山梨県立市川高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山梨県立市川高等学校
Yamanashi prefectural Ichikawa High School.Apr.2014.JPG
山梨県立市川高等学校(2014年4月撮影)
過去の名称 市川大門町立女子市川実業補習学校
市川大門町立市川実科女学校
市川大門町立市川実科高等女学校
市川大門町立市川高等女学校
市川大門町立市川高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山梨県の旗 山梨県
学区 全県一学区
校訓 敬愛自尊
設立年月日 1914年大正3年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
英語科
学期 2学期制
高校コード 19115K
所在地 409-3601
外部リンク 山梨県立市川高等学校 (日本語)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

山梨県立市川高等学校(やまなしけんりつ いちかわこうとうがっこう)は、山梨県西八代郡市川三郷町市川大門に所在する公立高等学校。校章は甲斐源氏の紋章とされる龍胆

設置学科[編集]

沿革[編集]

降雪時(2011年2月撮影)
  • 1914年大正3年) - 市川大門町立女子市川実業補習学校が設立される。
  • 1928年昭和3年) - 青年学校令により町立市川実科女学校と改称される。
  • 1940年 - 町立市川実科高等女学校と改称される。
  • 1943年 - 町立市川高等女学校と改称される。
  • 1948年 - 町立市川高等学校と改称される。
  • 1950年 - 県に移管されて、山梨県立市川高等学校と改称される。
  • 1988年 - 普通科とは別に、英語科を設置する。

アクセス[編集]

部活動[編集]

野球部[編集]

野球部は県内有数の強豪で、これまで選抜高等学校野球大会に3回、全国高等学校野球選手権大会に2回出場している。特に1991年の選抜大会では2試合連続逆転サヨナラ勝ち(いずれもリードされた状態での逆転)を果たして「ミラクル市川」と称される。また、1998年の高校野球秋季関東大会決勝では横浜高校の連勝記録を止めた高校としても有名。

選抜大会戦績
選手権大会戦績

音楽部[編集]

音楽部は全国屈指の実力を持つ合唱団であり、NHK全国学校音楽コンクール全日本合唱コンクールの県大会や、ブロック大会、全国大会で金賞を受賞するなど、成績を残している。また、山梨県内の学校や公共施設などで訪問演奏、チャリティー活動などを行っている。

著名な出身者[編集]

学校再編について[編集]

峡南地区の県立3校(市川、増穂商峡南)について統合の話が進められており、市川高校は統合という形で廃校になる予定である。

1996年に山梨県教育委員会が県立高校の整備構想を策定した際、市川・増穂商・峡南については統合し総合学科高校を設立することが盛り込まれたが、2005年に1万5000人以上の反対署名が集まるなどしたため2008年に一度は流れることになった [1]。しかし峡南地区の少子化・過疎化が進み各校とも大幅な定員割れが続いていることから身延を含めた4校による統合が再度話し合われることになり、このうち身延については他3校とは距離があり、かつ市川高校に新校舎が計画された際旧身延町および南部町からの通学が困難であること、また身延が独自に総合学科への転換や周辺中学校との中高一貫教育を行うなど存続に向けた独自路線を進むめたことから除外され、当初の通り3校による統合が決定している[2]

新しい高校は2020年4月に開校となり、敷地は市川高校に加え隣接する市川三郷町の施設を解体して用意される敷地に新しい校舎を建てる予定である。なお、市川を含めた峡南県立3校は2019年度の新入学生を最後に募集を停止し、在校生が全員卒業したのと同時に廃校となる[2]

その他[編集]

  • AKBINGO!』における企画で、学園祭でAKB48のサプライズライブが開催された(2009年7月8日放送)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「県立高再編:峡西南地域・3高校の統合案を再検討 」(2008年2月26日、毎日新聞
  2. ^ a b 「新設高2020年度開校へ 峡南3校統合 学年定員280人」(2016年9月14日、毎日新聞)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]