修道女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
修道女
世界各地の修道女

修道女(nun )とは、女性の宗教的共同体の一員であり、典型的には僧院の中で清貧・貞潔・従順誓願の下に生活する。[1] 修道女の共同体は、仏教キリスト教ジャイナ教道教など、多数の宗教的伝統に存在する。

仏教の伝統における女性修行者比丘尼として知られ、男性修行者の比丘に対して八敬法を誓う。尼は大乗仏教で最も多いが、最近では他の宗派でも広まっている。

キリスト教において修道女やシスターとして知られる女性宗教者は、カトリック正教会聖公会ルーテル教会などの教派で見られる。この二語は混同して用いられることが多いが、「修道女」が歴史的には盛式誓願を立て、僧院や修道院で祈りと観想の生活を送るのに対し、「シスター」は単式誓願を立て[2]、教育や医療などの分野における祈りの活動と慈善事業に生きる。例としては、1212年にフランシスコ会の中に設立された聖クララ修道会や、1950年にマザー・テレサによって最も貧しい人々のために設立された慈愛の宣教者たちがある。

画像集[編集]

あわせて見る[編集]

参照[編集]

  1. ^ The Oxford English Dictionary, vol X, page 599.
  2. ^ "Sister". Merriam-Webster. [A] member of a women's religious order (as of nuns or deaconesses); especially : one of a Roman Catholic congregation under simple vows