山際淳司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山際 淳司(やまぎわ じゅんじ【本名:犬塚 進(いぬづか すすむ)】、1948年7月29日 - 1995年5月29日)は日本ノンフィクション作家小説家翻訳家神奈川県横須賀市(現逗子市域)生まれ。
息子はコンサルタントライター犬塚星司

略歴[編集]

神奈川県立横須賀高等学校中央大学法学部一部法律学科卒業[1]。大学在学中、『別冊経済評論』1972年5月号に『高石ともやの歌(フォーク)と心(ハート)』と『言語と感性』の2本のルポを発表し文筆活動を開始。前者は「山際淳司」のペンネームで、後者は本名の犬塚進名義で書かれた。犬塚進名義では、『週刊サンケイ』に人物ルポを執筆するなどしていたが、その頃から、独自の視点、詳細な描写、読んで飽きさせない表現などで認められていた。

1980年に発行された文藝春秋の『Sports Graphic Number』の創刊号に、「山際淳司」のペンネームを用いて、『江夏の21球』というノンフィクションを執筆した。この作品が大きく評判となり、たちまち彼はスポーツ・ノンフィクション作家としての地位を確立。以後、さまざまなスポーツをテーマにした作品などを発表した。

『江夏の21球』などを収録した作品集『スローカーブを、もう一球』で、1981年に第8回角川書店日本ノンフィクション賞を受賞した。

理知的な風貌、紳士的な語り口でテレビなどにも進出。1994年4月からはNHKの『サンデースポーツ』のメインキャスターを務め、アサヒビールの「スーパードライ」などいくつかのCMでもイメージキャラクターとして起用された。

1995年5月29日胃癌による肝不全のため、46歳で急逝。『サンデースポーツ』のキャスターを降板した直後のことであった。

作風[編集]

山際の手法は、対象となる人物に直接会って徹底的に話を聞くなどの取材を重ねた上で、自らの視点で取材結果を冷静に分析し、その視点から全くぶれることなく、分析結果とも言える文章を書いていくというものであった。ともすれば表面的な話を通り一遍の根性論などで片づける傾向が強かった日本のスポーツジャーナリズムの中にあって、徹底的な取材と冷静な分析、そしてそれに裏打ちされた分かりやすい文章は、それまで見られなかったものであり、その手法は高く評価されていた[2][3]

著書[編集]

ノンフィクション[編集]

単著
共著他
  • 蔦文也)『強うなるんじゃ!:ブンと生徒たちの泣き笑い高校野球:蔦文也vs山際淳司語りつくし激論集』(集英社, 1983年) ISBN 4-08-780035-0
  • (山際淳司、共同通信社著、青柳秀雄ほか記録編執筆)『挑戦と栄光と:昭和スポーツ史・64の激闘譜』(共同通信社, 1989年) ISBN 9784764102194
  • (山際淳司文、熊谷嘉尚写真)『栄光は風に:アメリカズ・カップの挑戦者たち』(講談社, 1992年) ISBN 9784062059855

フィクション・小説[編集]

その他(エッセイなど)[編集]

翻訳[編集]

映像[編集]

その他[編集]

  • オフコース解散の裏側を追った「Give Up」執筆のときに起こったゴタゴタで、「もう音楽業界はやらない」と決め、スポーツ分野に集中した。
  • 登山家長谷川恒男遭難に衝撃を受け、『山男たちの死に方』を再版する際に『みんな山が大好きだった』に改題した。
  • ジェフユナイテッド市原に在籍していたリトバルスキー選手の自伝において、監修および巻末の解説(11ページ)を執筆している。
    • ピエール・リトバルスキー著、山際淳司監修 『Litti -ピエール・リトバルスキー自伝-』 同朋舎出版、1994年、337頁。ISBN 9784810420890
  • 山際の死後、夫人の山際澪(ペンネーム)が単行本を出版している。
  • 角川文庫では、死後10年以上、著者プロフィール欄に故人である旨を一切記していなかったが、近年になってようやく没年を表記するようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 『文芸年鑑』1996年版、363頁
  2. ^ 『中央公論』三田村昌鳳 [1]
  3. ^ 松岡正剛『千夜千冊』第六百九夜【0609】2002年8月30日 [2]