1970年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1970年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ3位
65勝59敗6分 勝率.524[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 三原脩
« 1969
1971 »

1970年の近鉄バファローズでは、1970年の近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、三原脩監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

球団初の優勝こそ逃したものの阪急に次ぐ2位に躍進したチームはドラフトで三沢高校の太田幸司をドラフト1位で獲得し、入団挨拶には佐伯勇オーナーが自ら訪れた。太田は入団後に江崎グリコのCMに起用されてチームのイメージアップに貢献したが、それでもプロの壁は厚く2ケタ勝利はならなかった。太田の入団や日本万国博覧会が大阪で開催されたこともあり、三原監督は「万博イヤーは優勝で飾る」と宣言。三原監督の宣言通りチームは5月まで首位と2.5ゲーム差の3位につけていたが、6月以降は成績が下降し阪急とのAクラス争いが続いた。その一方で前年オフに西鉄から始まったプロ野球の黒い霧事件は近鉄にも飛び火し、4番の土井正博が賭博で書類送検されまた球団職員が八百長にかかわり永久追放されるなど不祥事が続いた。チームは最終的に阪急の反撃を振り切ってAクラスは死守したが、貯金が前年より半減したのに加えて順位を1つ落とし三原監督はこの年限りで辞任した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 山田勝国
2 安井智規
3 永淵洋三
4 土井正博
5 小川亨
6 飯田幸夫
7 相川進
8 辻佳紀
9 鈴木啓示
1970年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ --
2位 近鉄 1.5 ロッテ 0.5 東映 3.0 南海 9.5 南海 9.5 南海 12.0 南海 10.5
3位 ロッテ 2.5 近鉄 2.5 南海 5.5 近鉄 13.0 阪急 11.5 阪急 16.5 近鉄 13.5
4位 南海 3.0 南海 3.0 近鉄 8.5 阪急 13.0 近鉄 11.5 近鉄 阪急 16.5
5位 阪急 3.5 阪急 4.5 阪急 10.5 東映 13.0 東映 15.0 東映 22.0 東映 24.5
6位 西鉄 4.5 西鉄 10.5 西鉄 17.5 西鉄 23.5 西鉄 24.5 西鉄 32.0 西鉄 34.0
1970年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 80 47 3 .630 -
2位 南海ホークス 69 57 4 .548 10.5
3位 近鉄バファローズ 65 59 6 .524 13.5
4位 阪急ブレーブス 64 64 2 .500 16.5
5位 東映フライヤーズ 54 70 6 .435 24.5
6位 西鉄ライオンズ 43 78 9 .367 34.0

[1]

オールスターゲーム1970[編集]

コーチ 三原脩
ファン投票 太田幸司
監督推薦 鈴木啓示 清俊彦 辻佳紀
補充選手 永淵洋三

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3][4]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
鈴木啓示 最多奪三振 247個 4年連続4度目
佐々木宏一郎 最高勝率 .773 初受賞
ベストナイン
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 市橋秀彦 投手 九州工業高 入団
2位 石渡茂 内野手 中央大学 入団
3位 中沢春雄 内野手 本田技研 入団
4位 窪田欣也 外野手 丸善石油 拒否
5位 佐野勝稔 内野手 河合楽器 入団
6位 寺田吉孝 捕手 筑紫工業高 入団
7位 高橋幸広 外野手 岐阜短期大学付属岐阜高 入団
8位 小橋英明 内野手 岡山東商業高 拒否・早稲田大学進学
9位 新井鐘律 外野手 PL学園高 交渉権放棄・法政大学進学

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1970年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 読売新聞1970年10月7日11面「佐々木(近鉄)が完全試合 対南海 プロ11人目の快挙」読売新聞縮刷版1970年10月p227
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  4. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7