名取和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名取 和彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県
生年月日 (1953-12-08) 1953年12月8日(64歳)
身長
体重
183 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト1位
初出場 1980年4月6日
最終出場 1981年6月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

名取 和彦(なとり かずひこ、1953年12月8日 - )は、山梨県出身の元プロ野球選手投手)。1983年限りで現役引退。引退後は横浜大洋ホエールズ打撃投手を務めた[1]

来歴・人物[編集]

甲府商業高校では、1971年夏の甲子園県予選準々決勝に進むが、市川高に敗退。高校同期に若林憲一がいた。明治大学に進学。東京六大学リーグでは3年生時から、同期の丸山清光(朝日新聞)と投の二本柱として活躍。1975年春季リーグでは6勝2敗、防御率1.67の好成績を記録、江川卓らのいた法大に競り勝ち優勝に貢献する。同年の全日本大学野球選手権大会では準決勝で中畑清らのいた駒大に惜敗するが、直後の第4回日米大学野球選手権大会日本代表に丸山とともに選出された。明大は同年の秋季リーグでも連続優勝を飾り、明治神宮野球大会でも優勝するが、膝を故障し活躍できなかった。

卒業後は日産自動車に入社。1979年都市対抗では2勝を挙げ、準決勝に進出するが、熊谷組に敗退した[2]。この時のチームメートに藤田康夫中田良弘両投手がいる。

同年のドラフト会議岡田彰布の外れ1位で南海ホークスの指名を受け入団。1年目から即戦力として起用され、直球とカーブを武器に30試合に登板、5勝を挙げた。翌1981年の開幕直前、ジム・タイロンとの交換トレードで西武ライオンズに移籍。しかし故障の影響もあって、移籍1年目に5試合に登板したのみだった。1983年限りで引退し、1984年から2年間は大洋で打撃投手を務めた。退団後は、帰郷して昭和町で「サン・バッティングセンター」を経営。

ストレート・カーブを主体に、全体に躍動感の溢れる本格派のフォームだった。一貫して上下動が軸になっており、バネの強さを感じさせる、あえて例えるなら若い頃の星野仙一を思わせる投球フォームであった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 南海 30 23 0 0 0 5 12 0 -- .294 570 120.0 144 34 71 0 6 62 0 0 92 86 6.45 1.79
1981 西武 5 4 0 0 0 0 1 0 -- .000 75 16.0 21 6 7 0 0 4 0 0 14 13 7.31 1.75
通算:2年 35 27 0 0 0 5 13 0 -- .278 645 136.0 165 40 78 0 6 66 0 0 106 99 6.55 1.79

記録[編集]

背番号[編集]

  • 24 (1980年)
  • 1 (1981年)
  • 13 (1982年 - 同年途中)
  • 51 (1982年途中 - 1983年)
  • 64 (1984年 - 1985年)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 横浜大洋紳士録
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年