阪本敏三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阪本 敏三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 (1943-07-13) 1943年7月13日
没年月日 (2022-03-22) 2022年3月22日(78歳没)
身長
体重
170 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手遊撃手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト5位
初出場 1967年4月25日
最終出場 1980年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 南海ホークス (1980)
  • 近鉄バファローズ (1984 - 1996)

阪本 敏三(さかもと としぞう、1943年7月13日 - 2022年3月22日)は、京都府京都市伏見区出身のプロ野球選手内野手)・コーチ解説者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

平安高校では1961年春の選抜遊撃手として出場。準決勝に進出するが、法政二高柴田勲村上雅則の継投に抑えられ敗退[1]。高校同期に捕手林健造がいる。

高校卒業後は立命館大学へ進学し、関西六大学野球リーグでは3度優勝。1965年全日本大学野球選手権大会では、決勝でエース芝池博明を擁する専大に敗れ準優勝。リーグ通算95試合出場、372打数102安打、打率.274、0本塁打。リーグ記録の60盗塁を記録し7季連続盗塁王となる。大学卒業後は東映フライヤーズからドラフト5位指名を受けるも入団せず、河合楽器へ入社。1966年都市対抗野球に遊撃手、五番打者として出場。1回戦で西濃運輸に敗退[2]。この時のチームメイトに武上四郎岡村晃らがいた。

現役時代[編集]

1966年のドラフトの第二次の5位で阪急ブレーブスに指名され、入団。1967年は新人ながら5月下旬から山口富士雄に代わって二番打者・遊撃手に定着、打率.272、9本塁打を記録しリーグ初優勝に力を添える。巨人との日本シリーズでは全6試合に先発出場、日本一は逃すが第4戦では渡辺秀武からの3点本塁打を含む3安打4打点と活躍した。

1968年には初めて規定打席に到達し、ベストテン9位となる打率.278の好成績を挙げる。また50盗塁を記録し、ベストナイン(遊撃手)に選出された。その後も、1971年まで4年連続でベストナインに選ばれるなど阪急第1次黄金時代の遊撃手として4回のリーグ優勝に貢献した。この間、1969年に47盗塁で盗塁王に輝いている。同年の巨人との日本シリーズでは24打数7安打4打点、第3戦で高橋明から本塁打を放つ。1968年から1971年まで日本シリーズ12試合連続得点を記録し、2020年現在も記録保持者である[3]。また、1968年から1972年まで5回連続でオールスターに出場している。

しかし、1971年の日本シリーズの1勝1敗で迎えた第3戦、阪急先発の山田久志の好投により1-0で阪急リードの9回裏二死一塁の場面で、長嶋茂雄の二塁寄りのゴロを追い付くことができず中前安打としてしまう。山田は次打者の王貞治に逆転サヨナラ3点本塁打を打たれ敗れ、阪急はその後ずるずると連敗を喫して日本一を逃した。阪本が長嶋の打球を止められなかったことが直接のきっかけではあったが、阪急首脳陣としては日本一に向けて遊撃の守備を一層強化すべきとの結論に達し[4]、遊撃守備に定評があった大橋穣に加えて種茂雅之とのトレードで、阪本は岡村浩二佐々木誠吾とともに東映へ移籍した。

1972年は遊撃手、チャンスメーカーとして活躍、同年のオールスター第2戦では堀内恒夫から2点本塁打を放ちMVPを獲得した。1973年にはジム・レドモンが入団し三塁手に回る。同年はリーグ8位の打率.280を記録。1975年には大下剛史広島に移籍したため、開幕から二塁手、一番打者に起用される。

1976年永淵洋三服部敏和市橋秀彦との交換トレードで、八重沢憲一とともに近鉄バファローズへ移籍、ここでも二塁手として活躍した。

1979年南海ホークスへ移籍。同年は指名打者や代打として打率.311を記録した。1980年からはコーチを兼任。1981年開幕直前に現役引退。

現役引退後[編集]

引退後はKBS京都近鉄エキサイトアワー」解説者(1982年 - 1983年)を経て、近鉄に復帰。一軍守備・走塁コーチ(1984年)、二軍守備・走塁コーチ(1985年 - 1987年)、二軍走塁コーチ(1988年 - 1989年)、二軍打撃・走塁コーチ(1990年 - 1991年)、二軍打撃兼トレーニングコーチ(1992年 - 1993年)、一軍打撃コーチ(1994年 - 1995年)、二軍打撃コーチ(1996年)、育成担当(1997年 - 1998年)、編成部課長(1999年 - 2000年)、「球友寮」寮監(2001年 - 2003年)を歴任。京都府K-Ball少年野球連盟の常務理事を務めた。

2022年3月22日、パーキンソン病のため兵庫県内の病院で死去[5]。78歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 阪急 102 357 323 50 88 17 7 9 146 24 9 8 7 0 26 0 1 23 2 .272 .329 .452 .781
1968 130 562 493 74 137 24 5 7 192 48 50 7 18 2 44 0 5 44 8 .278 .342 .389 .731
1969 129 558 504 75 143 25 3 13 213 40 47 10 17 4 31 1 2 40 10 .284 .325 .423 .748
1970 127 517 447 67 109 23 1 7 155 44 28 6 12 3 53 0 2 30 6 .244 .325 .347 .672
1971 127 550 479 72 135 16 1 15 198 56 36 6 23 5 41 2 2 24 6 .282 .338 .413 .751
1972 東映
日拓
日本ハム
126 566 496 75 138 13 1 16 201 62 6 6 21 4 41 0 4 30 12 .278 .336 .405 .741
1973 130 530 478 60 128 20 0 10 178 41 7 7 8 4 37 1 3 32 6 .268 .322 .372 .694
1974 109 433 393 38 110 20 2 10 164 47 16 6 8 3 26 0 3 41 8 .280 .327 .417 .744
1975 96 403 353 47 92 16 1 6 128 27 10 4 11 1 38 2 0 27 4 .261 .332 .363 .694
1976 近鉄 109 335 299 25 75 12 1 1 92 19 5 4 7 1 25 2 3 21 8 .251 .314 .308 .622
1977 93 237 212 19 61 6 2 1 74 12 16 3 6 0 16 2 3 16 5 .288 .346 .349 .695
1978 43 59 54 5 10 1 0 0 11 5 7 1 2 0 3 1 0 7 2 .185 .228 .204 .432
1979 南海 61 150 135 22 42 7 0 0 49 12 5 2 1 1 13 0 0 10 3 .311 .369 .363 .732
1980 65 150 130 20 35 4 0 2 45 12 1 3 3 1 12 0 4 10 3 .269 .347 .346 .693
通算:14年 1447 5407 4796 649 1303 204 24 97 1846 449 243 73 144 29 406 11 32 355 83 .272 .331 .385 .716
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000本安打:1975年4月26日、対阪急ブレーブス前期6回戦(阪急西宮球場)、7回表に米田哲也から右翼線二塁打 ※史上88人目
  • 1000試合出場:1975年4月29日、対南海ホークス前期4回戦(後楽園球場)、1番・二塁手として先発出場 ※史上179人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 4 (1967年 - 1971年、1976年 - 1978年)
  • 2 (1972年 - 1975年)
  • 29 (1979年 - 1981年)
  • 62 (1984年 - 1985年)
  • 82 (1986年 - 1996年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 日本シリーズの記録訂正 NPB 時事通信
  4. ^ 『プロ野球トレード光と陰』82頁
  5. ^ “元阪急の阪本敏三氏が死去、78歳 黄金時代を知る職人肌の男、静かに旅立つ”. 日刊スポーツ. (2022年4月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204250000550.html 2022年4月25日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]