加藤安雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 安雄
ショウワコーポレーション硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県総社市
生年月日 (1950-04-06) 1950年4月6日(71歳)
身長
体重
172 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1975年 ドラフト4位
初出場 1976年10月2日
最終出場 1976年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

加藤 安雄(かとう やすお、1950年4月6日 - )は、岡山県総社市[1]出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

倉敷商では、捕手として1968年夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、倉敷工に敗退。明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは1969年春季リーグで優勝を経験するが、その後は法大慶大の全盛期となり優勝には届かなかった[2]。本来は捕手であるが定評のある打力を活かし、3年生から一塁手、四番打者として活躍する。大学同期には前保洋がいた。

卒業後は熊谷組に入社。1973年産業対抗では久保田美郎とバッテリーを組み決勝に進むが、エアロマスターの細淵守男に完封を喫する[3]。同大会の優秀選手賞を獲得した。また同年から3年連続で都市対抗に出場する。1974年に来日したキューバ代表と社会人野球選抜の交流試合にも出場。1975年都市対抗は、チームメイトの久保田とともに東京ガスの補強選手として出場、松沼博久ともバッテリーを組む。2回戦で電電北海道有沢賢持(日産サニー札幌から補強)から決勝2点本塁打を放つが、準々決勝で大丸に敗退[4]

強打の捕手と期待され、同年のドラフト4位で阪急ブレーブスに入団[1]。しかし中沢伸二河村健一郎の壁を破れず出場機会には恵まれなかった。1981年からはコーチ補佐兼任となり、翌1982年に現役を引退[1]。その後は一軍バッテリーコーチ補佐(1983年 - 1984年)、一軍バッテリーコーチ(1985年)を務めた。

退団後はアイク生原を頼りに渡米し、ドジャース1Aにコーチ留学[1]。用具係の手伝いなども経験。帰国後は高校、大学の先輩である星野仙一監督の下を中心に中日(1987年 - 1991年1996年 - 1997年2000年一軍バッテリーコーチ, 1995年1998年2001年 - 2002年二軍バッテリーコーチ, 2003年二軍バッテリー総合コーチ、1999年フロント)、阪神(1992年二軍ブルペンコーチ, 1993年一軍ブルペンコーチ, 1994年一軍バッテリーコーチ, 2004年2007年二軍バッテリーコーチ, 2005年三軍育成・リハビリコーチ, 2006年二軍育成担当コーチ, 2008年 - 2009年二軍育成コーチ)でコーチを歴任[1]

現在は故郷・岡山県の社会人野球チームであるショウワコーポレーションで監督を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 阪急 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (1976年 - 1977年)
  • 49 (1978年 - 1979年)
  • 73 (1980年 - 1985年)
  • 72 (1987年 - 1991年、1996年 - 1998年、2000年 - 2003年)
  • 84 (1992年 - 1994年)
  • 89 (1995年、2004年)
  • 97 (2005年 - 2009年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、152ページ
  2. ^ 東京六大学野球連盟(記録)」(一財)東京六大学野球連盟
  3. ^ 「日本社会人野球協会会報1973」日本社会人野球協会 1974年
  4. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]