犬神了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
犬神 了
四国アイアンドッグス #19
基本情報
国籍 日本の旗 日本
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 中堅手投手
プロ入り 1994年
初出場 1995年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

犬神 了(いぬがみ りょう)は、漫画『ドカベン』シリーズに登場する架空の人物。アニメ版の声優は八代駿

人物[編集]

  • 土佐丸高校で犬飼小次郎からエースの座を受け継いだサウスポー。殺人野球を売りとする危険な投手。左投左打。元は野球部のマネージャーも兼ねていた。
  • 体格は小柄で、右目に眼帯を着けている。不気味な雰囲気を持ち、「キヒヒヒ」という奇妙な笑い声をあげる。
  • 勝つために手段を選ばない性格。長い袖で手が見えない投法や背面投法など、トリッキーなピッチングを得意とする。
  • 野球センスはかなり高く、村田兆治に匹敵する(山岡談)落差のフォークボールや、アクロバティックな走塁を見せる。打者としても一流で、2年夏からは土佐丸の4番を務め、広島入団後も投手をこなしながらクリーンアップを打ったりしていた。アイアンドックスへの移籍後も、投手登録ながらセンターのレギュラーをこなすなど、かなりのマルチプレイヤーぶりを発揮している。
  • 登場当初は「〜だっちゃ」という言葉遣いだったが、広島入団後はいつのまにか「〜じゃ」「〜けん」などの広島弁となった。

経歴[編集]

高校時代[編集]

  • 2年の春の甲子園決勝戦の明訓戦では、途中出場し、2打席目以降の山田太郎に「山田殺し」としてワンポイント登板、上述の手段を選ばぬピッチングの数々でノーヒットに抑え込んだ。一選手に恐怖を覚え体を震わせる山田の姿が描かれるのは、シリーズを通じてこの時だけである。高校時代に限れば山田が最も苦手にしていた投手だといえる。
  • 更にその試合の山田の4打席目では、当たった時は平気でも、時間が経過するごとに痛みが増してくる「死神ボール」なる故意死球を放つなど、まさに筋金入りの殺人野球の申し子であった。
  • その後、本塁でのクロスプレーで全身打撲の怪我を負い、動けないままライトのポジションに就く。延長12回裏、殿馬のホームラン性の飛球を懸命に追い、フェンスに登ってキャッチするも、ラッキーゾーンの中に転落してしまい、逆転ホームランとなってサヨナラ負けを喫した。ちなみにキャッチ後にスタンドに落ちたプレーをホームランとしているのは誤りであり、ルール上は当時も現在もキャッチの時点で打者はアウト。その後のスタンド(ラッキーゾーン)転落はボールデッドとなり、走者は投球当時の占有塁から1つ進塁できる。
  • 2年の夏の甲子園では、1回戦で弁慶高校と対戦。7回まで弁慶打線をパーフェクトに抑えるが、8回に4番・武蔵坊数馬に先制ホームランを打たれる。その裏の攻撃でトップバッターとして犬神は出塁し、無死満塁のチャンスを迎えるが、ライトの武蔵坊の2度に渡る好返球により3塁に釘付け、その後の犬飼武蔵のホームラン性の一打も武蔵坊の神通力により奇跡のキャッチをされ、無得点に終わる。そして9回裏、最終バッターとして打席に立つも三振、敗退した(アニメでは犬飼武蔵が最終打者)。
  • 3年の春の甲子園準々決勝の明訓戦では、8回まで無気力試合を続け、9回に突如殺人野球に切り替えるという戦法を取り、犬飼武蔵を捨て石とした走塁で1点先取を狙うが、山田の頭脳的な送球でタッチアウトとなる。その9回裏、山田にサヨナラホームランを浴び、敗退した。
  • 3年の夏の県大会では、犬飼家の三男・犬飼知三郎をエースとする室戸学習塾に決勝で敗退した。

プロ時代[編集]

  • 高校卒業後、広島東洋カープに入団。
  • プロに入ってからはオールスターでしか山田と対戦する機会がなかったが、「山田は生涯のカモ」とうそぶいていた。しかし、実際は2本塁打されるなどむしろ山田にカモにされている。同僚の西山秀二やヤクルトの飯田哲也を使い、山田をアウトにした事もある。
  • プロ2年目の1996年は、前半戦で20死球を与えていたが危険球退場はなかった。また前半戦で10勝をあげていた。3年目の1997年も前半戦ハーラートップの12勝をあげ、オールスターで2年連続で全セの先発投手として出場。
  • 2000年開幕前、江藤智のFA移籍に伴い野手へ転向。オープン戦では四番も務めるが、その後も度々投手としてマウンドには登っていた。
  • 2004年犬飼小次郎率いる四国アイアンドッグスに移籍。野手(特に外野手)層が薄いため、中堅手として出場している。打順は9番または2番。

背番号[編集]

  • 01(1995年 - 2003年)
  • 19(2004年 - )