第43回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第43回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1961年8月11日 - 8月20日
出場校 30校
参加校数 1,941校
優勝校 浪商大阪、15年ぶり2回目)
試合数 29試合
選手宣誓 百目鬼昭(栃木宇都宮学園
始球式 荒木萬壽夫文部大臣
大会本塁打 4本塁打
 < 19601962 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第43回全国高等学校野球選手権大会(だい43かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は1961年8月11日から8月20日までの間、甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

出場校[編集]

  • 山城(京都、9年ぶり3回目)
  • 浪商(大阪、2年連続12回目)
  • 報徳学園(兵庫、初出場)
  • 桐蔭(和歌山、13年ぶり19回目)
  • 倉敷工(岡山、2年ぶり3回目)
  • 崇徳(広島、初出場)
  • 大社(島根、2年連続5回目)
  • 松山商(愛媛、8年ぶり15回目)
  • 高知商(高知、2年ぶり6回目)
  • 戸畑(福岡、3年連続4回目)
  • 海星(長崎、2年ぶり2回目)
  • 高田(大分、初出場)
  • 高鍋(宮崎、2年ぶり3回目)
  • 鹿児島実(鹿児島、初出場)

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 浪商 1 - 0 浜松商
  • 銚子商 2x - 1 法政一(延長10回)
  • 中京商 5 - 0 鹿児島実
  • 高知商 5 - 0 高田
  • 法政二 9 - 1 宇都宮学園
  • 大社 9 - 1 札幌商
  • 報徳学園 7x - 6 倉敷工(延長12回)
  • 松山商 6 - 5 甲府一
  • 桐蔭 3 - 0 海星
  • 秋田商 1 - 0 高鍋
  • 岐阜商 6 - 2 山城
  • 東北 2 - 0 伊那北
  • 崇徳 3x - 2 武生(延長10回)
  • 新発田農 3 - 2 戸畑(延長10回)

2回戦[編集]

  • 浪商 2 - 1 銚子商
  • 中京商 8 - 7 高知商
  • 法政二 4 - 0 大社
  • 報徳学園 3 - 0 松山商
  • 桐蔭 1x - 0 秋田商(延長10回)
  • 福岡 7x - 6 釧路江南
  • 岐阜商 2 - 0 東北
  • 崇徳 4 - 1 新発田農

準々決勝[編集]

  • 浪商 14 - 0 中京商
  • 法政二 9 - 1 報徳学園
  • 桐蔭 5 - 0 福岡
  • 岐阜商 3 - 1 崇徳

準決勝[編集]

  • 浪商 4 - 2 法政二(延長11回)
  • 桐蔭 5x - 4 岐阜商

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
浪商 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
桐蔭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. (浪) : 尾崎 - 大塚
  2. (桐) : 森川 - 田村
  3. 審判:球審…山本英、塁審…中村、松本、鈴木

大会本塁打[編集]

  • 第1号:芝野靖夫(銚子商)
  • 第2号:柴武利(銚子商)
  • 第3号:相羽欣厚(中京商)
  • 第4号:住友平(浪商)

関連項目[編集]