福澤洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福澤 洋一
千葉ロッテマリーンズ コーチ #73
福澤洋一監督.jpg
2017年9月26日、ロッテ浦和球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県飯塚市
生年月日 (1967-05-26) 1967年5月26日(51歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1988年 ドラフト外
初出場 1989年4月11日
最終出場 2003年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

福澤 洋一(ふくざわ よういち、1967年5月26日 - )は、福岡県飯塚市出身の元プロ野球選手捕手)、プロ野球コーチ。

来歴・人物[編集]

直方学園高[1]から九州産業大学に進学するが中退。

その後、ロッテオリオンズの練習生を経て、1988年オフにドラフト外で入団。

入団1年目(1989年)には早くもチームの捕手として最多出場を果たすが、打撃に課題があったためレギュラーに定着するまでには至らなかった。後年はベテラン捕手として若手の投手・捕手を支え、指南役として貴重な働きをした。

1998年7月7日オリックスブルーウェーブとの対戦(グリーンスタジアム神戸)で9回裏二死、黒木知宏ハービー・プリアムに同点2ラン本塁打を打たれ、連敗阻止に失敗した試合[2]で、黒木とバッテリーを組んでいた。また、他のロッテの選手には「かっ飛ばせかっ飛ばせ○○!」と叫ばれていた応援は、福澤朗(当時日本テレビアナウンサー)の異名を元に、「ジャストミートジャストミートふっくざわ!」というものであった。

2003年に現役を引退。翌2004年にはロッテの二軍バッテリーコーチに就任。

その後、監督の牛島和彦の誘いで2005年から横浜ベイスターズの一軍バッテリーコーチを務めたものの2006年オフ、牛島と共に辞任。2007年に新しく発足した社会人野球クラブ「浦和ディアーズ」の初代監督に就任。同年、インターネット放送局marines.tvで放送中の『1ch「Game Live!」』(2008年からはこの中継が再構築され格上げになった、BSデジタル放送TwellVTwellV プロ野球中継)に不定期で出演。

2009年から横浜の一軍バッテリーコーチを務めていたが2011年11月22日に来季の契約を結ばないことが発表された[3]

2012年北海道日本ハムファイターズの二軍バッテリーコーチに就任[4]2013年、10月16日に今季限りで退団することが球団より発表された[5]

2014年より古巣ロッテに二軍バッテリーコーチとして復帰する[6]。2017年は二軍監督、2018年は二軍総合コーチを務めた。2019年からはフロント入りしスカウトに就任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 ロッテ 98 225 196 17 34 4 0 0 38 8 3 4 18 0 11 0 0 22 3 .173 .217 .194 .411
1990 68 160 136 10 34 7 0 2 47 9 3 2 15 0 6 0 3 20 1 .250 .297 .346 .643
1991 70 133 115 12 28 3 0 1 34 7 0 0 14 0 4 0 0 17 2 .243 .269 .296 .565
1992 40 36 32 1 4 0 0 0 4 1 0 0 1 0 3 1 0 12 0 .125 .200 .125 .325
1993 33 22 19 2 2 0 1 0 4 1 1 0 2 0 1 0 0 2 0 .105 .150 .211 .361
1994 19 30 25 3 5 0 0 1 8 2 0 1 4 0 1 0 0 4 0 .200 .231 .320 .551
1995 7 9 9 1 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .222 .222 .556 .778
1997 16 9 8 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 1 3 0 .375 .444 .375 .819
1998 36 38 30 5 6 0 0 1 9 4 0 0 1 2 5 0 0 9 0 .200 .297 .300 .597
1999 9 11 11 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .091 .091 .091 .182
2000 14 19 16 0 2 0 0 0 2 1 0 0 2 1 0 0 0 4 1 .125 .118 .125 .243
2001 27 18 14 1 2 0 0 0 2 1 0 0 2 0 1 0 1 5 0 .143 .250 .143 .393
2002 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2003 1 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
通算:14年 440 713 614 53 124 14 1 6 158 37 7 7 59 3 32 1 5 106 7 .202 .246 .257 .503

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1989 97 81 43 38 .407
1990 68 48 32 16 .333
1991 70 47 29 18 .383
1992 39 12 7 5 .417
1993 29 20 18 2 .100
1994 19 5 4 1 .200
1995 7 3 2 1 .333
1997 16 5 5 0 .000
1998 36 16 13 3 .188
1999 9 4 2 2 .500
2000 14 1 1 0 .000
2001 27 6 3 3 .500
2002 2 0 0 0 -
通算 433 248 159 89 .359
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 66 (1988年 - 1990年)
  • 39 (1991年 - 2003年)
  • 73 (2004年、2014年 - )
  • 77 (2005年 - 2006年)
  • 72 (2009年 - 2011年)
  • 84 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 後に直方東高と改称し、2003年に廃校となった。
  2. ^ ロッテは当時、同年6月12日のオリックス戦(千葉マリンスタジアム)で勝利したのを最後に16連敗(当時のプロ野球タイ記録)を喫しており、7月7日の試合はプリアムを打ち取れば約1ヶ月振りの勝利という状況であった。結局この試合と翌8日の試合にも敗れ、連敗は18にまで延びた。
  3. ^ 横浜:尾花監督2年目で解任、「来季も戦いたかった」”. カナロコ (2011年11月22日). 2011年11月22日閲覧。
  4. ^ コーチ就任のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2011年12月4日). 2011年12月4日閲覧。
  5. ^ コーチ退団のお知らせ北海道日本ハム球団公式サイト2013年10月16日配信
  6. ^ 福澤洋一氏 2軍バッテリーコーチ就任のお知らせ 千葉ロッテマリーンズ公式サイト2013年10月26日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]