1967年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1967年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ6位
59勝71敗2分 勝率.454[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 小玉明利
« 1966
1968 »

1967年の近鉄バファローズでは、1967年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、小玉明利が1年だけ、選手兼任で監督を務めたシーズンである。

概要[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 安井俊憲
2 鎌田実
3 ボレス
4 土井正博
5 高木喬
6 小玉明利
7 北川公一
8 吉沢岳男
9 鈴木啓示
1967年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 西鉄 西鉄 1.5 東映 5.5 東映 6.5 東映 11.0 東映 9.5 西鉄 9.0
3位 東映 3.0 東映 3.0 西鉄 8.0 南海 9.0 南海 西鉄 11.0 東映 10.0
4位 南海 3.5 近鉄 5.0 南海 9.0 西鉄 9.0 東京 12.0 南海 12.0 南海 11.0
5位 近鉄 3.5 東京 5.5 東京 10.5 東京 9.5 西鉄 12.5 東京 15.0 東京 14,0
6位 東京 5.0 南海 6.0 近鉄 12.0 近鉄 14.0 近鉄 19.5 近鉄 18.5 近鉄 16.0
1967年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 55 4 .577 -
2位 西鉄ライオンズ 66 64 10 .508 9.0
3位 東映フライヤーズ 65 65 4 .500 10.0
4位 南海ホークス 64 66 3 .492 11.0
5位 東京オリオンズ 61 69 7 .469 14.0
6位 近鉄バファローズ 59 71 2 .454 16.0

[1]

オールスターゲーム1967[編集]

ファン投票 鈴木啓示 土井正博
監督推薦 高木喬 ボレス

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
土井正博 最多安打 147本 3年ぶり2度目
鈴木啓示 最多奪三振 222個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
土井正博 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 三輪田勝利 投手 早稲田大学 拒否・大昭和製紙入社
2位 永淵洋三 投手 東芝 入団
3位 小川亨 外野手 立教大学 入団
4位 石井久至 内野手 日本大学 拒否・松下電器入社
5位 松下芳夫 捕手 電電近畿 入団
6位 川口忠 内野手 サッポロビール 拒否
7位 五十嵐英夫 投手 神奈川大学 入団
8位 太田進 外野手 日産自動車 拒否
9位 枝松道輝 内野手 日本石油 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1967年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 139