住友一哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
住友 一哉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1958-02-14) 1958年2月14日(64歳)
身長
体重
182 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト6位
初出場 1982年5月5日
最終出場 1991年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

住友 一哉(すみとも かずや、1958年2月14日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

鳴門高では3年次の1975年夏の甲子園予選南四国大会で決勝に進出するが、玉川寿外野手慶大 - 日本石油)のいた土佐高に敗退。同年のドラフト阪急ブレーブスから1位指名されるも入団を拒否し、高校卒業後の1976年法政大学へ進学。江川卓袴田英利らの2年後輩に当たり、東京六大学リーグでは法大4連覇を目の当たりにするが、3年次の1978年以降はリーグ優勝に届かなかった。4年次の1979年秋季では、チームは明大に次ぐ2位ながら、好投が評価されベストナインに選出される。リーグ通算24試合登板、10勝4敗、防御率1.65、69奪三振。大学同期に福原峰夫谷真一(近鉄でも同僚)がいる。大学卒業後は1980年に創部2年目のプリンスホテルへ入社し、稲葉誠治監督の指導を受ける。同年の都市対抗に出場し、1回戦で神戸製鋼を完封。2回戦でも新日鐵釜石を相手に先発し7回を好投するが、延長13回にリリーフの小林秀一熊谷組から補強)が崩れサヨナラ負けを喫する[1]

1981年のドラフト6位で近鉄バファローズに入団。同期に金村義明がいる。2年目の1983年には中継ぎ・抑えとして一軍に定着し、規定投球回には届かなかったが8勝3セーブを記録。投球動作中には右手でテイクバックを取っている最中に左手を大きく前方に突き出して、ピラリと反転させる独特のフォームは「ぎくしゃく投法」「ヒラヒラ投法」などと呼ばれ、度々やくみつる漫画でも取り上げられた。スライダーカーブシュートシンカーなど多彩な球種で打者を幻惑し、その後も1年おきに30試合以上に登板。1988年オフに南秀憲と共に佐藤秀明福家雅明との交換トレードで阪神タイガースに移籍し、移籍1年目の1989年には自己最多タイの44試合に登板し活躍。6月25日巨人戦(甲子園)で岡田彰布ビル・ガリクソンから逆転満塁本塁打を放った直後にもリリーフするが、ラジオの実況アナウンサーが「もし同点にされたら今晩住友は日本中から悪者にされますね」と語っていた。試合は5-4で阪神が勝利し、住友が3セーブ目を挙げた。その後は成績も落ち、1991年に現役を引退。

引退後は古巣・近鉄で二軍投手コーチ(1992年 - 1996年)→スコアラー(1997年 - 2004年)、合併後はオリックスでスコアラー(2005年)→一軍投手コーチ(2006年)を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 近鉄 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 23 6.0 3 2 4 0 0 2 0 0 3 3 4.50 1.17
1983 33 0 0 0 0 8 2 3 -- .800 331 80.0 73 11 22 1 4 34 1 0 37 25 2.81 1.19
1984 19 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 174 37.2 54 9 9 0 2 7 0 0 30 29 6.93 1.67
1985 36 3 0 0 0 1 1 4 -- .500 297 66.2 77 10 19 2 5 35 0 0 47 36 4.86 1.44
1986 18 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 114 26.2 28 5 8 0 0 22 0 0 14 13 4.39 1.35
1987 44 0 0 0 0 5 4 1 -- .556 290 67.0 67 7 26 4 3 25 1 0 39 29 3.90 1.39
1988 11 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 63 14.0 14 2 6 0 0 4 1 0 8 7 4.50 1.43
1989 阪神 44 0 0 0 0 3 4 7 -- .429 271 63.1 67 3 16 3 5 33 3 0 27 24 3.41 1.31
1990 19 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 92 20.2 26 3 9 0 0 7 0 0 12 11 4.79 1.69
1991 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 1 1 0 0 0 1 0 0 1 1 9.00 1.00
通算:10年 229 3 0 0 0 18 11 17 -- .621 1659 383.0 410 53 119 10 19 170 6 0 218 178 4.18 1.38

記録[編集]

  • 初登板:1982年5月5日 対西武ライオンズ前期4回戦(西武球場)、7回裏から4番手登板・完了、2回2失点
  • 初勝利:1983年4月24日 対南海ホークス3回戦(大阪球場)、2回裏から2番手で登板し4回2/3を無失点
  • 初セーブ:1983年5月5日 対南海ホークス6回戦(藤井寺球場)、7回表から2番手で登板し3回を1失点
  • 初先発:1985年8月9日 対南海ホークス20回戦(藤井寺球場)、4回2/3を無失点で交代

背番号[編集]

  • 22 (1982年 - 1988年)
  • 24 (1989年 - 1991年)
  • 87 (1992年 - 1996年)
  • 75 (2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 都市対抗野球大会60年史 日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]