第35回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第35回選抜高等学校野球大会
試合日程 1963年3月27日 - 4月5日
出場校 28校
優勝校 下関商山口、初優勝)
試合数 27試合
入場行進曲いつでも夢を』(橋幸夫吉永小百合
選手宣誓 笹野辰夫(富山富山商
始球式 金井元彦兵庫県知事
大会本塁打 6本塁打
 < 19621964 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第35回選抜高等学校野球大会(だい35かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、甲子園球場1963年3月27日(水)から4月5日(金)まで10日間をかけて行われた選抜高等学校野球大会

この大会から優勝旗が新調され、傷みの激しい旧優勝旗は日本高等学校野球連盟に永久保存されることとなった。

出場校[編集]

北海道・東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州

試合結果[編集]

1回戦[編集]

3月27日

  • 日大一 2 - 0 富山商
  • 御所工 5 - 4 清水市商

3月28日

  • 海南 15 - 3 博多工
  • 下関商 5 - 0 明星
  • 上尾 3 - 0 松阪商

3月29日

  • 東邦 11 - 2 宇都宮商
  • 北海 3 - 2 日南
  • PL学園 8 - 0 首里   ※PL・戸田が1試合21奪三振の大会記録

3月30日

  • 丸亀商 3 - 2 南部(延長11回)
  • 呉港 5 - 1 大津商
  • 早稲田実 5 - 3 岡山東商

3月31日

  • 小倉工 6 - 3 市西宮

2回戦[編集]

  • 市神港 9 - 1 高松商
  • 享栄商 11 - 2 大曲農

4月1日

  • 御所工 4 - 3 日大一
  • 下関商 3 - 2 海南(延長16回)
  • 東邦 6 - 0 上尾

4月2日

  • 北海 5 - 3 PL学園
  • 呉港 4 - 1 丸亀商
  • 早稲田実 3 - 2 小倉工

準々決勝[編集]

4月3日

  • 下関商 3 - 2 御所工
  • 市神港 6 - 4 東邦
  • 北海 5 - 1 享栄商
  • 早稲田実 6 - 3 呉港

準決勝[編集]

4月4日

  • 下関商 4 - 1 市神港
  • 北海 8 - 7 早稲田実

決勝[編集]

4月5日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
北海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
下関商 0 0 4 4 0 1 0 1 X 10
  1. (北) : 吉沢、城内 - 牛戸
  2. (下) : 池永 - 秋田
  3. 審判:球審…山本英、塁審…米谷、秀高、小西

大会本塁打[編集]

  • 第1号:李原明夫(御所工)
  • 第2号:今村信彦(享栄商)
  • 第3号:吉田敏一(市神港)
  • 第4号:佐々木正(北海)
  • 第5号:神宮堂夫(早稲田実)
  • 第6号:吉沢勝(北海)  ※対早稲田実戦、9回逆転サヨナラ

関連項目[編集]