若林憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若林 憲一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県甲府市
生年月日 (1953-05-03) 1953年5月3日(68歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手 内野手
プロ入り 1971年 ドラフト6位
初出場 1977年4月2日
最終出場 1979年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 横浜大洋ホエールズ (1981)

若林 憲一(わかばやし けんいち、1953年5月3日 - )は、山梨県甲府市出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

2018年から読売ジャイアンツに所属している若林晃弘は息子[1]

来歴・人物[編集]

山梨・甲府商高から1971年のドラフト6位で大洋ホエールズに入団。

当初は内野手だったが、俊足を評価され1974年から外野手へ転向。6年目の1977年に1軍デビューし、5月24日の阪神タイガース戦でプロ初本塁打を放ち、主に代走守備要員として一軍に定着した[2]。現役最終年となる1981年には二軍兼任コーチも務めている[3]

引退後は東京都文京区にある富士国際ビジネス専門学校(旧・富士アスレティック&ビジネス専門学校)にて講師職を勤めながら[要出典]、東京都杉並区に野球教室を開き、小中学生への指導を行っている[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1977 大洋 66 37 28 9 6 1 1 1 12 3 2 0 2 0 7 1 0 9 0 .214 .371 .429 .800
1978 42 19 17 5 4 0 0 0 4 2 2 0 0 0 2 0 0 4 1 .235 .316 .235 .551
1979 55 8 6 8 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 1 0 0 1 0 .000 .143 .000 .143
通算:3年 163 64 51 22 10 1 1 1 16 5 6 0 3 0 10 1 0 14 1 .196 .328 .314 .642

記録[編集]

背番号[編集]

  • 65 (1972年 - 1980年)
  • 54 (1981年)

関連情報[編集]

書籍監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “巨人6位若林の父は元大洋野手「プロは厳しい世界」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711070000442.html 2017年11月7日閲覧。 
  2. ^ 【巨人】若林がプロ1号2ラン…元大洋の父・憲一さん観戦「本当にうまく打った」”. スポーツ報知 (2019年6月8日). 2021年3月26日閲覧。
  3. ^ a b 怖がらず捕る、そのための手ぶら/若林憲一氏に聞く”. 日刊スポーツ (2019年11月6日). 2021年3月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]