加藤英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 英治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1948-04-24) 1948年4月24日(69歳)
身長
体重
182 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 英治(かとう えいじ、1948年4月24日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

PL学園高校では、2年生の時に、エースとして1965年春の選抜に出場。準々決勝で高松商小坂敏彦と投げ合うが敗退[1]。同年夏の甲子園府予選では準決勝で福本豊高橋二三男のいた大鉄高に敗れる。1年上のチームメートに福嶋久晃得津高宏長井繁夫がいた。

1966年春の選抜にも連続出場するが、1回戦で、同年に春夏連覇を果たす中京商に敗れた[1]。同年夏の甲子園府予選ではまたも準々決勝で大鉄高に敗退し、甲子園出場を逸する。この時の高校同期で四番打者、一塁手であった加藤秀司は、後に「英司」と改名したため、両者を間違いやすい。他に同期では二塁手野口善男がプロ入りしている。

関西屈指の本格派右腕として注目され、速球、カーブを武器とした。

1966年第1次ドラフト会議近鉄バファローズから1位指名を受け入団。1年目に一軍に上がり8月には初先発を果たすが、翌年以降は登板機会がなく1969年引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 近鉄 4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 32 7.1 6 1 5 0 2 7 0 0 3 3 3.86 1.50
通算:1年 4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 32 7.1 6 1 5 0 2 7 0 0 3 3 3.86 1.50

背番号[編集]

  • 15 (1967年 - 1968年)
  • 46 (1969年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]