旧グッゲンハイム邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧グッゲンハイム邸
Guggenheim house Kobe00n4272.jpg
情報
設計者 アレクサンダー・ネルソン・ハンセル
構造形式 木造
階数 地上2階建
竣工 1912年
所在地 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5
座標 北緯34度38分3.5秒
東経135度5分4.9秒
テンプレートを表示

旧グッゲンハイム邸(きゅうグッゲンハイムてい)は兵庫県神戸市垂水区にある異人館。塩屋海岸を望む高台に建つコロニアルスタイルの西洋館で、1階と2階に設けられた5連アーチのベランダを特徴とする。アレクサンダー・ネルソン・ハンセルによる設計と推定されている。

概要[編集]

1909年から1912年にかけてのいずれかの時期に建設されたと考えられている。 ドイツ系アメリカ人貿易商グッゲンハイムが1915年まで使用し、その後複数の所有者を経て竹内油業の所有となってからは長期間同社の社員寮として使用されていた。

2000年ごろから空家となり、阪神淡路大震災と度重なる台風による被害もあって老朽化が進行。取り壊される可能性も取り沙汰されていた2007年、塩屋在住のステンドグラス作家デュルト・森本康代[1](でゅると・もりもとみちよ)ら[2]一家が保存及び維持管理の為に私財をなげうって購入した。修復作業完了後、長男森本アリによる管理のもと2007年10月から貸会場として提供を開始。2008年2月から、定期的に一般への無料公開も実施している。

建築概要[編集]

  • 設計 - アレクサンダー・ネルソン・ハンセル(推定)
  • 竣工 - 1912年
  • 構造 - 木造、地上2階建
  • 延床面積 -
  • 所在地 - 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5

利用情報[編集]

  • 一般公開 - 毎月第3木曜日13:00~16:00(変更あり)

交通アクセス[編集]

脚注・参照[編集]

  1. ^ アトリエステンドグラス DURT 森本康代
  2. ^ 震災復興から、これからのまちのサイズを考えてみる。「旧グッゲンハイム邸」森本アリさんに聞く「変わらないことの豊かさ」とは | greenz.jp

参考文献[編集]

  • 森本アリ 『旧グッゲンハイム邸物語 - 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』 ぴあ、2017年。ISBN 4835638123 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]