金城博和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金城 博和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県国頭郡今帰仁村
生年月日 (1962-04-20) 1962年4月20日(56歳)
身長
体重
186 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1980年 ドラフト2位
初出場 1985年10月14日
最終出場 1985年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金城 博和(きんじょう ひろかず、1962年4月20日 - )は、沖縄県国頭郡今帰仁村出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

沖縄・興南高では、1980年夏の甲子園に出場する。2年生エース竹下浩二を擁し、四番打者、左翼手として準々決勝に進出するが、この大会に準優勝した早稲田実荒木大輔投手に完封を喫した[1]。高校同期に五番打者、三塁手渡真利克則がおり、渡真利とともに右の強打者として各球団から注目される。

1980年のドラフト2位で日本ハム入団。1985年にはイースタンリーグのベストナインに選出される。同年は一軍でも7試合に起用され、10月には一塁手として先発出場も果たす。しかしその後は実績を残せず、1986年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 日本ハム 7 23 20 1 3 0 0 1 6 3 0 0 0 1 2 0 0 4 0 .150 .217 .300 .517
通算:1年 7 23 20 1 3 0 0 1 6 3 0 0 0 1 2 0 0 4 0 .150 .217 .300 .517

記録[編集]

  • 初出場:1985年10月14日、南海戦(大阪) 一塁手として途中出場
  • 初先発出場:1985年10月20日、ロッテ戦(川崎) 八番打者、一塁手として出場
  • 初安打:1985年10月16日、近鉄戦(藤井寺) 石本貴昭から左前安打
  • 初打点・初本塁打:1985年10月19日、ロッテ戦(川崎) 小川博から左越3ラン

背番号[編集]

  • 40 (1981年 - 1986年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]