岩井隆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩井 隆之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県宇佐市
生年月日 (1953-05-30) 1953年5月30日(65歳)
身長
体重
176 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1975年 ドラフト2位
初出場 1976年5月7日
最終出場 1988年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 横浜大洋ホエールズ
    横浜ベイスターズ (1991 - 1999, 2004 - 2006)
  • 北海道日本ハムファイターズ (2017)

岩井 隆之(いわい たかゆき、1953年5月30日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手。本名・岩井靖久

来歴・人物[編集]

津久見高では1970年、2年生の時に遊撃手として、1年上のエース浜浦徹とともに春の選抜に出場。2回戦で高浦美佐緒のいた千葉商に敗退[1]。同年夏は中九州大会決勝で大分商小川清一に抑えられ甲子園出場を逸する。翌1971年春の選抜には、同期の橘健治を主戦投手として2年連続出場。1回戦で県岐阜商に敗れる[1]。同年夏は県予選準決勝で鶴崎工藤沢哲也に完封を喫し敗退。

卒業後は法政大学に進学。東京六大学リーグでは1974年秋季リーグにエース江川卓を擁し優勝。同年の明治神宮野球大会は決勝で中大に敗れ準優勝。主に遊撃手として東京六大学リーグ通算95試合に出場し、330打数86安打、打率.261、5本塁打、38打点。1975年秋季リーグではベストナイン(遊撃手)に選出された。同年には第4回日米大学野球選手権大会日本代表となる。

1975年ドラフト2位で大洋ホエールズに入団。大洋では山下大輔らの壁を破れず、もっぱら守備固めに起用され、真価は発揮できなかった。1978年に登録名を岩井隆之に改名。1982年加藤俊夫とのトレードで日本ハムファイターズに移籍。移籍後は1983年から頭角をあらわし、菅野光夫榊原良行二塁手のレギュラーを争う。1984年には高代延博の前半欠場もあって遊撃手のレギュラーとなり、規定打席(12位)に到達し打率.286の成績を残すなど活躍した。翌年は高代の復帰に伴い二塁手に戻るが、白井一幸の台頭により出場機会は減少、1988年限りで引退した。

現役引退後の1989年から2年間日本ハムのスカウトに就任。その間、ドラフト外で木村拓也獲得を球団に進言して入団させた[2]

1991年に二軍守備・走塁コーチとして大洋(のち横浜)に復帰し1997年1999年は横浜一軍内野守備走塁コーチを務めた。その後2000年から2003年まで横浜のスカウトとして九州を担当した。この間内川聖一らの獲得に尽力。2004年湘南シーレックスの監督に就任し、2006年まで務めた。その年のオフに横浜を退団し、北海道日本ハムファイターズのスカウトに転身した[3]中島卓也を担当した[4]

2017年シーズンからは北海道日本ハムファイターズの2軍内野守備コーチに就任予定[5]

同年12月27日、日本ハム退団[6]福岡ソフトバンクホークスアマスカウト(九州地区担当)就任[7]が発表された。

エピソード[編集]

1984年シーズン、規定打席に到達したにも関わらず、勝利打点がゼロに終わるという珍記録を達成している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 大洋 12 9 9 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .333 .333 .333 .667
1977 20 16 14 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .000 .125 .000 .125
1978 69 60 56 13 18 2 0 1 23 6 0 0 1 0 3 0 0 14 2 .321 .356 .411 .767
1979 4 6 6 3 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .833 1.167
1980 40 28 27 5 4 1 0 0 5 1 0 2 0 1 0 0 0 8 0 .148 .143 .185 .328
1981 13 13 10 1 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 2 1 0 .200 .333 .200 .533
1982 日本ハム 28 40 32 4 3 0 0 0 3 2 1 3 2 0 4 0 2 4 1 .094 .237 .094 .331
1983 58 111 104 14 27 6 1 3 44 11 5 0 5 0 1 0 1 13 2 .260 .274 .423 .697
1984 125 415 371 49 106 14 1 7 143 34 11 4 16 4 22 0 2 40 7 .286 .326 .385 .711
1985 95 208 181 24 40 6 1 9 75 25 1 3 11 0 15 0 1 29 4 .221 .284 .414 .699
1986 41 50 44 6 6 1 0 1 10 1 0 1 1 0 0 0 5 7 3 .136 .224 .227 .452
1987 41 90 77 7 22 3 0 1 28 14 1 2 10 0 3 0 0 13 3 .286 .313 .364 .676
1988 11 20 19 2 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 4 2 .105 .150 .105 .255
通算:13年 557 1066 950 131 235 33 3 23 343 96 19 15 47 5 51 0 13 142 24 .247 .293 .361 .654

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1976年 - 1979年)
  • 3 (1980年 - 1981年)
  • 35 (1982年 - 1988年)
  • 79 (1991年 - 1999年、2004年 - 2006年)
  • 71 (2017年)

登録名[編集]

  • 岩井 靖久 (いわい やすひさ、1976年 - 1977年)
  • 岩井 隆之 (いわい たかゆき、1978年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 声落とす担当スカウト=巨人・木村コーチ死去 時事通信 2010年4月8日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P19
  4. ^ 全試合出場を続ける中島卓也の球歴とは? ベースボールキング 2015年8月10日閲覧
  5. ^ “日本ハムが2軍に「育成コーチ」新設 島崎毅氏就任 - 野球”. 日刊スポーツ. (2016年11月15日). http://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1738598_m.html?mode=all 2016年11月15日閲覧。 
  6. ^ 退団のお知らせ - 北海道日本ハムファイターズ・オフィシャルサイト 2017年12月27日
  7. ^ 新入団スタッフについて - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2017年12月27日

関連項目[編集]