秋山重雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋山 重雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1946-05-05) 1946年5月5日(71歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1968年 ドラフト4位
初出場 1969年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

秋山 重雄(あきやま しげお、1946年5月5日 - )は、岡山県出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

倉敷工業高校では1963年、2年生の時に二塁手、三番打者として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、岡山東商に敗退。翌1964年春の甲子園に出場[1]、2回戦(初戦)で金沢高に敗れる。高校同期に菱川章(中退)、杉本郁久雄、羽村起夫がいる。

高校卒業後は、立教大学へ進学。1966年春季リーグでは槌田誠小川亨らとともに、7年ぶりの優勝を果たす。東京六大学リーグ通算66試合出場、248打数66安打、打率.266、4本塁打、23打点。ベストナイン2回(二塁手)。

1968年ドラフト会議近鉄バファローズから4位指名を受け、入団。1969年7月には、新人ながら二塁手として先発起用され、同年のジュニアオールスターにも出場するが、打撃面で伸び悩み二軍暮らしが長かった。しかし1976年には主に二塁手として18試合に先発出場するなど、内野のユーティリティプレイヤーとして活躍。1977年限りで引退

その後は一時期KBS京都の野球解説者をつとめ、西本幸雄監督最後の試合の解説も担当した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 近鉄 10 10 8 1 1 1 0 0 2 1 0 0 1 0 1 0 0 4 0 .125 .222 .250 .472
1970 14 19 18 2 3 1 0 1 7 1 1 0 0 0 1 0 0 8 1 .167 .211 .389 .599
1971 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- ----
1973 5 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .143 .143 .143 .286
1974 4 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .500 .000 .500
1975 17 23 22 4 5 1 0 1 9 3 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .227 .261 .409 .670
1976 61 74 70 9 12 1 1 0 15 3 3 2 1 0 2 0 1 19 2 .171 .205 .214 .420
1977 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 113 137 127 16 22 4 1 2 34 8 4 2 2 0 7 0 1 43 3 .173 .222 .268 .490

背番号[編集]

  • 29 (1969年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、9ページ

関連項目[編集]