有沢賢持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有沢 賢持
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道新冠郡新冠町
生年月日 (1950-07-27) 1950年7月27日(68歳)
身長
体重
169 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト3位
初出場 1984年6月20日
最終出場 1985年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

有沢 賢持(ありさわ けんじ、1950年7月27日 - )は、北海道新冠郡新冠町出身の元プロ野球選手投手)。左投げ左打ち。

来歴・人物[編集]

北日本学院大高(現旭川大高)ではエース、4番打者として1968年夏の甲子園に出場[1]。2回戦で高知高に敗退。

高校卒業後は、社会人野球大昭和製紙北海道と日産サニー札幌のエースとして活躍。

1976年都市対抗北海道拓殖銀行の補強選手として出場。救援投手として活躍し、広島マツダとの準決勝で勝利投手となる。決勝では日本鋼管と対戦し、9回に先発の千藤和久をリリーフするが決勝点を献上。0-1で敗退しチームは準優勝にとどまった。また同大会には1975年電電北海道1978年にも新日本製鐵室蘭の補強選手として登板している[2]

1978年プロ野球ドラフト会議ヤクルトスワローズから3位指名を受け入団。スリークォーターから多彩な変化球を操り、中継ぎとして期待された。

1980年にはジュニアオールスターゲームにも出場するが、3年間一軍登板は無く、1981年オフに戦力外通告を受け、打撃投手としてチームに残ることとなる[1]。しかし1984年に、左投手不足を補うため現役復帰を果たし[1]22試合に登板、33歳での初登板として話題になる。翌年にも23試合に登板するが、肘の故障もあって実績を残せず、2度目の戦力外通告を受け現役引退。ストレート、カーブ、シュート、スライダー、チェンジアップ、シンカーを持ち球とした。

引退後は、北海道ヤクルトの営業マン[1]2007年から2008年シーズンのプロ野球マスターズリーグ札幌アンビシャスの投手として参加。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 ヤクルト 22 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 67 17.1 11 0 7 0 0 10 1 0 6 5 2.60 1.04
1985 23 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 90 18.1 21 4 15 2 1 7 0 0 12 12 5.89 1.96
通算:2年 45 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 157 35.2 32 4 22 2 1 17 1 0 18 17 4.29 1.51

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (1979年 - 1981年)
  • 83 (1982年 - 1984年)
  • 13 (1985年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、23ページ
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連文献[編集]

  • 山際淳司『エンドレス・サマー』(角川書店, 1985年) ISBN 4-04-154052-6 「打撃投手」において現役復帰1年目が記述されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]