吉沢岳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉沢 岳男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県松本市
生年月日 1933年7月15日
没年月日 (1971-07-15) 1971年7月15日(満38歳没)
身長
体重
170 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1953年
初出場 1954年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 近鉄バファローズ (1967 - 1968)

吉沢 岳男(よしざわ たけお、1933年7月15日 - 1971年7月15日)は、長野県松本市出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

松商学園時代には甲子園に4度出場し、控え捕手であった1950年の夏の選手権は1回戦で済々黌高に敗退[1]。2年生から正捕手となり、1951年の夏の選手権に出場したが、2回戦で平安高に敗退[1]。3年次の1952年春の選抜で1年下のエース・堀内庄とバッテリーを組み、1回戦で芦屋植村義信に抑えられて敗退[2]。同年の夏の選手権では2回戦(初戦)で柳井商工森永勝治に完封負けを喫する[1]

1953年名古屋ドラゴンズへ入団。野口明河合保彦の存在もあって出場機会には恵まれなかったが、1955年には一軍に定着。1957年には河合からレギュラーの座を奪って82試合に出場し、その後も正捕手の座を守る。打者の読みを外すインサイドワークで投手陣を引っ張ったが、濃人渉監督との対立により1962年近鉄バファローズへ移籍。近鉄では1964年に自己最高の打率.258を記録するなど1966年まで正捕手として活躍するが、1967年からはコーチ兼任となり、木村重視・児玉弘義に定位置を譲る。1969年相川進・杉斎英とのトレードで中日へ復帰するが、同年限りで現役を引退。

1971年7月15日、自身の誕生日に脳出血のため自宅で死去。当時は新聞記事等で「扇風機の切り忘れは突然死の原因となる」という説が紹介されていたため、吉沢の死もそれが原因であるかのように語られることがある(扇風機の都市伝説を参照)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 中日 2 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 0 0 .333 .333 .333 .667
1955 63 120 111 8 23 5 1 0 30 8 0 1 1 1 6 0 1 28 1 .207 .254 .270 .525
1956 44 103 96 6 11 4 0 3 24 5 0 1 2 0 4 0 1 24 0 .115 .158 .250 .408
1957 82 201 190 9 37 4 2 0 45 8 1 3 7 0 3 0 1 28 4 .195 .211 .237 .448
1958 100 309 286 14 60 9 3 3 84 22 2 6 8 0 14 1 1 31 7 .210 .249 .294 .543
1959 114 331 304 23 52 7 0 4 71 26 1 5 6 2 17 1 2 50 7 .171 .220 .234 .453
1960 112 358 332 20 70 14 0 5 99 25 2 2 6 6 12 2 2 40 9 .211 .243 .298 .541
1961 119 381 352 18 67 9 1 2 84 18 3 2 12 3 9 3 5 40 5 .190 .221 .239 .460
1962 近鉄 114 343 297 24 55 2 3 2 69 21 1 1 5 0 36 1 5 65 8 .185 .284 .232 .516
1963 140 440 393 31 78 12 0 8 114 38 2 1 12 2 26 0 7 58 12 .198 .261 .290 .551
1964 104 337 299 19 77 12 0 2 95 37 2 0 5 3 24 1 6 51 11 .258 .325 .318 .643
1965 119 368 345 15 76 12 0 4 100 26 4 0 3 3 16 5 1 55 10 .220 .257 .290 .547
1966 91 237 219 18 45 5 1 3 61 19 1 2 1 3 12 5 2 28 6 .205 .253 .279 .532
1967 57 161 151 11 33 3 0 3 45 16 0 3 0 2 7 1 1 14 5 .219 .258 .298 .556
1968 80 174 157 8 24 5 0 2 35 10 0 3 3 0 11 3 3 20 5 .153 .222 .223 .445
1969 中日 14 9 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .111 .111 .111 .222
通算:16年 1355 3876 3544 224 710 103 11 41 958 279 19 30 72 25 197 23 38 533 91 .200 .250 .270 .520
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1953年 - 1958年、1969年)
  • 9 (1959年 - 1968年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]