1983年の日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1983年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ3位
64勝59敗7分 勝率.520[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 大沢啓二
« 1982
1984 »

1983年の日本ハムファイターズ(1983ねんのにほんハムファイターズ)では、1983年の日本ハムファイターズの動向をまとめる。

このシーズンの日本ハムファイターズは、大沢啓二監督の8年目のシーズンである。

概要[編集]

過去2年間勝率1位(1981年は優勝、1982年は2位)のチームは2年ぶりの優勝を期待されたが、開幕ダッシュに失敗して西武の独走を許した。5月末には西武に3タテを食らわせて6.5ゲーム差に縮めるものの、その直後に3連勝でお返しされた。夏場以降は阪急との2位争いが続いたが、9月以降は負けが込み結局3位で終了した。投手陣は前年20勝をあげて後期優勝(前年まではパ・リーグは前期・後期の二期制だった)の立役者となった工藤幹夫が右肩痛で8勝と、勝ち星が半減。それ以外の投手も工藤につられる様に成績を落とし、守護神の江夏豊とリリーフで11勝をあげた川原昭二しか頼れる投手がいなかったこともV逸の原因となった。打撃陣では二村忠美が入団して新人王を獲得し、柏原純一島田誠トミー・クルーズなども例年通りの成績を残したがそれ以外の選手が不振に終わった。シーズン終了後2年連続でV逸した責任を取り、大沢監督は勇退。新監督には植村義信投手コーチが昇格した。シーズン終了後、1976年富田勝とともに巨人から移籍し投手陣の柱として活躍した高橋一三が引退し、江夏が柴田保光との交換トレードで西武に移籍。また4年連続で30本塁打以上と活躍し1981年の優勝に貢献したトニー・ソレイタも退団するなど、戦力が弱体化した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 島田誠
2 高代延博
3 クルーズ
4 柏原純一
5 ソレイタ
6 古屋英夫
7 大宮龍男
8 二村忠美
9 榊原良行
投手 工藤幹夫
1983年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 ロッテ 0.5 阪急 8.0 日本ハム 12.0 日本ハム 14.0 日本ハム 11.5 阪急 16.0 阪急 17.0
3位 阪急 2.5 日本ハム 8.5 阪急 12.0 阪急 14.5 阪急 15.0 日本ハム 18.0 日本ハム 20.5
4位 日本ハム 3.5 南海 9.0 南海 15.0 南海 16.0 近鉄 21.0 近鉄 26.0 近鉄 29.5
5位 南海 4.0 近鉄 11.0 近鉄 15.0 近鉄 16.5 南海 25.0 南海 28.5 南海 31.5
6位 近鉄 4.5 ロッテ 11.5 ロッテ 21.0 ロッテ 26.0 ロッテ 32.5 ロッテ 37.5 ロッテ 39.5
1983年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 86 40 4 .683 -
2位 阪急ブレーブス 67 55 8 .549 17.0
3位 日本ハムファイターズ 64 59 7 .520 20.5
4位 近鉄バファローズ 52 65 13 .444 29.5
5位 南海ホークス 52 69 9 .430 31.5
6位 ロッテオリオンズ 43 76 11 .361 39.5

オールスターゲーム1983[編集]

  • コーチ
大沢啓二
  • ファン投票
江夏豊
島田誠
  • 監督推薦
間柴茂有
高代延博

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
二村忠美 新人王
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
島田誠 外野手 2年ぶり2度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
古屋英夫 三塁手 2年連続2度目
島田誠 外野手 3年連続3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 白井一幸 内野手 駒澤大学 入団
2位 田中学 投手 日立造船有明 入団
3位 津野浩 投手 高知商業高 入団
4位 野村裕二 捕手 熊本工業高 入団
5位 斉藤満 投手 金足農業高 入団
6位 高橋功一 投手 鷲宮高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]