加藤保男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤保男(かとう やすお、1949年3月6日 - 1982年12月27日?)は、日本の登山家8000メートル峰に4度、エベレストに3度の登頂を果たした。エベレストをネパールチベット両側から登頂したのは世界初[1]。エベレスト3シーズン(春・秋・冬)登頂も世界初[1]埼玉県大宮市(現さいたま市)生まれ。大宮市市民栄誉賞第一号を受賞。

経歴[編集]

  • 1967年昭和42年) - 大東文化大学第一高等学校を卒業。
  • 1971年昭和46年) - 日本大学文理学部体育学科を卒業。兄で登山家の加藤滝男の影響で登山を高校時代に始める。在学中に大学の山岳部には入部せず、滝男が主催するJECC(ジャパン・エキスパート・クライマーズ・クラブ)で登攀経験を重ねる。
  • 1969年(昭和44年)、兄滝男らと共にJECC隊としてアイガー北壁夏期初直登を果たす。さらに1972年(昭和47年)にかけてグランド・ジョラスマッターホルンと登攀し、アルプス山脈の三大北壁登攀を達成する。
  • 1973年(昭和48年)10月26日 - 第2次RCC登山隊で、石黒久隊員とともに、エベレスト(サガルマタ)のポストモンスーン期(秋季)初登頂を果たす(ネパール側、東南稜)。日程上強行軍であったためにサウスコル(7,986m)のキャンプからの一気の登頂であり、8,650m地点でのビバークを余儀なくされ、翌日、長谷川恒男隊員に救出される。奇跡の生還と言われたが、この時凍傷で足指すべてと右手の指3本を失った。
  • 1975年(昭和50年) - インドヒマラヤ最高峰(7,816m)のナンダ・デヴィ遠征。日本・インド合同縦走隊の主峰側サポートメンバーとして主峰に登頂。パートナーは寺本正史。頂上で縦走隊の高見和成長谷川良典と合流。
  • 1980年(昭和55年)5月3日 - エベレスト(チョモランマ・珠穆朗瑪)にチベット側の北東稜から登頂。下山中に8,750mでビバークとなったが、無事に下山した[2]
  • 1981年(昭和56年)10月 - 尾崎隆ら三人による遠征隊でマナスルに無酸素登頂[2]
  • 1982年(昭和57年)12月27日 - 日本人初の冬期エベレスト登頂を果たした(東南稜)が、下山中に消息を絶った[3]
  • 1983年(昭和58年) - 大宮市(現さいたま市)から市民栄誉賞第一号が贈られた。 
  • 1990年(平成2年) - 小惑星(5743)が加藤と命名された。

遭難死[編集]

1982年末に冬期エベレスト登頂を目指し、12月23日に7900mの最終キャンプから一人でアタックしたが片足のアイゼンが脱げ落ち、強風のなか8,100m地点で断念した[2]12月27日に再度小林利明とともに最終キャンプからアタックし、約11時間後の15時55分登頂に成功した[2][3]。小林は加藤より遅れたため登頂を断念した[4]

2人は下山中に南峰(8,750m)付近でビバーク、消息を絶った[2]

12月30日、-50近くまで気温が下がり40-50m/秒のジェット気流が吹き荒れる気象条件下で3晩が過ぎ、酸素も14時間分しか持っておらず、食料も欠乏したと考えられることから生存が絶望視されるに至り、ベースキャンプからも「遭難死は間違いない」との連絡が入った[1]

著書[編集]

関連書籍[編集]

  • 加藤滝男著『赤い岩壁:アイガー北壁直登の苦闘』(スキージャーナル、1971年)
  • 今井通子著『続私の北壁:アイガー、グランド・ジョラス』(朝日新聞社、1972年) ISBN 9784022608826
  • 藤木高嶺著『ああ南壁:第二次RCCエベレスト登攀記』(朝日新聞社、1974年)ISBN 4122028787
  • 読売新聞社編『チョモランマに立つ:日本山岳会隊エベレスト中国ルート激闘全記録』(読売新聞社、1980年)
  • 尾崎隆著『果てしなき山行』(中公文庫、1983年) ISBN 4122013232
  • 田中館哲彦著『未踏への挑戦:加藤保男の生涯』(汐文社、1983年)  
  • 加藤ハナ著『エベレストに消えた息子よ:加藤保男-栄光と悲劇の生涯』(山と溪谷社、1984年) ISBN 9784635041409
  • 読売新聞社編『わがエベレスト:加藤保男写真集』(読売新聞社、1984年)
  • 山際淳司著『山男たちの死に方:雪煙の彼方に何があるか-遭難ドキュメント』(ベストセラーズ、1984年) ISBN 9784122023635
  • 長尾三郎著『エベレストに死す:天才クライマー加藤保男の栄光と悲惨』(講談社、1984年) ISBN 4062011840
  • 後藤勲・生玉道雄編『加藤保男追想集』(加藤保男追想集編集委員会、1985年)
  • 長尾三郎著『エベレストに死す:天才クライマー加藤保男』(講談社文庫、1987年) ISBN 9784061840690
  • 金田正樹著『感謝されない医者:ある凍傷Dr.のモノローグ』(山と溪谷社、2007年) ISBN 9784635140072
  • タウン誌 Acoreおおみや『登山家 昭和のアドベンチャー 加藤保男の青春』(2009年) http://acore.moover.jp/ebook/v2/_SWF_Window.html

関連項目[編集]

  • オリンパスOM-1 - 1973年のエベレスト遠征で採用され加藤のトレードマークとなった小型軽量の高性能カメラ。カタログにも加藤が登場している。
  • 浦和競馬場 - 新たに祝日となった山の日にちなみ、2016年8月11日に「登山家 加藤保男賞」と名付けた競走を行った。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『山で死なないために』pp.205-210「増える、先鋭登山家の遭難」。
  2. ^ a b c d e 長尾三郎著『エベレストに死す』
  3. ^ a b 1980年のポーランド隊に次ぐ冬季第二登。当時、ネパール政府が政治的な理由から冬季の登山許可証を12月1日から1月31日まで(あるいは2月15日まで)に限って発行しており、ポーランド隊の登頂が期間をオーバーして2月17日となったため、当時のネパール政府が定めた冬季登山期間中における初めての登頂となる。「現代ヒマラヤ登攀史」(山と渓谷社)、山と渓谷2014年2月号p101、日本山岳協会「登山月報478号」p7(平成21年1月15日発行)、ExplorersWeb 2014年1月20日など参照
  4. ^ 池田常道「現代ヒマラヤ登攀史」(山と渓谷社)

参考文献[編集]