地にある秘宝館などが代表例である。1996年に出版された『珍日本紀行』が話題を呼び、それ以降B級スポットという言葉が世間に広まった。高度成長時代に作られた過激な観光施設、バブル景気の頃に作られたごく個人趣味的な施設、村興し等で作られたコンセプトの分かりにくいテーマパークなどがある。B級スポットの探索を趣味とする人もいる。

B級には安っぽいと言う意味もあるが、B級スポットは必ずしもチープな施設であるとは限らない。地域振興で作られた大規模なテーマパークなどは、地方自治体の破綻を招くことも少なくない。

主なインターネットサイト[編集]

B級スポットの情報はそのほとんどがインターネットサイトから発信されている

B級スポット関連作品[編集]

書籍[編集]

ムック[編集]

雑誌[編集]

テレビ番組[編集]

  • 探偵!ナイトスクープ』 − 「パラダイス物件」として多くの微妙なアミューズメント施設をネタにしている。
  • シンボルず』− 町の中の変わったアート作品や場所にスポットを当て、みうらじゅんらがその魅力に迫っていく。
  • ナニコレ珍百景』− 全国各地の珍スポットや珍風景を紹介し、「珍百景」を認定する。
  • 『日本の<<異空間>>探検番組 ワンダーJAPAN TV』− サブカルチャー雑誌『ワンダーJAPAN』のTV版。
  • 別冊アサ秘ジャーナル』− 「活きた」ガイドブックを作ると称して、変わったスポットを紹介する。

ギャラリー(国内外のB級スポットの一例)[編集]

淡路島立川水仙郷の「ナゾのパラダイス」 
B級であるがゆえに客足が落ち、オーナーの死去とともに巨大な廃墟と化した淡路島平和観音寺(世界平和大観音像) 
怪しげな仏像約4000体が洞窟に納められたラオスパークウー洞窟 

関係項目[編集]