高嶋仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙嶋仁」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙嶋 仁
智弁学園和歌山高等学校 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県
生年月日 (1946-05-30) 1946年5月30日(71歳)
選手情報
ポジション 投手外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

髙嶋 仁(たかしま ひとし、1946年5月30日 - )は、智弁学園和歌山高等学校野球部監督。長崎県五島列島出身。

経歴[編集]

長崎海星高校時代に、投手兼外野手として1963、1964年の全国高等学校野球選手権大会に出場。その時指導者として再び甲子園に立つことを決意し、一浪(父親に進学を許されず、父親が営む製氷工場で1年間働いて許可をもらえた)を経て1966年に日本体育大学体育学部体育学科に入学。学友会日本体育大学硬式野球部首都大学野球連盟所属加盟校)に入部、大学でも活躍2年次には大学界の強豪東海大学に勝ち優勝している。ポジションは外野手。4年時には主将を務めたが、首都大学野球リーグ戦では6大学中4位に終わった。

1970年に大学卒業後、当時の上平雅史監督の指示により、先輩の赤松健守が監督を務めていた智弁学園高校のコーチとなる。1972年に同校監督に就任し、選抜高等学校野球大会ベスト4などの結果を残す。1980年に智弁和歌山へ転任、現在も監督を務める。1994年に選抜優勝。1997年、2000年の全国高等学校野球選手権大会で優勝。1996年、2000年の選抜と2002年の選手権は準優勝。2006年の選手権で中村順司PL学園元監督)に次ぐ監督通算50勝および史上初の夏30勝を記録。

長らく保健体育科教諭で生徒指導委員も務めていた。教諭を定年となった2007年春から、学校法人智辯学園の理事に就任。翌年の2008年9月10日、同月にあったとされる部員2人(うち1人は岡田俊哉[1])に対する暴力事件により、3ヶ月の謹慎処分を受け退任した。そして9月10日付けで、それまでコーチを務めていた鈴木幸雄が監督に就任したが、その後謹慎を終えた高嶋は、同年12月9日に再び監督に復帰し、鈴木はコーチの座に戻った[2]。この謹慎期間中に四国八十八箇所を巡拝していたことがスポーツ新聞にて報じられた(白夜書房「野球小僧」によると、四国八十八箇所巡拝を知った上甲正典馬淵史郎といった四国の名監督から励ましを受けたと言われる)。

2009年の第91回全国高等学校野球選手権大会で2勝を挙げ、中村と並び通算最多タイとなる58勝目を記録したが、59勝目を賭けた3回戦で敗れ、記録更新は持ち越しとなった。

2010年3月23日第82回選抜高等学校野球大会の1回戦で高岡商業戦で6-1と勝利し、史上最多記録の監督59勝目を達成した。2011年第83回選抜高等学校野球大会の1回戦で21世紀枠で出場の佐渡高校に勝利し、監督60勝目を達成した。2012年の夏は戦後全国最多の8年連続で甲子園を達成。

9連覇がかかった2013年は夏の和歌山大会3回戦で紀北工業に敗れてしまい、9年連続出場を達成することが出来なかった。また翌年の夏の和歌山大会決勝戦においては、2014年第96回大会で市立和歌山に敗れるまで負けなしの決勝戦20連勝を誇っていた。

2015年は夏の和歌山大会で優勝して、3年ぶりに甲子園出場を決めた。第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し、なおこの大会では1回戦で津商業に敗退した。

監督として[編集]

高嶋の野球のモットーは「常に全力を出し切る」。県大会では試合中ベンチに座っているが、甲子園では、ベンチの前で表情をあまり変えずに、腕を組んで仁王立ちしている。理由は「いいプレーやエラーがあった時に、その表情や仕草をカメラに映されるのが嫌だから」、「前に立つようにしたら勝ちだしたから」などと話している。

チーム編成の基本は、ユーティリティープレイヤーが多い。投手、野手は複数のポジションを守れるようしている。投手の複数制については第68回選抜高等学校野球大会で全試合に登板したエースの高塚信幸が肩を故障したことが原因で一人の投手に頼らないという考えからである。エース番号でない選手が実質的エースの場合もあり、そういった選手が主戦投手となることも珍しくない(2000年優勝の山野純平・背番号9、2008年ベスト8の岡田俊哉など)。また、2005~2008年のように野手番号や二桁番号の投手を先発させ、エース番号の投手を抑えに回したケースもある。そのような起用法もあってか、高校野球では珍しく、控え投手が投手専任ではなく内外野を守るケースも多い(2006年のように控え投手が全て野手兼任だったこともある)。智弁和歌山の部員は中学時代までに無名の選手も少なくないが、特に打撃面で大きな伸びをみせ主力となっていく。複数投手制は特に夏において威力を発揮する。特に戦後最多の8年連続甲子園出場を果たした2012年夏の和歌山大会決勝戦では延長14回の末、勝利を果たすのだが智弁和歌山は3投手をリレーし好投したのに対して、相手校の投手はそれまでの5試合も合わせるとすでに800球前後の球数を放っていた。試合後のインタビューでも勝因については「ピッチャーの数の差。元気なピッチャーをどんどんつぎ込めた」と語った。

采配は継投策をとることもあれば、先発投手を終盤ぎりぎりまで引っぱることもあり、試合展開によって使い分ける。先発投手の調子が悪いと判断したときは1回でも降板させることもある。また伝令や選手交代、攻守交替時での指示が勝利につながった例も数多く、その優れた采配力は同じ高校野球指導者である木内幸男や元プロ野球監督の野村克也が絶賛するほどである。

攻撃力が注目されがちだが、本来高嶋が目指す野球とは投手を中心とした守りの野球で、選手がギリギリで捕れそうで捕れないところに打つノック技術を持つ。甲子園でも数多くのファインプレーが勝利につながっている。攻撃では、より早い回で先取点を取り精神的優位に試合を進める為、いつも先攻を選ぶ。

智弁和歌山は全国制覇を果たす反面、早い時期に負けてしまうこともある。中には地方大会初戦で負けることもある。甲子園初出場の1985年春から1992年夏までは、5大会連続で初戦敗退が続いた。甲子園でなかなか一勝を上げられない頃、甲子園球場の観客に「また負けに来たのか」と野次られ、目標を甲子園出場にしていた事に気付き、それ以降甲子園で優勝することを目標に掲げることとなる。指導方針として県大会直前に遠征を含めたオーバーワークスケジュールを意図的に組んでいる[3]。そのため、夏の県大会序盤では苦戦を強いられるケースが多い[4]

長崎日大高等学校野球部総監督の的野和男は高嶋の高校時代に海星のコーチを務めていたため師弟関係にある[5]。対決は高嶋が智弁和歌山を率い2000年秋の国体で実現した。試合結果は5-16(大会規定によりコールド無し)と的野率いる長崎日大に軍配があがった。高校時代の師弟が国体で対戦したケースはこれが唯一である。2003年夏には甲子園3回戦で再戦する可能性があったがこの時は両チームともに3回戦までに揃って姿を消し師弟対決は実現しなかった。

甲子園での成績[編集]

大会名 出場校 回数 成績 備考
選抜高等学校野球大会 智辯学園 2回 5勝2敗
智辯和歌山 11回 22勝11敗 優勝1回(1994年
全国高等学校野球選手権大会 智辯学園 1回 2勝1敗
智辯和歌山 21回 35勝19敗 優勝2回(1997年2000年
通算 34回 64勝33敗 優勝3回、勝率.670

脚注[編集]

  1. ^ 智弁和歌山37年指揮 高嶋仁監督に聞く勇退報道と後継者”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2017年8月13日閲覧。
  2. ^ 智弁和歌山の高嶋監督が部員に暴力=学校が謹慎処分、秋季大会は新監督で”. 時事通信. 2008年9月10日閲覧。
  3. ^ 夏が進むに連れて、体を楽に感じさせるようにするため。
  4. ^ 例年以上の猛暑に見舞われた2010年は疲労が抜けきれなかったためか県大会序盤から持ち前の強力打線が鳴りを潜め甲子園でも初戦敗退だった。
  5. ^ 中学・高校の先輩・後輩という関係でもある。

関連項目[編集]