袴田英利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
袴田 英利
武蔵ヒートベアーズ ヘッドコーチ #81
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市葵区
生年月日 (1955-08-13) 1955年8月13日(63歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年5月28日
最終出場 1990年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

袴田 英利(はかまだ ひでとし、1955年8月13日 - )は、静岡県静岡市葵区出身の元プロ野球選手捕手)、コーチ

経歴[編集]

静岡県自動車工業高等学校では1973年夏の甲子園県予選で決勝に進出するが、植松精一のいた静岡高に敗退。同年ドラフト3位でロッテオリオンズに指名されるも入団せず。進学した法政大学では江川卓とバッテリーを組み、新井宏昌高代延博金光興二、植松精一、島本啓次郎といった選手たちとともに法政黄金時代を築いた。東京六大学リーグでは5回優勝、1976年から明治神宮野球大会で2年連続優勝。リーグ通算89試合出場、287打数86安打、打率.300、6本塁打、43打点。ベストナイン4回。1975年1976年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。

1978年、ドラフト1位でロッテに入団。即戦力として期待されながらも高橋博士土肥健二両捕手の壁をなかなか破れず、二軍暮らしが長かった。しかし、1981年の前期優勝に貢献すると、プレーオフでは第3戦のみマスクを被ったが、1勝3敗1分で日本ハムに敗退。翌1982年に頭角をあらわし、1984年には127試合に出場。同年は規定打席(23位、打率.259)にも達して、レギュラーポジションを確実なものとする。以後、派手さはないものの、堅実なリードとファイト溢れるプレーで、チームの中心選手として活躍した。オールスターゲーム出場2回(1982年と1985年の2度、いずれも江川とは対戦機会皆無だった)。

前述のように堅実なリードが売りの一つであったが、プロ入り当初は、ある試合で仁科時成をバッテリーを組んだ際、出すサインのほとんどに首を振られショックを受けたという。そのショックをバネにリード力を向上させ、リードの奥深さを知ることができたという。袴田は「(僕がここまでになれたのは)仁科さんに出会えたから。僕がレギュラーになってからロッテの投手陣で僕のサインに最も首を振らなかったのが仁科さんだった。あの仁科さんが、僕のことを信頼し、任せてくれた。最初のことがあっただけに、ものすごく嬉しかった。」と振り返っている[1]。 また、村田兆治とバッテリーを組んだ際には、ノーサインで受けることが大半だったという。これについて袴田は、「村田さんの視力が悪かったこともあり、サインと違うボールが来ることが多かったため、先入観の入らないノーサインのほうがいいと思った。」と振り返っている[2]

1990年限りで現役引退。やはり同年限りで引退する村田兆治のラスト登板にて、久々の一軍先発捕手として出場した試合が自身にとっても最後となった。これは村田からの「俺のキャッチャーはお前以外にいないんだ。だから俺と共に去るんだ」「お前とじゃなきゃ終われないんだよ」という指名によるものだった。試合後、袴田は村田に報道陣が群がるのを尻目に一人泣きながらベンチに戻りかけた。これに気付いた記者から「やはり村田さんが引退となると寂しいですか? 」と聞かれ、「ていうか僕も今日で引退なんです」と答えている。

引退の原因の一つは、ラルフ・ブライアントの体当たりスライディングをまともに受けた打撲による負傷である。この負傷の際、川崎球場の高齢の当直医が登場する際の仕草がおかしかったため、後に珍プレー特集で放映され、スタジオが大いに沸いた。

引退後はロッテで二軍バッテリーコーチ(1991年, 1995年 - 1997年, 2002年, 2012年)、一軍バッテリーコーチ(1992年 - 1994年, 2001年, 2003年 - 2009年)、チーフコーチ(2000年)、二軍総合コーチ(2010年 - 2011年)、スカウト[3]1998年 - 1999年)を歴任。

なお、ロッテオリオンズで規定打席に到達した捕手は1985年の袴田で最後となる(千葉移転後は2006年に里崎智也が規定打席に初めて到達した)。2012年10月15日、球団から来季のコーチ契約更新はない旨を通知された[4]2014年からは埼玉西武ライオンズ一軍チーフコーチ兼バッテリーコーチに就任[5]。監督の伊原春樹休養後は一軍ヘッドコーチ兼バッテリーコーチに配置替えとなる。2015年10月4日に今季限りで契約満了することが通知された[6]2016年より、ベースボール・チャレンジ・リーグ武蔵ヒートベアーズのヘッドコーチに就任[7]

法政大時代は江川卓の剛速球、ロッテ時代は村田兆治のフォークボールをノーサインで捕球し、名捕手と呼ばれた。(ただし村田のフォークボールパスボールにすることもままあった)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 ロッテ 9 17 16 1 5 0 0 1 8 2 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .313 .353 .500 .853
1979 26 45 40 4 3 0 0 1 6 1 0 1 2 0 3 0 0 18 1 .075 .140 .150 .290
1980 7 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1981 12 21 19 3 5 0 0 1 8 2 0 0 1 0 1 0 0 3 0 .263 .300 .421 .721
1982 96 283 259 20 54 9 0 2 69 19 2 2 11 1 10 0 2 38 6 .208 .243 .266 .509
1983 89 196 182 12 42 7 1 5 66 23 1 0 3 0 9 0 2 33 3 .231 .275 .363 .637
1984 127 436 382 40 99 21 3 5 141 49 1 7 19 1 31 0 3 48 10 .259 .319 .369 .688
1985 129 436 376 47 91 15 0 8 130 50 1 2 30 4 23 0 3 39 9 .242 .288 .346 .634
1986 119 370 312 27 76 12 3 9 121 38 0 2 34 1 21 0 2 43 14 .244 .295 .388 .682
1987 117 304 264 23 56 6 0 3 71 16 3 1 14 2 17 0 7 38 10 .212 .276 .269 .545
1988 110 314 280 26 70 5 4 3 92 23 0 1 20 0 10 0 4 34 11 .250 .286 .329 .614
1989 58 127 107 5 17 5 0 0 22 8 1 1 9 0 11 0 0 14 2 .159 .237 .206 .443
1990 12 10 9 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .111 .200 .222 .422
通算:13年 911 2560 2247 209 519 81 11 38 736 231 9 17 143 9 138 0 23 314 67 .231 .281 .328 .609
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1978 9 11 10 1 .091
1979 25 11 6 5 .455
1980 2 0 0 0 .000
1981 9 8 5 3 .375
1982 96 94 68 26 .298
1983 89 73 58 15 .205
1984 127 115 70 45 .391
1985 129 112 81 31 .277
1986 118 98 62 36 .367
1987 117 77 46 31 .403
1988 109 76 45 31 .408
1989 58 43 30 13 .302
1990 12 4 4 0 .000
通算 900 722 485 237 .278

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 12(1978年 - 1990年)
  • 78(1991年)
  • 86(1992年 - 1994年)
  • 74(1995年 - 1997年)
  • 85(2000年 - 2012年)
  • 81(2014年 - )

『ドカベン プロ野球編』での活躍[編集]

水島新司の野球漫画『ドカベン プロ野球編』において、袴田は2度大きく作品中のキャラクターにかかわっている。

1度目は明訓高校でエースであった里中智を二軍で指導し、プロで戦える体にし、新変化球スカイフォークを授けた。その後、怪我で2年目の前半戦を棒に振りつつも、オールスターで9者連続三振を達成した里中に感涙。ファームで、里中の怪我に親身になって付き合っていたことを匂わせる発言も残す。そして里中の入団3年目には、彼の先発投手への転向に助力し、同時に彼の恋女房役の瓢箪捕手の打撃力向上にも一役買っている。

その後数年は登場シーンが無かったが、『球道くん』の主人公・中西球道がロッテ入団の際に再びクローズアップされている。中西に「あの苦しみを乗り越えた」と思いをはせている姿から中西のリハビリを手伝っていたことも考えられる。

また、里中と山田太郎の妹サチ子の結婚の仲人を務めることになった。

その他『ドカベン』との関わり[編集]

  • 主人公の山田太郎たちが高校2年の時、全国大会1回戦でBT(ブルートレイン)学園と対戦したが、作中に実況アナが解説者の「袴田さん」に「BT学園とはどんな学校なのですか?」と問いかける場面がある。解説者の袴田は、「私は静岡の自動車工業高校の出身ですが、あれと同じで・・・」と答え、袴田英利の経歴と符合する。
  • また、この大会では山田太郎のライバルの一人、江川学院の中二美夫が怪我から再起の登板を果たし、「袴田高校」を相手に1-0の完封勝利を上げる。9回裏2死満塁のピンチに代打・英利(ひでり)を投飛に打ち取っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『野球小僧 8月号 2011』白夜書房、p.155
  2. ^ 『野球小僧 8月号 2011』白夜書房、p.153
  3. ^ 『野球小僧 8月号 2011』白夜書房、p.149
  4. ^ コーチ契約に関するお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2012年10月15日
  5. ^ 2014年度 コーチングスタッフ発表! - 埼玉西武ライオンズ・オフィシャルサイト 2013年10月22日
  6. ^ コーチ契約についてのお知らせ - 西武ライオンズ・オフィシャルサイト 2015年10月4日
  7. ^ 袴田英利氏、ヘッドコーチ就任のお知らせ (PDF) - 武蔵ヒートベアーズ Musashi Heat Bears web page 2015年12月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]