水谷宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水谷 宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県一志郡美杉村(現・津市
生年月日 (1946-04-11) 1946年4月11日(71歳)
身長
体重
179 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト1位
初出場 1969年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

水谷 宏(みずたに ひろし、1946年4月11日 - )は、三重県出身の元プロ野球選手投手)。戸籍姓は新垣(にいがき)。

選手としては活躍できなかったが、打撃投手を28年間務めた。

来歴・人物[編集]

三重高等学校では創部2年目の野球部に入部し、1963年、2年生夏に投手として三重大会決勝まで進むが相可高に敗退。翌1964年の夏は県大会準々決勝で四日市高に敗れ、甲子園には届かなかった。

卒業後は全鐘紡に進み、1968年日本産業対抗野球大会では藤原真との二本柱で優勝する。同年のドラフト1位で近鉄バファローズに指名され入団。ドラフト同期には藤原をはじめ星野仙一田淵幸一山本浩司福本豊有藤通世らがいる。

入団当初は本格派投手でストレートとカーブを武器にしていた。1年目の1969年から一軍に定着し、5月には先発にも起用されるが結果を出せなかった。その後も思ったような活躍ができず、4年目にサイドスローに転向しシンカーを武器にした。1973年には主に中継ぎながら5勝を記録するが、その後は勝星に恵まれず、登板機会も漸減して1978年限りで現役引退した。

引退後、西本幸雄監督から「打撃投手をやってくれないか」と要請され、梨田昌孝佐々木恭介大石大二郎中村紀洋ら「いてまえ打線」を陰からサポートした。水谷が打撃投手として抜擢された理由は彼の投球フォームがサイドスローで、山田久志金城基泰高橋直樹といった当時ライバル球団に多くいたサイドスロー・アンダースロー投手対策だったためだという。

2006年、オリックス・バファローズの秋季キャンプをもって打撃投手を還暦で引退した。

現在は関西メディカルスポーツ学院の投手コーチ。

打撃投手として[編集]

  • 打撃投手として、1日150球で年間約4万球投げていた(28年とすると112万球になる)。選手からは「みずさん」の愛称で父のように親しまれ、60歳の定年になるまで打撃投手を務めた。もちろん球界最年長であった。
  • 長くつとめられた秘訣は節制であると語り、筋肉の退化を抑えるため好きな酒も控えて日夜トレーニングに励んでいた。
  • スコアラーも兼任しており、試合が始まるとジャージに着替え試合を観戦していた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 近鉄 24 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 149 35.0 40 2 5 0 1 12 0 0 18 16 4.11 1.29
1970 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 6 1.0 0 0 3 0 0 0 0 0 2 1 9.00 3.00
1972 10 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 61 15.0 15 2 4 1 0 2 0 0 8 6 3.60 1.27
1973 41 2 0 0 0 5 2 -- -- .714 335 82.0 71 10 29 1 3 35 0 0 34 31 3.40 1.22
1974 29 4 0 0 0 0 4 0 -- .000 235 57.0 58 8 11 1 2 26 0 0 27 24 3.79 1.21
1976 8 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 78 19.0 22 3 2 0 1 5 0 0 12 9 4.26 1.26
1978 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 4.1 3 2 0 0 0 2 0 0 3 3 6.75 0.69
通算:7年 116 10 0 0 0 5 12 0 -- .294 879 213.1 209 27 54 3 7 82 0 0 104 90 3.80 1.23

背番号[編集]

  • 31 (1969年 - 1978年)
  • 83 (1979年 - 1985年)
  • 93 (1986年 - 1990年)
  • 103 (1991年 - 2006年)

関連情報[編集]

出演[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]