1973年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1973年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
年間3位:70勝49敗11分 勝率.588
後期2位:35勝22敗8分 勝率.614
前期2位:35勝27敗3分 勝率.565[1]
本拠地
都市 宮城県(暫定保護地域)
球場
特定本拠地なし。宮城球場等を使用。
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 金田正一
« 1972
1974 »

1973年のロッテオリオンズでは、1973年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、金田正一監督の1年目のシーズンである。前シーズンオフに、東京スタジアムの買い取りを球団が拒否したことから、このシーズンから特定の本拠地を持たない、いわゆる「ジプシー球団」と呼ばれる状況に陥った。この状況は、1978年シーズンに川崎球場を本拠地とするまで続いた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 弘田澄男
2 ラフィーバー
3 アルトマン
4 有藤通世
5 池辺巌
6 山崎裕之
7 村上公康
8 木樽正明
9 飯塚佳寛
1973年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 太平洋 -- 南海 -- 南海 --
2位 ロッテ 1.0 ロッテ 3.5 ロッテ 2.0
3位 南海 3.0 太平洋 7.0 阪急 3.5
4位 日拓 4.5 阪急 10.0 太平洋 5.0
5位 阪急 5.0 日拓 12.0 日拓 12.0
6位 近鉄 7.5 近鉄 13.5 近鉄 13.5
後期
順位 8月終了時 9月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 日拓 7.0 ロッテ 6.5 ロッテ 5.5
3位 ロッテ 7.5 日拓 11.5 南海 13.0
4位 南海 10.0 南海 12.5 日拓
5位 太平洋 11.0 太平洋 15.5 太平洋 15.5
6位 近鉄 15.5 近鉄 23.0 近鉄 25.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 38 26 1 .594 --
2位 ロッテオリオンズ 35 27 3 .565 2.0
3位 阪急ブレーブス 34 29 2 .540 3.5
4位 太平洋クラブライオンズ 32 30 3 .516 5.0
5位 日拓ホームフライヤーズ 25 37 3 .403 12.0
6位 近鉄バファローズ 23 38 4 .377 13.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 43 19 3 .694 --
2位 ロッテオリオンズ 35 22 8 .614 5.5
3位 南海ホークス 30 32 3 .484 13.0
日拓ホームフライヤーズ 30 32 3 .484 13.0
5位 太平洋クラブライオンズ 27 34 4 .443 15.5
6位 近鉄バファローズ 19 45 1 .377 25.0
1973年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 68 58 4 .540
2位 阪急ブレーブス 77 48 5 .616
3位 ロッテオリオンズ 70 49 11 .588
4位 太平洋クラブライオンズ 59 64 7 .480
5位 日拓ホームフライヤーズ 55 69 6 .444
6位 近鉄バファローズ 42 83 5 .336

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1973[編集]

ファン投票 山崎裕之 有藤通世 長谷川一夫 千田啓介
監督推薦 木樽正明 成田文男 アルトマン
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

  • 5月3日 - 対太平洋3回戦(川崎球場)で、太平洋のファンからグラウンドに物を投げ込まれる騒動が起きる(ライオンズとの遺恨の勃発)[2]
  • 10月10日 - 八木沢荘六が対太平洋戦(県営宮城球場)において、史上13人目(パ・リーグ6人目)の完全試合を達成。
  • 10月17日 - パ・リーグのオーナー懇談会が大阪市内のホテルで開かれ、日拓のオーナー西村昭孝が「16日にロッテの重光社長と会い、ロッテと日拓が合併することで合意した」と発言[3]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
成田文男 最多勝利 21勝 3年ぶり2度目
最多奪三振 178個 初受賞
八木沢荘六 最高勝率 .875 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
成田文男 投手 初受賞
有藤通世 三塁手 5年連続5度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
成田文男 投手 初受賞
有藤通世 三塁手 2年連続2度目
弘田澄男 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 佐藤博正 投手 札幌商業高 入団
2位 小鷹卓也 投手 飯能高 入団
3位 袴田英利 捕手 自動車工業高 拒否・法政大学進学
4位 浜師勝彦 投手 新日本製鐵室蘭 拒否

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1973年 パシフィック・リーグ”. 2017年5月19日閲覧。
  2. ^ 読売新聞1973年5月4日夕刊5面「首位攻防、ファン暴走 ヘルメット守備 ロッテ・太平洋戦 酒ビンやイス投げる」読売新聞縮刷版1973年5月p101
  3. ^ 朝日新聞1973年10月18日19面「ロッテ・日拓 合併 パの懇談会 西村オーナー発言」
  4. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 2017年5月19日閲覧。