加藤康男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 康男(かとう やすお、1964年 - )は日本の理工学者。学位は博士(工学)。専門は人体通信技術[1]青山学院大学大学院 理工学研究科 理工学専攻 知能情報コース 博士後期課程修了。

『コスメティクス』と『電脳科学(AI、IoT、環境、心理、量子工学、脳科学)』を融合した新概念である [2](コスメトロニクス)の提唱者。


略 歴[編集]

  • 1964年 - 北海道生まれ
  • 1987 - 1993年 NEC(日本電気)グループのLSI開発部門 → 凸版印刷精密電子事業本部IC設計部門
  • 1994 - 2002年 NTT(日本電信電話)グループの研究開発部門(NTT厚木研究開発センター勤務)
  • 1994 - 1998年 (NTT Advanced technology)
  • 1998 - 2002年 (NTT Electronics : 2000年より人体通信技術の研究開発に従事)
  • 2003年 - 株式会社 カイザーテクノロジー設立(東証一部上場 アルプス電気9%出資)代表取締役
  • 2004 - 2006年 東京医科歯科大学 大学院 医歯学総合研究科(博士前期)
  • 2011年 - 2014 青山学院大学 大学院 理工学研究科(博士後期)
  • 2015年 - 青山学院大学 理工学部 情報テクノロジー学科 客員教員
  • 2016年 - 資生堂 研究開発本部 基盤研究センター(コスメトロニクスを提唱し新分野を開拓)
  • 2017年 - 資生堂 研究開発本部 インキュベーションセンター[3]
  • 2018年 - 資生堂 本社イノベーションデザインLab. AI 戦略担当 主幹研究員(研究所上位1%の役職)
  • 2019年 - 資生堂 主幹研究員を退任し同社を退職
  • 2019年 - 青山学院大学 理工学部 情報テクノロジー学科 客員研究員

学術界での役職[編集]

  • (現)IEEE Electronics Packaging Society Japan Chapter 常任委員
  • (現)IEEE CPMT Symposium Japan 常任委員 ※CPMT: Components, Packaging and Manufacturing Technology
  • (現)エレクトロニクス実装学会 システムインテグレーション実装技術委員会 常任委員
  • (現)慶應義塾大学 環境情報学部 武藤佳恭 研究室 研究員
  • (元)エレクトロニクス実装学会 ミッションフェロー 初代代表幹事(2014-2015年)
  • (元)電子情報通信学会 論文査読委員(2011年度)
  • (元)慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(2007-2014年)

技術・研究領域[編集]

  • 技術基盤 - 半導体集積回路、アナログ・デジタル電子回路、超高速信号計測、光エレクトロニクス、ソフトウェア(C、Python、etc)
  • 研究領域 - Brain Morphic Technology、人体通信、電脳科学(AI、IoT、環境、心理、量子工学、脳科学)、Health, Beauty Technology

受賞歴等[編集]

脚注[編集]