雨宮捷年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雨宮 捷年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県塩山市上於曽(現:甲州市
生年月日 (1945-06-17) 1945年6月17日(72歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手捕手
プロ入り 1967年 ドラフト外
初出場 1968年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

雨宮 捷年(あまみや かつとし、1945年6月17日 - )は、山梨県塩山市上於曽(現:甲州市[1]出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

中学時代は捕手甲府商業高では1年から右翼手のレギュラー[1]。同期のエース大石勝彦大洋東映)を擁し、1963年夏の甲子園に出場する。山梨県勢初の3回戦まで進出するが、優勝した明星高に敗退[1]。2年下の控え投手堀内恒夫がいた。

高校卒業後は、神奈川大学に進学。1年から四番打者、右翼手で出場し、神奈川五大学野球で4回の優勝を経験[1]1966年全日本大学野球選手権大会では準決勝に進出するが、日本大学に延長11回1-2で敗退。大学同期に五十嵐英夫投手がいる。

1967年ドラフト外近鉄バファローズへ入団し、捕手に再転向[1]1968年ジュニアオールスターゲームにも出場したが、視力の低下もあり1971年引退した[1]

引退後は帰郷し、家業の割烹「仲よし」を経営[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 近鉄 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 28 (1968年 - 1970年)
  • 48 (1971年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、18ページ

関連項目[編集]