第45回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第45回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1963年8月9日 - 8月20日
出場校 48校
参加校数 2,107校
優勝校 明星大阪、初優勝)
試合数 47試合
選手宣誓 小原千秋(岩手花巻北
始球式 灘尾弘吉文部大臣
大会本塁打 12本塁打
 < 19621964 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第45回全国高等学校野球選手権大会(だい45かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1963年8月9日から8月20日(雨で2日順延)まで甲子園球場阪急西宮球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

第45回記念大会として、第40回大会と同じく、各都道府県の代表校に沖縄(当時アメリカ施政下にあった)の代表校を加えた48校が出場した。第40回大会と同じく日程が延びすぎないよう3回戦までは阪急西宮球場も使用した[1]

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北北海道 釧路商 初出場
南北海道 函館工 6年ぶり4回目
青森 東奥義塾 5年ぶり2回目
岩手 花巻北 初出場
宮城 仙台育英 初出場
秋田 能代 初出場
山形 日大山形 初出場
福島 磐城 初出場
茨城 水戸工 初出場
栃木 足利工 7年ぶり2回目
群馬 桐生 5年ぶり12回目
埼玉 大宮 3年ぶり4回目
千葉 銚子商 2年ぶり3回目
東京 日大一 初出場
神奈川 横浜 初出場
新潟 新潟商 5年ぶり5回目
富山 富山商 23年ぶり2回目
石川 金沢泉丘 10年ぶり4回目
福井 若狭 4年ぶり4回目
山梨 甲府商 5年ぶり2回目
長野 松商学園 4年ぶり16回目
岐阜 大垣商 初出場
静岡 静岡 3年ぶり14回目
愛知 中京商 3年連続13回目
地方大会 代表校 出場回数
三重 相可 初出場
滋賀 長浜北 初出場
京都 京都商 23年ぶり4回目
大阪 明星 40年ぶり4回目
兵庫 市西宮 初出場
奈良 高田商 初出場
和歌山 南部 初出場
鳥取 米子南 初出場
島根 大社 2年ぶり6回目
岡山 岡山東商 12年ぶり2回目
広島 広陵 2年連続7回目
山口 下関商 16年ぶり6回目
香川 丸亀商 初出場
徳島 徳島商 2年連続8回目
愛媛 今治西 45年ぶり2回目
高知 高知 6年ぶり3回目
福岡 柳川商 初出場
佐賀 武雄 初出場
長崎 海星 2年ぶり3回目
熊本 九州学院 初出場
大分 津久見 8年ぶり3回目
宮崎 宮崎商 初出場
鹿児島 鹿児島 初出場
沖縄 首里 5年ぶり2回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

試合日 球場 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月9日 甲子園 第1試合 静岡 4 - 1 市西宮
第2試合 新潟商 1 - 0 鹿児島
第3試合 桐生 1 - 0 米子南
8月10日 甲子園 第1試合 中京商 4 - 3 津久見
第2試合 宮崎商 8 - 1 函館工
第3試合 松商学園 3 - 2 京都商
第4試合 徳島商 9 - 2 日大一
西宮 第1試合 銚子商 12 - 1 柳川商
第2試合 岡山東商 2 - 1 水戸工
第3試合 甲府商 10 - 2 武雄
8月12日 甲子園 第1試合 高田商 8 - 5 釧路商
第2試合 磐城 5 - 1 丸亀商
第3試合 相可 6 - 2 大社
西宮 第1試合 大宮 7 - 1 海星
第2試合 下関商 1 - 0 富山商
第3試合 能代 12 - 1 長浜北

2回戦[編集]

試合日 球場 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月13日 甲子園 第1試合 横浜 3 - 1 若狭
第2試合 明星 6 - 0 大垣商
第3試合 九州学院 21 - 3 足利工
西宮 第1試合 首里 4 - 3 日大山形
第2試合 南部 2 - 0 金沢泉丘
第3試合 広陵 3 - 0 花巻北
8月14日 甲子園 第1試合 今治西 9 - 4 仙台育英
第2試合 銚子商 4 - 3 静岡
第3試合 下関商 5 - 0 松商学園
西宮 第1試合 東奥義塾 4x - 3 高知 延長10回
第2試合 高田商 4 - 2 徳島商
第3試合 中京商 8 - 1 大宮
8月15日 甲子園 第1試合 桐生 5 - 0 新潟商
第2試合 磐城 2 - 1 相可
西宮 第1試合 岡山東商 5 - 1 能代
第2試合 甲府商 2 - 1 宮崎商

3回戦[編集]

試合日 球場 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月15日 甲子園 第3試合 横浜 3 - 2 中京商
西宮 第3試合 下関商 8 - 0 首里
8月16日 甲子園 第1試合 今治西 3 - 1 東奥義塾
第2試合 高田商 1 - 0 広陵
第3試合 銚子商 5x - 4 磐城 延長10回
西宮 第1試合 九州学院 1 - 0 岡山東商
第2試合 桐生 9 - 4 南部
第3試合 明星 11 - 0 甲府商

準々決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月18日 第1試合 下関商 2 - 1 桐生
第2試合 今治西 3 - 0 銚子商
第3試合 明星 4x - 3 九州学院
第4試合 横浜 2x - 1 高田商 延長10回

準決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月19日 第1試合 明星 5 - 0 横浜
第2試合 下関商 3x - 2 今治西

決勝[編集]

8月20日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
明星 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 1
下関商 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7 2
  1. (明) : 堀川、角田 - 和田
  2. (下) : 池永 - 秋田
  3. 審判:球審…米谷、塁審…山本・大橋・河合
  4. 試合時間:2時間13分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:田中達彦(銚子商)
  • 第2号:伊藤一男(銚子商)
  • 第3号:山口勝博(柳川商)
  • 第4号:原口二郎(武雄)
  • 第5号:永野孝男(大宮)
  • 第6号:和田徹(明星)
  • 第7号:滝川陽一(九州学院)
  • 第8号:福島正文(九州学院)
  • 第9号:津村亨(高田商)
  • 第10号:稲垣純二(甲府商)
  • 第11号:北村琢磨(中京商)
  • 第12号:西村毅(下関商)

脚注[編集]

  1. ^ 選手権大会が甲子園球場以外で開催されたのはこの大会が最後となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]