嶋田信敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嶋田 信敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県武生市(現:越前市
生年月日 (1960-04-09) 1960年4月9日(57歳)
身長
体重
187 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1983年8月10日
最終出場 1994年6月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ・監督歴
  • 日本ハムファイターズ (1995 - 1996)
  • 相模原クラブ
  • 日本ハムファイターズ (2000 - 2003)
  • 高千穂大学

嶋田 信敏(しまだ のぶとし、1960年4月9日 - )は、日本の元プロ野球選手外野手)、野球解説者、野球指導者。神奈川県生まれ・福井県武生市(現:越前市)出身[注 1]。プロ野球選手・指導者としては、いずれも日本ハムファイターズに所属した。

島田 信敏」と表記される場合もある[注 2]。選手時代の愛称は「ノブ[注 3]

妻は、フリーアナウンサー西野七海[注 4]

来歴・人物[編集]

日本大学藤沢高等学校では2年生の時、1977年秋季関東大会神奈川県予選で準々決勝に進むが、日大高に敗退。その後も県予選で敗れ甲子園には出場できなかった。

1978年に日本ハムへドラフト外でテスト入団。二軍暮らしが長く、一軍では主に守備固め[注 5]やバント要員、代走で使われることが多かった。しかし1986年には一軍に定着。1990年には鈴木慶裕に代り中堅手のレギュラーを獲得、同年は86試合に先発出場し、規定打席には届かなかったものの打率.262、6本塁打の好成績を残す。しかし翌1991年には指名打者マット・ウインタースが外野に回り、大内実の台頭もあってシーズン後半に定位置を失う。その後は出場機会が減り、1994年に引退したが、堅実な守備能力を買われ二軍外野守備走塁コーチとしてチームを支えた[注 6]

1997年からはソニー生命に営業マンとして勤務する[1]傍ら、テレビ埼玉(TVS)で日本ハム戦中継の解説者を務めた[注 7]。また、1999年社会人野球の相模原クラブにコーチ兼外野手として所属した[1]

2000年に日本ハムのコーチへ復帰。2003年まで一軍コーチとして外野守備・走塁コーチや一塁ベースコーチを務めた[注 8]。その後、「FULL-COUNT」という野球教室を運営する[16]傍ら、2005年北海道放送HBCラジオ)の野球解説者を務めていた[注 9]。また、2004年からはプロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスに外野手として参加していた[注 10]

2006年春からは高千穂大学硬式野球部の監督を務める(肩書きは「監督代行」)[21]。それに伴い、「FULL-COUNT」の閉鎖および一切の野球評論活動を中止(規定により並行はできないため[注 11])。監督代行就任後は、2007年秋に東京新大学野球連盟2部リーグ3連覇[21]、対杏林大学入れ替え戦も制し[21]、4季ぶりの1部リーグ復帰を果たしている[21]。また、高校時代に控え野手だった戸田亮(のち、JR東日本硬式野球部を経てオリックス・バファローズへプロ入り)に投手転向を命じている[23]

2016年度を最後に監督代行を退任した[注 12]2017年4月14日にはAbemaTVで配信の横浜DeNAベイスターズ主催試合中継で解説者としての活動を再開している[注 13]

プロ選手時代の応援歌は、コンピュータゲームドルアーガの塔』のエンディングテーマ曲が原曲。後に奈良原浩の応援歌として引き継がれた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 日本ハム 24 9 9 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .111 .111 .111 .222
1984 24 8 7 1 1 1 0 0 2 1 1 0 0 1 0 0 0 1 0 .143 .125 .286 .411
1985 5 14 13 6 6 1 0 1 10 3 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .462 .500 .769 1.269
1986 71 91 81 16 22 4 0 2 32 9 1 0 3 0 7 0 0 11 1 .272 .330 .395 .725
1987 35 22 18 5 2 0 0 0 2 1 0 0 2 0 2 0 0 12 0 .111 .200 .111 .311
1988 84 86 78 11 16 3 0 1 22 8 2 0 3 1 4 0 0 20 3 .205 .241 .282 .523
1989 94 59 56 14 13 2 0 1 18 7 6 5 3 0 0 0 0 10 0 .232 .232 .321 .554
1990 113 318 279 33 73 14 1 6 107 34 6 7 15 2 20 0 2 60 4 .262 .314 .384 .697
1991 101 188 174 17 40 6 0 2 52 13 2 2 5 2 6 0 1 51 4 .230 .257 .299 .556
1992 63 72 61 11 16 1 0 1 20 5 2 2 7 0 4 0 0 13 1 .262 .308 .328 .636
1993 59 36 35 6 8 2 0 0 10 3 3 2 0 0 1 0 0 11 0 .229 .250 .286 .536
1994 5 5 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .000 .000 .000 .000
通算:12年 678 908 816 122 198 34 1 14 276 84 24 18 38 6 45 0 3 194 15 .243 .283 .338 .621

記録[編集]

背番号[編集]

[注 15]

  • 54 (1979年 - 1983年)
  • 39 (1984年 - 1994年)
  • 83 (1995年 - 1996年)
  • 82 (2000年 - 2003年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

いずれも、解説者として出演のプロ野球中継

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 参考:出身地に関する情報…
    • 神奈川県「生まれ」…ウェブ記事(2000年[1]
      • 同県「出身」…名鑑(1985年[2]、1991年[3]、1995年[4]
    • 福井県…名鑑(1997年[5])、ウェブ(2004年[6]、2005年[7]
      • 同武生市…名鑑(1998年[8]、1999年[9]、2000年[10]、2003年[11])、ウェブ(時事通信[12]
  2. ^ 名鑑(1991年[3]、2000年[13]
  3. ^ 参考:日本ハム外野手時代のプロ野球名鑑…[2]
  4. ^ 2016年9月2日にTBSテレビで放送された番組『爆報!THE フライデー』にて、西野七海の近況を紹介する際、西野の夫として紹介された[14]
  5. ^ 野球解説者時代のプロ野球名鑑より、選手時代について「16年のほとんどを外野の守備要員ですごすも、いま風のソース顔で人気あり」と記述[8]
  6. ^ 1995年から1996年まで日本ハム二軍コーチだったことは次の資料を[15]、同外野守備走塁コーチだったことは次の資料を[16]、それぞれ参照。
  7. ^ a b 1997年のプロ野球名鑑より、テレビ埼玉の解説者として紹介[5]。1998年のプロ野球名鑑より、テレビ埼玉の解説者として紹介し、「異例の抜擢という型で昨年デビュー。先輩後輩良き仲間ばかりのハム中心の放送だが戸惑いながらの1年の経験生かせ。」と記述[8]。1999年のプロ野球名鑑より、3年目とした上でテレビ埼玉の解説者として紹介[9]。1999年にTVS解説者を務めていたことは次の資料を参照…[13]
  8. ^ 2000年から2003年まで日本ハム一軍コーチだったことは次の資料を[15]、同外野守備走塁コーチだったことは次の資料を[16]、それぞれ参照。
  9. ^ a b 参考…[17][18][19]
  10. ^ 2004年当時のプロ野球マスターズリーグ公式サイトを参照[20]
  11. ^ 外部リンクより、FULL-COUNT公式サイト内閉鎖のお知らせを参照[22]
  12. ^ 2017年4月1日付で安部理が正式に監督就任した[24][25]
  13. ^ a b 参考…[26][27]
  14. ^ 初出場年月日・対戦相手は次の資料を参照…1995年の名鑑[4]。 ※なお、球場名は所在地である「盛岡」と記載される場合あり[4]
  15. ^ 日本ハムでの背番号の変遷については、次の資料を参照…[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c 日本ハム外野守備コーチ 嶋田 信敏(下)<元日本ハム-相模原クラブ> - 『スポニチアネックス』内連載コラム「帰ってきた男たち」(文:小川勝=スポーツニッポン編集委員)第10回(2000年5月11日) ※インターネットアーカイブ2000年6月21日付保存キャッシュ
  2. ^ a b 『週刊ベースボール』1985年2月25日号「'85プロ野球全選手写真名鑑」(第40巻・第8号、通算1511号。同年月日、ベースボール・マガジン社発行)掲載「嶋田信敏」プロフィール(日本ハムの外野手として紹介 ※2014年に同社から発行された『日本プロ野球80年史』の初回生産分限定復刻版にも掲載)
  3. ^ a b 『'91スポニチプロ野球手帳』P47のプロフィール
  4. ^ a b c 『週刊ベースボール』1995年2月27日号「95プロ野球全選手名鑑号」(第50巻第8号通算第2101号。同年月日、ベースボール・マガジン社発行)より、「保存版 95プロ野球全選手写真名鑑」掲載のプロフィール(日本ハム二軍外野守備走塁コーチとして掲載) ※2014年に同社から発行された『日本プロ野球80年史』の初回生産分限定復刻版にも掲載)
  5. ^ a b 『'97プロ野球12球団全選手百科名鑑』(1997年発行)の解説者名鑑(P199、テレビ埼玉解説者として紹介)
  6. ^ 2004年当時のプロ野球マスターズリーグ公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同10月20日付保存キャッシュ)
  7. ^ 2005年当時のプロ野球マスターズリーグ公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同12月25日付保存キャッシュ)
  8. ^ a b c 『'98プロ野球12球団全選手百科名鑑』(1998年発行)の解説者名鑑(P198、テレビ埼玉解説者として紹介)
  9. ^ a b 『'99プロ野球12球団全選手百科名鑑』(1999年発行)の解説者名鑑(P198、テレビ埼玉解説者として紹介)
  10. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2000』掲載プロフィール
  11. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』掲載プロフィール
  12. ^ 「福井」左翼手・嶋田信敏 名前しまだ・のぶ…:「全国」 夢のベストナイン特集:時事ドットコム
  13. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2000』の解説者名鑑より、日本ハムへのコーチ転出者として「島田信敏(TV埼玉)」と記述(P217参照)。
  14. ^ 価格.com - 「爆報!THE フライデー ~あの人は今…大追跡SP~」2016年9月2日(金)放送内容 | テレビ紹介情報
  15. ^ a b c 『日本プロ野球80年史 1934-2014』「記録編」に収録された、日本ハムファイターズの年度別メンバー一覧表
  16. ^ a b c FULL-COUNTウェブサイト - インターネットアーカイブ2004年1月14日付保存キャッシュ(最古版) ※嶋田の経歴も掲載。
  17. ^ 『週刊ベースボール』2005年2月26日増刊号「2005プロ野球全選手写真名鑑」掲載の評論家・解説者名鑑(P148-149)より、HBCラジオの解説者として紹介。
  18. ^ 『ラジオ番組表』2005年春号P4-5『番組改編トピックス』内P5掲載「アツイ実況を聴いて盛り上がろう!球界再編元年のナイター中継はこう聴け!」を参照。HBCラジオ野球解説者の一人として明記。
  19. ^ アナウンサー日記バックナンバーNo.126:2005年 3月21日~3月27日(HBC公式サイト内。インターネットアーカイブ2006年11月14日付保存キャッシュ)より、2005年3月25日付記事『ファイターズ中継はHBCラジオで』(文:川畑恒一)を参照。同年より、HBCラジオの日本ハム戦中継解説者となったことが明記。
  20. ^ プロ野球マスターズリーグ公式サイト内2004年度新入団選手一覧(インターネットアーカイブ同10月20日付保存キャッシュ)
  21. ^ a b c d 古葉監督VS嶋田監督代行“元プロ指揮官対決”…東京新大学 - 『スポーツ報知』アマ野球ニュース 2008年2月28日6時4分(インターネットアーカイブ2008年3月8日付保存キャッシュ)
  22. ^ FULL-COUNTウェブサイト - インターネットアーカイブ2005年11月24日付保存キャッシュ ※閉鎖の告知(同9日付)あり
  23. ^ オリドラ6戸田、雑草魂で1軍つかむ - 『nikkansports.com』(日刊スポーツ)ドラフト会議2012ニュース 2012年11月18日11時27分(紙面から)
  24. ^ 硬式野球部新監督就任 - 高千穂大学公式サイトより
  25. ^ 『クォータリー高千穂』第62号=2017年春号(同大公式サイトで配信のPDFファイル)より、P19の記事を参照。
  26. ^ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvsヤクルト | AbemaTV ※配信媒体について「AbemaGOLDチャンネル」、時間について4月14日(金)17:50 - 22:00と記載。
  27. ^ 延長枠【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvsヤクルト | AbemaTV ※配信時間について4月14日(金)21:50 - 4月15日(土)0:00と記載。AbemaGOLDチャンネルで配信の同中継における延長枠という旨の記載あり。

参考資料[編集]

  • スポーツニッポン新聞社編『'91スポニチプロ野球手帳』(1991年2月24日印刷発行、洋々社発売[1]ISBN 4-89674-091-2
  • 『プロ野球12球団全選手百科名鑑』シリーズ(日本スポーツ出版社発行)
    • 『'97プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1997年3月号増刊。1997年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 『'98プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1998年3月号増刊。1998年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 『'99プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1999年3月号増刊。1999年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
  • 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ(日本スポーツ出版社発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2000』(『ホームラン』2000年3月号増刊。2000年3月31日発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』(『ホームラン』2003年3月号増刊。2003年3月29日発行)
  • 週刊ベースボール』2005年2月26日増刊号「2005プロ野球全選手写真名鑑」(ベースボール・マガジン社発行)
  • ラジオ番組表』2005年春号(『三才ムック』vol.102。2005年5月発売・6月1日発行、三才ブックスISBN 4861990076
  • 『日本プロ野球80年史 1934-2014』(2014年12月、ベースボール・マガジン社発行) ISBN 978-4-583-10668-7
    • 付録DVD-ROM「記録編」
  • 各種外部リンク

脚注

  1. ^ 『'91スポニチプロ野球手帳』目次ページ(P1)内発行情報欄より(発行クレジット無し)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]