全国高等学校野球選手権大会 (徳島県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権大会における徳島県勢の成績について記す。

大会結果[編集]

太字は優勝校

中等学校優勝野球大会[編集]

  • 徳島県初の野球部は1898年にできた徳島中(現:城南高)野球部である。翌1899年には香川県の高松中や丸亀中に遠征している。中等学校野球時代の徳島県では徳島中と徳島商の対戦が「徳島の早慶戦」と呼ばれ大変な盛り上がりを見せていた。
  • 中等学校野球時代の全国大会出場権は四国四県の学校による全国中等学校優勝野球大会四国大会の優勝校1校に与えられていた。県勢は当時レベルの高かった香川・愛媛の北四国勢に阻まれ続け、全国大会への出場は2回のみで、いずれも初戦で敗退している。しかし戦時中の1942年に特別ルールで行われた文部省主催の全国大会では徳島商が四国代表として全国優勝している(詳細は1942年の全国中等学校野球大会参照)。
大会(年度) 代表校 試合結果
第23回大会(1937年) 徳島商(初出場) 2回戦 0 - 1 海草中
第26回大会(1940年) 徳島商(3年ぶり2回目) 1回戦 2 - 3 松本商

全国高等学校野球選手権大会(南四国代表)[編集]

  • 第30回大会(1948年)からは徳島と高知の両県による南四国大会優勝校が全国大会に出場した。第32回大会に出場した鳴門は県勢の夏初勝利を上げると、そのまま一気に決勝に進出した。その強力な打線は「うず潮打線」と呼ばれた。第40回大会では徳島商が初めて決勝に進出した。準々決勝・魚津戦での板東英二投手と村椿輝雄投手による投手戦は名勝負として語り継がれる。
大会(年度) 代表校 試合結果
第31回大会(1949年) 城東[1](9年ぶり3回目) 2回戦 3 - 9 湘南
第32回大会(1950年) 鳴門(初出場) 1回戦 4 - 2 明石
2回戦 10 - 9 新宮
準々決勝 8 - 7 米子東
準決勝 9 - 6 済々黌
決勝 8 - 12 松山東
第34回大会(1952年) 鳴門(2年ぶり2回目) 2回戦 1 - 3 松山商
第38回大会(1956年) 徳島商(7年ぶり4回目) 1回戦 0 - 4 平安
第40回大会(1958年) 徳島商(2年ぶり5回目) 2回戦 3 - 0 秋田商
3回戦 3 - 1 八女
準々決勝 0 - 0 魚津(延長18回)
3 - 1 魚津(再試合)
準決勝 4 - 1 作新学院
決勝 0 - 7 柳井
第42回大会(1960年) 徳島商(2年ぶり6回目) 1回戦 4 - 2 享栄商
2回戦 12 - 5 米子東
準々決勝 6 - 3 大宮
準決勝 1 - 3 静岡
第44回大会(1962年) 徳島商(2年ぶり7回目) 1回戦 0 - 2 日大三
第45回大会(1963年) 徳島商(2年連続8回目) 1回戦 9 - 2 享栄商
2回戦 2 - 4 高田商
第47回大会(1965年) 徳島商(2年ぶり9回目) 1回戦 9 - 0 武生
2回戦 0 - 5 津久見
第48回大会(1966年) 鳴門(14年ぶり3回目) 1回戦 3 - 0 修徳
2回戦 1 - 2 小倉工
第50回大会(1968年) 鴨島商(初出場) 1回戦 2 - 4 盛岡一
第53回大会(1971年) 池田(初出場) 1回戦 5 - 4 浜田
2回戦 1 - 8 県岐阜商
第55回大会(1973年) 鳴門工(初出場) 1回戦 13 - 3 三重
2回戦 0 - 3 広島商
第58回大会(1976年) 徳島商(11年ぶり10回目) 1回戦 1 - 2 海星

全国高等学校野球選手権大会(徳島代表)[編集]

  • 第60回大会より徳島県単独で1校の代表を送ることができるようになった。
  • 第64回大会で蔦文也率いるやまびこ打線の池田が徳島県勢として初優勝した。翌年春の選抜も制した池田は1983年の第65回大会で夏春夏の3連覇を目指したが、KKコンビを擁するPL学園に敗れた。
大会(年度) 代表校 試合結果
第60回大会(1978年) 徳島商(2年ぶり11回目) 1回戦 2 - 10 横浜
第61回大会(1979年) 池田(8年ぶり2回目) 2回戦 9 - 2 松商学園
3回戦 5 - 2 中京
準々決勝 5 - 1 高知
準決勝 2 - 0 浪商
決勝 3 - 4 箕島
第62回大会(1980年) 鳴門(14年ぶり4回目) 2回戦 4x - 3 前橋工(延長12回)
3回戦 0 - 1 横浜
第63回大会(1981年) 徳島商(3年ぶり12回目) 1回戦 1 - 3 横浜(延長13回)
第64回大会(1982年) 池田(3年ぶり3回目) 1回戦 5 - 2 静岡
2回戦 4 - 3 日大二
3回戦 5 - 3 都城
準々決勝 14 - 2 早稲田実
準決勝 4 - 3 東洋大姫路
決勝 12 - 2 広島商
第65回大会(1983年) 池田(2年連続4回目) 1回戦 8 - 1 太田工
2回戦 12 - 0 高鍋
3回戦 7 - 3 広島商
準々決勝 3 - 1 中京
準決勝 0 - 7 PL学園
第66回大会(1984年) 徳島商(3年ぶり13回目) 1回戦 3 - 4 上尾(延長10回)
第67回大会(1985年) 徳島商(2年連続14回目) 1回戦 18 - 8 東邦
2回戦 1 - 2 鹿児島商工
第68回大会(1986年) 池田(3年ぶり5回目) 1回戦 2 - 7 明野
第69回大会(1987年) 池田(2年連続6回目) 1回戦 5x - 4 八戸工大一
2回戦 1 - 2x 中京(延長10回)
第70回大会(1988年) 池田(3年連続7回目) 2回戦 2 - 3x 浜松商(延長14回)
第71回大会(1989年) 小松島西(初出場) 1回戦 2 - 3 吉田
第72回大会(1990年) 徳島商(5年ぶり15回目) 1回戦 7 - 2 丸子実
2回戦 5 - 2 済々黌
3回戦 3 - 5 日大鶴ヶ丘(延長10回)
第73回大会(1991年) 池田(3年ぶり8回目) 1回戦 5 - 4 国学院久我山(延長10回)
2回戦 13 - 4 弘前実
3回戦 6 - 8 帝京
第74回大会(1992年) 池田(2年連続9回目) 2回戦 8 - 1 弘前実
3回戦 4x - 3 神港学園
準々決勝 1 - 2 拓大紅陵
第75回大会(1993年) 徳島商(3年ぶり16回目) 2回戦 8x - 7 久慈商
3回戦 2 - 1 智弁和歌山
準々決勝 4 - 11 春日部共栄
第76回大会(1994年) 小松島西(5年ぶり2回目) 2回戦 6 - 5 海星(延長10回)
3回戦 5 - 14 北海
第77回大会(1995年) 鳴門(15年ぶり5回目) 1回戦 5 - 7 山梨学院大付
第78回大会(1996年) 新野(初出場) 1回戦 2 - 0 日大山形
2回戦 4 - 3 明徳義塾
3回戦 2 - 8 松山商
第79回大会(1997年) 徳島商(4年ぶり17回目) 1回戦 7 - 5 新湊
2回戦 7 - 3 佐賀商
3回戦 9 - 8 西京
準々決勝 1 - 5 平安(延長10回)
第80回大会(1998年) 徳島商(2年連続18回目) 1回戦 0 - 1 岐阜三田
第81回大会(1999年) 徳島商(3年連続19回目) 1回戦 5 - 1 北海
2回戦 1 - 3 滝川二
第82回大会(2000年) 徳島商(4年連続20回目) 1回戦 10 - 2 福島商
2回戦 11 - 6 仙台育英
3回戦 2 - 6 長崎日大
第83回大会(2001年) 鳴門工(28年ぶり2回目) 1回戦 1 - 11 日本航空
第84回大会(2002年) 鳴門工(2年連続3回目) 1回戦 9 - 2 日大東北
2回戦 5 - 3 一関学院
3回戦 7 - 3 玉野光南
準々決勝 1 - 7 智弁和歌山
第85回大会(2003年) 小松島(初出場) 2回戦 9 - 1 旭川大高
3回戦 5 - 6 桐生第一
第86回大会(2004年) 鳴門第一(初出場) 1回戦 1 - 4 千葉経大付
第87回大会(2005年) 鳴門工(3年ぶり4回目) 1回戦 14 - 3 宇都宮南
2回戦 6 - 0 丸亀城西
3回戦 10 - 3 高陽東
準々決勝 6 - 7 駒大苫小牧
第88回大会(2006年) 徳島商(6年ぶり21回目) 1回戦 1 - 5 仙台育英
第89回大会(2007年) 徳島商(2年連続22回目) 2回戦 1 - 3 開星
第90回大会(2008年) 鳴門工(3年ぶり5回目) 1回戦 4x - 3 本荘
2回戦 2 - 5 関東一
第91回大会(2009年) 徳島北(初出場) 1回戦 0 - 2 日大三
第92回大会(2010年) 鳴門(15年ぶり6回目) 1回戦 0 - 9 興南
第93回大会(2011年) 徳島商(4年ぶり23回目) 2回戦 3 - 1 藤代
3回戦 5 - 6 光星学院
第94回大会(2012年) 鳴門(2年ぶり7回目) 2回戦 1 - 3 済々黌
第95回大会(2013年) 鳴門(2年連続8回目) 1回戦 12 - 5 星稜
2回戦 6x - 5 修徳(延長10回)
3回戦 17 - 1 常葉菊川
準々決勝 4 - 5 花巻東
第96回大会(2014年) 鳴門(3年連続9回目) 2回戦 0 - 8 近江
第97回大会(2015年) 鳴門(4年連続10回目) 1回戦 2 - 8 九州国際大付
第98回大会(2016年) 鳴門(5年連続11回目) 1回戦 3 - 2 佐久長聖
2回戦 5 - 2 智弁学園
3回戦 11 - 9 盛岡大付
準々決勝 0 - 3 明徳義塾
第99回大会(2017年) 鳴門渦潮(9年ぶり7回目) 1回戦 5 - 9 日本文理
第100回大会(2018年) 鳴門(2年ぶり12回目) 1回戦 5 - 8 花咲徳栄
第101回大会(2019年) 鳴門(2年連続13回目) 1回戦 10 - 4 花巻東
2回戦 5 - 8 仙台育英

通算成績[編集]

校名 出場 勝敗 勝率 最高成績
徳島商 23回 21勝23敗1分 .477 準優勝
鳴門 13回 13勝13敗 .500 準優勝
池田 9回 20勝8敗 .714 優勝1回
鳴門渦潮 7回 8勝7敗 .533 ベスト8
小松島西 2回 1勝2敗 .333 3回戦
阿南光 1回 2勝1敗 .667 3回戦
小松島 1回 1勝1敗 .500 3回戦
吉野川 1回 0勝1敗 .000 初戦敗退
徳島北 1回 0勝1敗 .000 初戦敗退
通算 58回 66勝57敗1分 .537 優勝1回
  • 前身校時代も含む。
  • 鳴門渦潮は鳴門工(出場5回、8勝5敗)と鳴門第一(出場1回、0勝1敗)が2012年に合併。

脚注[編集]

  1. ^ この時の城東は徳島商と統合していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]