小山昌男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小山 昌男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1963-08-30) 1963年8月30日(53歳)
身長
体重
185 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト2位
初出場 1983年5月7日
最終出場 1988年4月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小山 昌男(こやま まさお、1963年8月30日 - )は、大阪府堺市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

天理高校では、1年夏の第61回高校野球選手権に背番号15でベンチ入り。続く2年夏の第62回高校野球選手権では背番号11ながら右のエース格として出場し、同じ2年生で左腕エースの川本和宏三塁手で4番の藤本博史とともにベスト4入りに貢献。その後は秋に起きたチームで起きた不祥事のため丸1年の対外公式試合禁止の処分を受け、3年時の甲子園行きのチャンスを棒に振ることになる。しかし、甲子園での実績や素質を見込まれ1981年ドラフト2位で近鉄に入団。スリークォーターからのスライダー、シュート、カーブを武器に小野和義と共に近鉄の若手2本柱として活躍するも故障により1989年からは3年間一軍登板はなく1990年にはサイドスローに転向を試みるも結果を出せず、1991年に現役を引退する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 近鉄 11 4 0 0 0 2 2 0 -- .500 135 31.0 31 3 12 0 1 14 0 0 21 18 5.23 1.39
1984 22 15 2 1 1 6 3 0 -- .667 411 92.0 109 10 29 0 2 36 0 0 58 44 4.30 1.50
1985 25 25 1 0 0 6 7 0 -- .462 609 133.2 155 20 52 0 6 44 0 0 89 83 5.59 1.55
1986 9 7 2 0 1 5 2 0 -- .714 219 52.0 48 2 15 3 1 25 1 0 21 18 3.12 1.21
1987 18 15 2 1 1 4 6 0 -- .400 329 75.2 89 15 16 0 2 36 0 0 49 40 4.76 1.39
1988 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 10 1.1 6 0 0 0 0 0 0 0 4 3 20.25 4.50
通算:6年 86 67 7 2 3 23 21 0 -- .523 1713 385.2 438 50 124 3 12 155 1 0 242 206 4.81 1.46

記録[編集]

  • 初登板:1983年5月7日対日本ハム戦(ナゴヤ) 1-5 7回から登板2回1失点 被安打2 奪三振0 四死球1
  • 初勝利:1983年6月26日対ロッテ戦(ナゴヤ) 10-2 先発し6回2失点 被安打6 奪三振3 四死球1

背番号[編集]

  • 45 (1982年 - 1991年)

関連項目[編集]