宇野輝幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇野 輝幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市川市
生年月日 (1952-02-10) 1952年2月10日(67歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1969年 ドラフト3位
初出場 1972年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宇野 輝幸(うの てるゆき、1952年2月10日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手捕手)である。

来歴・人物[編集]

日本大学第一高校(東京)では小山良春(日大三協精機)、保坂英二の両投手を擁し、1969年第51回全国高等学校野球選手権大会に出場[1]。本来は捕手であるが、打力を活かし三塁手、四番打者として起用された。1回戦で東洋大姫路を降すが、2回戦では松島英雄藤波行雄のいた静岡商に敗れる[2]。同年秋、阪急ブレーブスのドラフト3位指名を受け、入団[1]

ブレーブスでは中沢伸二河村健一郎に次ぐ三番手の捕手であったが、1977年には26試合に先発マスクを被り活躍。地味ではあるが1975年からのチームのリーグ4連覇・日本シリーズ3連覇に貢献している[1]。日本シリーズでは通算6試合にマスクを被り、うち1978年ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは4試合に出場。その後、1980年オフに宮本四郎投手との交換トレードで横浜大洋ホエールズに移籍するも、ここでは僅か3試合の出場に留まった。1982年暮れに引退[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 阪急 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1973 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1974 9 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1975 34 27 25 3 6 3 0 0 9 1 2 0 0 0 2 0 0 4 1 .240 .296 .360 .656
1976 31 36 31 4 6 1 1 0 9 2 1 0 0 0 5 0 0 5 0 .194 .306 .290 .596
1977 59 104 91 6 19 1 2 0 24 3 1 2 2 0 10 0 1 16 3 .209 .294 .264 .558
1978 25 24 21 2 3 0 1 1 8 3 0 0 0 0 3 0 0 3 0 .143 .250 .381 .631
1979 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1980 7 10 10 3 2 0 0 1 5 2 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .500 .700
1981 大洋 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:10年 176 212 189 18 36 5 4 2 55 11 5 2 2 0 20 0 1 32 4 .190 .271 .291 .562

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1972 2 2 2 0 .000
1973 1 0 0 0 -
1974 7 7 6 1 .143
1975 30 17 12 5 .293
1976 27 15 12 3 .200
1977 56 44 31 13 .295
1978 25 8 7 1 .125
1980 6 5 5 0 .000
1981 3 0 0 0 -
通算 157 98 75 23 .235

背番号[編集]

  • 45 (1970年 - 1977年)
  • 23 (1978年 - 1980年)
  • 44 (1981年 - 1982年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、85ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年