山本真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 真一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県日南市
生年月日 (1946-04-05) 1946年4月5日(76歳)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1965年 ドラフト16位
初出場 1966年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 真一(やまもと しんいち、1946年4月5日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

宮崎商では2年生時の1963年三塁手として夏の甲子園県予選に出場する。決勝に進出しエース清俊彦を擁する高鍋高に辛勝、夏の甲子園への出場を決める。大会では1回戦で函館工を降すが、2回戦で甲府商大石勝彦堀内恒夫の継投に抑えられ敗退[1]。1年上のチームメートに捕手高橋博中堅手小川亨がいた。

1964年には三番打者として夏の甲子園に連続出場。1年下のエース水谷実雄が好投し、1回戦で旭川南高に完封勝利、2回戦でも滝川高芝池博明を打ち崩し準々決勝に進出。ここでも熊谷商工に逆転勝ちし準決勝に進む。しかし優勝した高知高の光内数喜(芝工大-鐘淵化学)に0-1で完封を喫した[1]。この大会では4試合に出場し16打数3安打2打点、宮崎商では通算打率.367を記録している。

卒業後は専修大学へ進むが、家庭の事情から中退して母校でコーチをしていた。1965年ドラフト会議で広島カープから16位指名され、広島へ入団した。1年目の1966年から一軍に上がり、1969年には8月に二塁手として初先発出場。しかし実績を残せず、同年限りで引退した。引退後は広島のスコアラーをつとめた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 広島 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .000 .000 .000 .000
1967 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1969 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 9 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 44 (1966年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]