石井邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井 邦彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1955-06-25) 1955年6月25日(62歳)
身長
体重
187 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年9月10日
最終出場 1978年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石井 邦彦(いしい くにひこ、1955年6月25日 - )は、大阪府[1] 出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

育英高では1年下の菊村徳用とともに投の二本柱として活躍するが、甲子園には出場できなかった。卒業後は大東文化大学に進学。当時の首都大学リーグ東海大日体大の二強時代であり、優勝には届かず1976年秋季リーグの3位が最高成績であった。

1977年ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団[1]1978年9月10日には阪急ブレーブスを相手に初登板初先発。佐藤義則と投げ合うが、ウイリアムスに本塁打を喫するなど打ち込まれ4回に降板。この映像は「熱闘!日本シリーズ1978 ヤクルト - 阪急」で見ることができる。これ以降は一軍での登板機会がなく、1982年限りで現役引退[1]

アンダースローからのストレートシンカーが武器であった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 日本ハム 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 18 3.2 7 2 1 0 0 1 0 0 4 4 9.00 2.18
通算:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 18 3.2 7 2 1 0 0 1 0 0 4 4 9.00 2.18

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1978年 - 1982年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、37ページ