北川公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北川 公一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 (1941-06-29) 1941年6月29日(80歳)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

北川 公一(きたがわ こういち、1941年6月29日 - )は、兵庫県西宮市[1]出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

甲陽学院高校卒業後の1960年慶應義塾大学へ進学し、東京六大学野球リーグでは藤悟郎(日本石油)・渡辺泰輔の両エースを擁し、3年次の1962年秋季リーグで6年振りの優勝を飾る。翌1963年春季リーグでも連続優勝に貢献、ベストナイン(外野手)に選出された。同年の全日本大学野球選手権大会は、決勝で新宅洋志松村正晴らのいた駒大を降し優勝。リーグ通算63試合に出場し、187打数51安打、打率.273、0本塁打、25打点を記録。大学同期に一塁手西岡浩史遊撃手石黒和弘がいる。

卒業後の1964年近鉄バファローズへ入団[1]し、1965年のシーズン後半から一軍に定着。3年目の1966年には開幕直後から右翼手のポジションを獲得し、78試合に先発出場。俊足の2番打者として、安井智規小玉明利と共にチャンスメーカーとしての役割を担う。1967年も123試合に出場、初めて規定打席に達し(22位、打率.250)、6番打者など中軸を任されることも多かった。1968年中堅手に回り113試合に出場したが、打率.222と低迷。1969年には故障もあって小川亨に定位置を譲る。その後も代打を中心に準レギュラーとして長く活躍し、1972年には打率.302をマーク。同年7月2日阪急戦(日生)では0-1とリードされた9回裏二死一塁の場面で児玉弘義の代打で起用され、足立光宏から3号逆転サヨナラ2ラン本塁打を放つ。試合は近鉄が2-1で勝利し、連敗を6で止めた。北川は試合後、「負けていたがチームの雰囲気は良かったから打てたんです」と喜んでいた[2]1974年限りで現役を引退[1]

引退後はサラリーマン生活をしていたが、1994年より神戸製鋼コーチに就任[3]。クラブチーム「全播磨硬式野球団」コーチにも就任し、その後はアドバイザーを務めていた。2009年には関西独立リーグ明石レッドソルジャーズ監督にも就任したが、2010年8月20日、同年5月から体調を崩していた影響から休養が決定した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 近鉄 72 61 56 7 10 2 0 0 12 2 0 2 0 1 4 0 0 5 1 .179 .233 .214 .448
1965 108 126 120 4 20 2 0 0 22 2 2 1 2 0 4 0 0 10 3 .167 .194 .183 .377
1966 114 339 323 31 82 15 3 5 118 22 6 7 7 0 9 0 0 25 6 .254 .274 .365 .639
1967 123 425 388 45 97 8 2 5 124 36 5 9 5 3 23 2 6 26 3 .250 .302 .320 .622
1968 113 272 248 15 55 7 0 3 71 21 7 6 5 2 15 3 2 18 4 .222 .272 .286 .558
1969 32 34 32 1 9 1 0 1 13 6 0 0 0 0 1 0 1 2 0 .281 .324 .406 .730
1970 78 123 103 3 29 3 1 0 34 17 0 0 6 3 11 1 0 7 4 .282 .351 .330 .681
1971 74 93 83 4 19 3 0 1 25 14 0 0 0 1 6 1 3 4 5 .229 .304 .301 .606
1972 68 95 86 5 26 2 0 3 37 18 0 0 0 1 8 2 0 6 1 .302 .362 .430 .792
1973 66 67 61 0 14 0 0 0 14 16 0 0 1 1 3 0 1 8 5 .230 .277 .230 .506
1974 27 28 23 1 5 0 0 0 5 4 0 0 0 2 3 0 0 1 0 .217 .308 .217 .525
通算:11年 875 1663 1523 116 366 43 6 18 475 158 20 25 26 14 87 9 13 112 32 .240 .287 .312 .599

背番号[編集]

  • 28(1964年 - 1965年)
  • 25(1966年 - 1974年、2009年 - 2010年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、183ページ
  2. ^ 日刊スポーツ1972年7月3日北川(代打)が逆転サヨナラ2ラン
  3. ^ スポーツコミュニケーションズ 第1回 明石・北川公一「NPBに一番近い右腕・百合」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]