小川清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川精一から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 清一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県別府市
生年月日 (1952-07-28) 1952年7月28日(66歳)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト6位
初出場 1973年4月25日
最終出場 1979年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小川 清一(おがわ せいいち、1952年7月28日 - )は、大分県別府市[1]出身の元プロ野球選手。登録名を小川精一とする資料がある[2]

来歴・人物[編集]

大分商業高校では1970年、エースとして春季九州大会決勝に進むが、宮崎日大高に延長12回裏サヨナラ負け。同年夏は中九州大会決勝で津久見高橘健治らに投げ勝ち、第52回全国高等学校野球選手権大会に出場。この大会では、1回戦の九州工(福岡)戦で市橋秀彦投手と延長15回の投手戦を展開、5-1で勝利する。2回戦の日大一高(東京)戦でも、保坂英二投手に投げ勝ち完投勝利。しかし準々決勝ではPL学園(大阪)の新美敏、田代克業両投手の継投の前に、0-7で完封負けを喫した[1]。同年秋の岩手国体では、決勝でまたもPL学園に1-2で惜敗し準優勝。同年のドラフト会議で、阪神タイガースの6位指名を受け、入団[1]

3年目の1973年に一軍に上がり、翌1974年は中継ぎで22試合に登板した。同年暮れ、鈴木皖武上辻修森山正義平山英雄と共に、池辺巌井上圭一との5-2の交換トレードでロッテオリオンズに移籍[1]。オリオンズでも主に中継ぎとして活躍し、1975年には初勝利を記録。1977年には4月から6試合に先発としても起用される。1979年オフ、小俣進庄司智久田村勲との交換トレードで古賀正明と共に3チーム目の読売ジャイアンツに移籍するが、登板機会に恵まれず[1]1980年限りで現役引退。その後もチームに残り、1年ほど打撃投手を務めた。

右オーバースロー、速球主体の本格派でストレートとカーブが得意球、スライダー、シュート、パームボールも投げた。但しパームボールについては阪神時代に小山正明より教わったが実戦で生かされないままだった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1973 阪神 7 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 50 12.0 11 1 3 0 0 9 0 0 5 4 3.00 1.17
1974 22 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 126 30.0 23 6 13 1 2 15 1 1 16 15 4.50 1.20
1975 ロッテ 15 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 167 38.1 36 7 16 0 2 19 1 2 27 25 5.92 1.36
1976 8 2 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 105 26.1 25 1 7 0 1 9 0 1 9 6 2.08 1.22
1977 15 6 0 0 0 2 2 0 -- .500 185 39.2 47 3 19 0 2 22 2 0 34 22 4.95 1.66
1978 6 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 98 24.0 18 1 7 0 0 14 1 0 10 9 3.38 1.04
1979 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 4.0 5 1 2 0 0 0 0 0 3 2 4.50 1.75
通算:7年 75 9 0 0 0 6 3 0 -- .667 749 174.1 165 20 67 1 7 88 5 4 104 83 4.29 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 54 (1971年 - 1974年)
  • 45 (1975年 - 1976年)
  • 11 (1977年 - 1979年)
  • 46 (1980年)
  • 92 (1981年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、122ページ
  2. ^ 資料の誤記であるか実際に用いられたか不明。