1983年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1983年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ4位
52勝65敗13分 勝率.444[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市中央区
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 関口清治
« 1982
1984 »

1983年の近鉄バファローズ(1983ねんのきんてつバファローズ)では、1983年シーズンの近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、関口清治監督の2年目のシーズンである。また、日本生命球場をメインの本拠地とした最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

開幕オーダー
1 大石大二郎
2 マイク
3 ハリス
4 栗橋茂
5 羽田耕一
6 平野光泰
7 梨田昌崇
8 金村義明
9 森脇浩司
投手 谷宏明
1983年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 ロッテ 0.5 阪急 8.0 日本ハム 12.0 日本ハム 14.0 日本ハム 11.5 阪急 16.0 阪急 17.0
3位 阪急 2.5 日本ハム 8.5 阪急 12.0 阪急 14.5 阪急 15.0 日本ハム 18.0 日本ハム 20.5
4位 日本ハム 3.5 南海 9.0 南海 15.0 南海 16.0 近鉄 21.0 近鉄 26.0 近鉄 29.5
5位 南海 4.0 近鉄 11.0 近鉄 15.0 近鉄 16.5 南海 25.0 南海 28.5 南海 31.5
6位 近鉄 4.5 ロッテ 11.5 ロッテ 21.0 ロッテ 26.0 ロッテ 32.5 ロッテ 37.5 ロッテ 39.5
1983年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 86 40 4 .683 -
2位 阪急ブレーブス 67 55 8 .549 17.0
3位 日本ハムファイターズ 64 59 7 .520 20.5
4位 近鉄バファローズ 52 65 13 .444 29.5
5位 南海ホークス 52 69 9 .430 31.5
6位 ロッテオリオンズ 43 76 11 .361 39.5

オールスターゲーム1983[編集]

コーチ ファン投票 監督推薦
関口清治 大石大二郎
羽田耕一
鈴木啓示
梨田昌崇
  • 取り消し線は出場辞退した選手

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
大石大二郎 盗塁王 60個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大石大二郎 二塁手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
梨田昌崇 捕手 2年ぶり4度目
大石大二郎 二塁手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 小野和義 投手 創価高 入団
2位 吉井理人 投手 箕島高 入団
3位 村上隆行 投手 大牟田高 入団
4位 光山英和 捕手 上宮高 入団
5位 安達俊也 内野手 愛知工業大学名電高 入団
6位 近藤章仁 投手 清工建設 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1983年 パシフィック・リーグ”. 2017年4月19日閲覧。
  2. ^ LEGEND OF Bs 2012 ~劇的、激動の80's~オリックス・バファローズ公式HP