山田サチ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山田 サチ子(やまだ サチこ)は、漫画ドカベン』シリーズに登場する架空の人物。主人公・山田太郎。アニメ版の声優松島みのり

来歴・人物[編集]

山田太郎の9歳下の妹[1]。『プロ野球編』以降の設定では1985年度生まれ[2][3]

赤ん坊の頃、バス転落による両親の死亡事故の数分前に母親から太郎に渡され、太郎の強靭な肉体に守られて命が助かった。

明訓高校マスコット的存在で、太郎たちの高校1年時の夏の甲子園では、自称コーチとしてベンチに入り、同年の秋季大会から明訓高校応援団長を務める。

岩鬼とは「ハッパ」「ドブスチビ」などと呼び合う腐れ縁。しかし、2001年シーズンの前半あたりから突然好意を抱くようになり、福岡へ野球観戦に行った際には岩鬼の家に泊まることもあるなど、彼を想うようになり、結婚宣言までするほどだった。対して、岩鬼はあまり意識していなかったようだが、後に悪球が打てなくなるなど大スランプに陥っていた。

里中にいつ頃からか好意を抱いていたが、当の里中は上記の理由から岩鬼に気があると勘違いしており、またサチ子も片想いだと思っていたようである。紆余曲折の末、里中からプロポーズされ、彼と婚約。里中に対しては、幼少時は「里中ちゃん」「里中くん」、2006年の終盤からは「里中さん」「智さん」と呼ぶ。2008年の日本シリーズ後に結婚式が開かれ、里中サチ子となる。

他のキャラが外見上はそれほど歳をとっていないように見える中、子供から大人の女性に成長し、結婚を果たすなど年月の移り変わりを実感させる数少ないキャラとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、サチ子の小学校入学時に太郎は中学3年だったため、その時点では8歳差だった。
  2. ^ 2000年に中学生、2007年に大学4年生。誕生日は不明だが、2008年6月26日の時点で22歳。
  3. ^ 2005年11月には太郎に「大学1年生」と言われており、これが正しければ太郎と10歳差になる。