木原義隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木原 義隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県海南市
生年月日 (1942-07-12) 1942年7月12日(77歳)
身長
体重
183 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年
初出場 1965年4月11日
最終出場 1976年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木原 義隆(きはら よしたか、1942年7月12日 - )は、和歌山県海南市出身の元プロ野球選手。選手時代のポジションは投手で、投法はアンダースロー

来歴・人物[編集]

海南高校(和歌山)では1年生の時、エース宗邦夫の控え投手として1958年夏の甲子園に出場。準々決勝に進むが柳井高に敗退し、自らの登板はなかった[1]。翌1959年夏の県予選準々決勝で向陽高と対戦し、ノーヒットノーランを達成するが、決勝では南部高に0-1で惜敗[1]。同年の秋季近畿大会に進み、準決勝で土井正博伊藤幸男らのいた大鉄高に逆転勝ち。決勝でも土井正三のいた育英高に延長13回1-0で完封勝利、優勝を飾り1960年春の選抜への出場を決める。選抜では1回戦で関西高に延長10回サヨナラ勝ち、しかし2回戦では矢島勝彦のいた法政一高に延長11回0-1xでサヨナラ負け。2試合をいずれも完投している[2]。同年夏の甲子園県予選は、決勝で新宮高に敗退。

進学した法政大学では東京六大学リーグで3度の優勝を経験。1962年春季リーグでは山崎武昭龍隆行の先発陣をリリーフで支え優勝に貢献。同年の第1回日米大学選手権[3]に出場し、ミシガン大学と対戦している(戦績は2勝3敗)。1963年秋季リーグもチームは優勝するがあまり出番はなかった。しかし翌年は主戦投手となり活躍。1964年10月には、東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された日米大学野球選抜試合に先発として起用された。リーグ通算40試合12勝9敗、防御率1.93、133奪三振。1965年近鉄バファローズへ入団。

ルーキー・イヤーの1965年は、主に先発として34試合に投げ、8勝した。しかし、その後はやや低迷し、1967年オフに金銭トレードで大洋ホエールズへ移籍。だが、ホエールズでは登板15試合0勝1敗と不本意な結果に終わり、1969年暮れに金銭トレードで広島東洋カープへ移った。カープでは5年間で12勝17敗5セーブという成績を残し、在籍2年目の1971年には2度の完封勝利を記録している。1974年オフ、カープから戦力外通告を受け、太平洋クラブライオンズに移籍。ここでは1975年に、自身初の2桁勝利となる10勝を挙げた。しかし1976年は一転して0勝に終わり、この年を最後に引退した。

サイドスローでバランスが良く、リズミカルな投球フォーム。得意な球種はスライダー、カーブ、シュート、シンカー。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1965 近鉄 34 20 4 0 1 8 12 -- -- .400 607 148.2 132 17 38 2 2 80 3 0 64 61 3.68 1.14
1966 21 12 2 0 1 3 6 -- -- .333 261 61.0 67 7 16 1 1 16 2 0 39 35 5.16 1.36
1967 16 7 0 0 0 2 4 -- -- .333 174 41.2 41 7 11 1 1 21 0 0 22 19 4.07 1.25
1968 大洋 7 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 31 7.0 8 2 0 0 2 4 0 0 6 5 6.43 1.14
1969 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 62 13.0 18 3 2 0 1 10 2 0 13 4 2.77 1.54
1970 広島 21 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 185 46.0 43 10 6 1 1 20 1 0 17 14 2.74 1.07
1971 35 12 2 2 0 7 5 -- -- .583 418 109.1 83 10 15 1 8 47 0 1 31 29 2.39 0.90
1972 29 15 2 0 0 3 9 -- -- .250 405 99.1 90 15 22 6 4 43 0 0 43 38 3.45 1.13
1973 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 2.0 6 2 0 0 0 3 0 0 3 3 13.5 3.00
1974 31 0 0 0 0 2 3 5 -- .400 256 62.1 51 7 17 5 4 33 0 1 23 21 3.05 1.09
1975 太平洋 26 22 8 0 4 10 9 0 -- .526 636 160.1 148 18 17 2 3 57 2 1 60 49 2.76 1.03
1976 13 10 1 0 0 0 6 0 -- .000 243 55.1 70 4 10 2 0 24 2 1 34 28 4.58 1.45
通算:12年 242 101 19 2 6 35 56 5 -- .385 3289 806.0 757 102 154 21 27 358 12 4 355 306 3.42 1.13
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1965年 - 1967年)
  • 29 (1968年 - 1969年、1974年)
  • 11 (1970年 - 1973年)
  • 28 (1975年 - 1976年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 1972年から開始された日米大学野球選手権大会とは異なり、日米の全国大会優勝大学によるチャンピオンシップ。

関連項目[編集]