第77回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第77回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1995年8月7日 - 8月21日
出場校 49校
参加校数 4,098校
優勝校 帝京東東京、6年ぶり2回目)
試合数 48試合
選手宣誓 坂本慎太郎(日田
始球式 与謝野馨文部大臣
総入場者数 約737,000人(1試合平均15,354人)
最高入場者数/1日 80,000人
大会本塁打 13本塁打
 < 19941996 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第77回全国高等学校野球選手権大会は、1995年8月7日から8月21日まで阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

  • キャッチフレーズ 「君の勇気に会いに行く。
  • 柳川(福岡)の高木功美子が甲子園大会では史上初めて、女性の野球部長(責任教師)としてベンチ入りした。
  • この大会より第1回抽選で1回戦から3回戦までの対戦校が決まるシステムに変更される。なお準々決勝及び準決勝はその都度抽選で決定された。但し、準々決勝の抽選会においては、前年迄と同じく3回戦最後の試合の勝者が準々決勝最初の試合に当たらないように配慮される。
  • また1日4試合開催の場合、第一試合の開始時刻が前年迄の8時から、この大会より30分繰り下げ8時30分に試合開始へ変更となった。
    • 当初、この大会は8月8日から開催する方針で準備していたが、1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)発生により交通機関のマヒ(特に、阪神高速道路3号神戸線の一部区間の橋脚落下による通行止め規制が当時実施されていた)や、復旧作業の影響を最小限に留めること、また出場校の保護者・関係者の地元からの移動スケジュールへの負担を減らす目的で、開会日を1日前倒して8月7日から実施となる。その上で、1回戦は従来の1日最多4試合から、この大会のみ1日最多3試合で行われる日程が組まれた(2・3回戦と準々決勝は従来通り1日最多4試合で開催)。
  • この大会より両耳の打者ヘルメットの着用が義務化される。

日程[編集]

  • 8月5日 - 組み合わせ抽選会。
  • 8月21日 - 東東京代表の帝京が優勝。

出場校[編集]

東日本
地方大会 代表校 出場回数
北北海道 旭川実 初出場
南北海道 北海道工 初出場
青森 青森山田 2年ぶり2回目
岩手 盛岡大付 初出場
秋田 金足農 11年ぶり2回目
山形 東海大山形 6年ぶり6回目
宮城 仙台育英 2年連続13回目
福島 磐城 10年ぶり7回目
茨城 水戸商 2年連続8回目
栃木 宇都宮学園 4年ぶり7回目
群馬 桐生第一 2年ぶり2回目
埼玉 越谷西 初出場
千葉 銚子商 10年ぶり11回目
東東京 帝京 3年ぶり6回目
西東京 創価 2年連続4回目
神奈川 日大藤沢 初出場
山梨 山梨学院大付 初出場
静岡 韮山 初出場
愛知 享栄 2年ぶり8回目
岐阜 県岐阜商 3年ぶり21回目
三重 三重 3年ぶり8回目
新潟 六日町 初出場
長野 佐久長聖 2年連続2回目
富山 高岡商 3年ぶり14回目
西日本
地方大会 代表校 出場回数
石川 星稜 2年連続13回目
福井 敦賀気比 2年連続2回目
滋賀 比叡山 12年ぶり5回目
京都 京都成章 初出場
大阪 PL学園 8年ぶり11回目
兵庫 尼崎北 初出場
奈良 智弁学園 6年ぶり8回目
和歌山 田辺 初出場
岡山 関西 2年連続5回目
広島 宮島工 初出場
鳥取 倉吉東 初出場
島根 江の川 2年連続5回目
山口 下関商 14年ぶり8回目
香川 観音寺中央 初出場
徳島 鳴門 15年ぶり5回目
愛媛 松山商 5年ぶり24回目
高知 高知商 2年ぶり20回目
福岡 柳川 4年ぶり5回目
佐賀 龍谷 15年ぶり2回目
長崎 長崎日大 2年ぶり2回目
熊本 城北 2年ぶり2回目
大分 日田 初出場
宮崎 日南学園 初出場
鹿児島 鹿児島商 7年ぶり13回目
沖縄 沖縄水産 4年ぶり8回目

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 3回戦[編集]

- 2回戦 3回戦
                   
 
8月12日(3)
 
 沖縄水産 1
 東海大山形 4
 
8月17日(1)
 
 東海大山形 6
 帝京 8
 
8月12日(4):延長10回
 
 帝京 2
 
 日南学園 1
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月13日(1):延長13回
 
 尼崎北 6
 青森山田 7x
 
8月17日(2)
 
 青森山田 2
 智弁学園 5
 
8月13日(2)
 
 高岡商 0
 
 智弁学園 10
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月13日(3)
 
 京都成章 2
 創価 4
 
8月17日(3)
 
 創価 6
 下関商 0
 
8月13日(4)
 
 三重 1
 
 下関商 3
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月14日(1)
 
 星稜 3
 県岐阜商 0
 
8月17日(4)
 
 星稜 4
 関西 2
 
8月14日(2)
 
 宮島工 0
8月7日(1)  
 関西 11
 関西 8x     
 仙台育英 7     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月7日(2)
 六日町 2
8月14日(3)
 柳川 8
 柳川 4
8月7日(3)
 享栄 0
 日田 1
8月18日(1):延長15回
 享栄 9
 柳川 1
8月8日(1)
 敦賀気比 2x
 敦賀気比 6
8月14日(4)
 磐城 1
 敦賀気比 4
8月8日(2)  
 山梨学院大付 1
 山梨学院大付 7     
 鳴門 5     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(3)
 長崎日大 2
8月15日(1)
 佐久長聖 4
 佐久長聖 2
8月9日(1)
 金足農 4
 倉吉東 4
8月18日(2)
 金足農 11
 金足農 8
8月9日(2)
 韮山 6
 越谷西 7
8月15日(2)
 龍谷 1
 越谷西 1
8月9日(3)  
 韮山 6
 田辺 2     
 韮山 12     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月10日(1)
 松山商 4
8月15日(3)
 旭川実 5
 旭川実 15
8月10日(2)
 鹿児島商 13
 水戸商 3
8月18日(3)
 鹿児島商 8
 旭川実 4
8月10日(3)
 銚子商 2
 高知商 7
8月16日(1)
 盛岡大付 5
 高知商 0
8月11日(1)  
 銚子商 3
 江の川 1     
 銚子商 7     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月11日(2)
 日大藤沢 4
8月16日(2):延長11回
 比叡山 1
 日大藤沢 4x
8月11日(3)
 観音寺中央 3
 観音寺中央 8
8月18日(4)
 宇都宮学園 6
 日大藤沢 5
8月12日(1):延長11回
 PL学園 10
 城北 3
8月16日(3)
 桐生第一 2
 城北 1
8月12日(2)  
 PL学園 3
 北海道工 3     
 PL学園 12     

準々決勝[編集]

8月19日

  • 帝京 8 - 3 創価
  • 星稜 6 - 3 金足農
  • 智弁学園 8 - 6 PL学園
  • 敦賀気比 3 - 2 旭川実

準決勝[編集]

8月20日

  • 星稜 3 - 1 智弁学園
  • 帝京 2 - 0 敦賀気比

決勝[編集]

8月21日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
星稜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 2
帝京 0 0 2 0 0 0 0 1 X 3 7 1
  1. (星) : 山本 - 三浦
  2. (帝) : 白木 - 坂本
  3. 審判:球審…田中、塁審…岡本・清水幹・鹿多
  4. 試合時間:2時間5分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:手島洋(柳川)
  • 第2号:徳山誠一郎(龍谷)
  • 第3号:寺田知弘(日大藤沢)
  • 第4号:渡辺浩司(宇都宮学園)
  • 第5号:福留孝介(PL学園)
  • 第6号:福留孝介(PL学園)
  • 第7号:高森雅人(関西)
  • 第8号:飯田充喜(韮山)
  • 第9号:岡田隆紀(旭川実)
  • 第10号:吉野直樹(帝京)
  • 第11号:白木隆之(帝京)
  • 第12号:長津慶吾(星稜)
  • 第13号:庄田隆弘(智弁学園)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]