服部敏和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
服部 敏和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県清水市
生年月日 (1948-02-13) 1948年2月13日(69歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手 内野手
プロ入り 1968年 ドラフト10位
初出場 1969年
最終出場 1982年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

服部 敏和(はっとり としかず、1948年2月13日 - )は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身の元プロ野球選手ユーティリティプレイヤーとして知られ、捕手以外の内外野全般をこなした。

来歴・人物[編集]

静岡高校では、1年生時の1963年左翼手として小田義人らと共に夏の甲子園に出場し、2回戦で銚子商業高校に敗退[1]1965年春の選抜では中堅手として準々決勝まで進出するが、岡山東商業高校(主戦は平松政次)に完封負けを喫する[2]。高校での同期に小田の他、佐藤竹秀がいる。高校卒業後は立教大学に進学し、東京六大学野球リーグでは1年生からレギュラー外野手となる。1966年春季リーグでは、優勝を経験。しかし同大学を2年で中退し、日本楽器(現・ヤマハ)に入社した。

1968年、ドラフト10位指名で近鉄バファローズに入団。1969年には、ジュニアオールスターゲームに出場した。1970年に一軍に定着し71試合に先発出場、主にチャンスメーカーとして三塁手外野手をこなす。1973年は外野手に専念、規定打席には届かなかったが、打率.321の好記録を残す。翌年は退団したジム・クォルスに代わり二塁手に回される。1975年のシーズンオフに、永淵洋三市橋秀彦と共に阪本敏三八重沢憲一との交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。日本ハムでも主に外野手の準レギュラーとして長く活躍、1981年巨人との日本シリーズ第1戦では、同点の9回裏にを中前打を放ち、代打井上弘昭のサヨナラ安打でホームインを果たす。1982年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 近鉄 39 47 39 5 12 2 0 1 17 4 1 0 5 0 1 0 2 10 2 .308 .357 .436 .793
1970 100 301 279 32 67 10 2 6 99 14 15 6 12 1 9 0 0 52 1 .240 .263 .355 .618
1971 103 276 250 25 54 7 3 4 79 20 14 6 12 0 12 0 2 36 6 .216 .258 .316 .574
1972 109 179 159 16 28 3 1 2 39 12 8 8 5 2 12 0 1 32 0 .176 .236 .245 .481
1973 121 322 293 29 94 14 5 4 130 16 9 9 8 1 19 0 1 37 3 .321 .363 .444 .807
1974 95 278 248 17 54 5 1 2 67 15 12 4 9 1 17 1 3 40 7 .218 .275 .270 .545
1975 90 40 36 11 10 2 0 0 12 2 1 3 0 0 4 0 0 8 2 .278 .350 .333 .683
1976 日本ハム 90 188 170 20 36 4 2 3 53 18 4 4 4 2 10 0 2 18 1 .212 .261 .312 .573
1977 60 135 118 11 33 2 1 1 40 8 5 4 6 0 9 0 2 11 4 .280 .341 .339 .680
1978 79 128 114 16 28 6 0 2 40 8 3 2 6 0 7 0 1 14 5 .246 .295 .351 .646
1979 54 51 43 5 9 1 0 0 10 5 0 0 5 0 3 0 0 6 2 .209 .261 .233 .493
1980 98 128 112 12 34 6 1 2 48 18 4 3 6 1 6 0 3 10 5 .304 .352 .429 .781
1981 103 140 120 13 27 6 0 0 33 17 4 2 5 2 8 0 5 18 2 .225 .296 .275 .571
1982 100 94 84 16 15 2 0 0 17 3 0 1 1 0 7 0 2 10 3 .179 .258 .202 .460
通算:14年 1241 2307 2065 228 501 70 16 27 684 160 80 52 84 10 124 1 24 302 43 .243 .292 .331 .623

記録[編集]

  • 通算1000試合出場 1980年8月6日(218人目)

背番号[編集]

  • 45 (1969年 - 1971年)
  • 23 (1972年 - 1975年)
  • 2 (1976年 - 1978年)
  • 28 (1979年 - 1982年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]