谷木恭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷木 恭平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市
生年月日 (1945-11-12) 1945年11月12日(71歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1972年 ドラフト3位
初出場 1973年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

谷木 恭平(たにき きょうへい、1945年11月12日 - )は、北海道札幌市出身の元プロ野球選手外野手)。2012年より北翔大学野球部監督を務めている[1]

来歴・人物[編集]

北海高等学校では2年生の時、中堅手として1962年の春夏の甲子園に出場。春の選抜では1回戦で御所工に敗退[2]夏の選手権では準々決勝に進み、伊藤久敏投手を擁する久留米商と対戦。先発した3年生エース松谷栄司が5回に負傷退場し、同期の吉沢秀和が急遽リリーフするが、9回に3点を取られ逆転負け[3]。他のチームメートに1年上の中村之保遊撃手がいた。

1963年春の選抜では吉沢の好投もあって準決勝に進み、優勝候補の早実高にサヨナラ勝ち。決勝では下関商池永正明に抑えられ0-10で大敗する[2]が、初めて準優勝旗が津軽海峡を越えることとなった。同年夏の南北海道大会でも決勝に進出するが函館工に敗退、甲子園出場を逸する。

準優勝した1963年春の選抜では、1試合5盗塁の大会記録を含む9盗塁をマーク。この大会で谷木が出塁すると、応援席から「ゴー!ゴー!谷木」コールが出るなど類まれな盗塁能力を有していた。

高校卒業後は、立教大学に進む。東京六大学野球リーグでは、1965年秋季リーグで首位打者を獲得。1966年春季リーグでは槌田誠小川亨らとともに7年ぶりの優勝を飾る。また4年時には全日本学生選抜にも選ばれた。リーグ通算90試合出場、302打数65安打、打率.215、3本塁打、27打点。ベストナイン1回。1967年ドラフト会議大洋ホエールズから10位指名を受けるが、入団を拒否した。

大学卒業後は社会人野球富士製鐵室蘭に入社し、都市対抗野球大会等で活躍。5年間プレーした後、1972年ドラフト会議中日ドラゴンズ3位指名を受け入団。既に27歳で2人の子持ちであった。中日は、高卒・大卒時にも谷木を勧誘したが果たせず、社会人でも在籍中は会社の意向により指名はできなかったため、獲得には実に10年の月日を要することになった。

即戦力として期待されたが、入団1年目の1973年は結果を残すことが出来なかった。2年目の1974年も控えスタートだったが、6月中旬に不振のジミー・ウィリアムに代わって中堅手、二番打者に定着し、2本のサヨナラ安打を放つなど、中日の20年ぶりのリーグ優勝に攻守にわたって貢献した。同年のロッテとの日本シリーズでも代打、守備固めが中心ながら全試合に出場、最終第6戦では二番打者として先発し1安打を放った。1976年には7月から一番打者に定着、74試合に先発出場を果たし、規定打席には届かなかったが打率.285の好記録を残す。翌1977年は、ジーン・マーチンが外野手に回り、ウィリー・デービスの新入団もあって定位置を失い、その後は準レギュラーとして起用された。1978年にも藤波行雄との併用ながら54試合に先発し、チャンスメーカーとして打率.280を記録。しかしその後は出場機会が減り、1980年限りで現役を引退。

やや中腰の構えからのしぶとい打撃に加え、外野守備のカンの良さがあったが、遅いプロ入りのためかセールスポイントであった走塁には衰えが目立ち、走塁ミスや盗塁死も少なくなかった。また、8年間在籍したものの、ジーン・マーチン、井上弘昭大島康徳藤波行雄田尾安志ローン・ウッズ、ウィリー・デービスなど、強力な布陣を擁する中日外野陣の中で常にレギュラー争いを強いられたこともあり、規定打席に到達したシーズンは一度もなかった。

引退後は、郷里の札幌市内で飲食店「おでんの一平」を営む傍らスカウトを務め、1994年から1995年には中日の一軍外野守備・走塁コーチも務めた。

2012年1月1日付で、北翔大学野球部監督に就任。それに先立つ2011年11月に「おでんの一平」を閉店しており、以後は野球指導者に専念している[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 中日 44 76 69 10 9 0 0 1 12 3 5 2 0 0 7 1 0 10 0 .130 .211 .174 .384
1974 86 214 190 26 52 10 3 2 74 14 5 6 6 0 16 0 2 32 6 .274 .337 .389 .726
1975 96 132 114 20 29 5 1 3 45 8 4 5 3 0 14 1 1 24 1 .254 .341 .395 .736
1976 116 341 316 40 90 16 2 2 116 15 9 7 6 1 16 0 2 38 4 .285 .322 .367 .689
1977 117 175 153 32 36 6 1 4 56 14 6 3 0 0 19 1 3 32 0 .235 .331 .366 .697
1978 105 286 243 38 68 13 1 5 98 21 10 3 3 0 39 0 1 26 2 .280 .382 .403 .785
1979 112 222 196 31 46 6 1 3 63 10 9 3 5 0 17 0 4 38 4 .235 .309 .321 .630
1980 61 107 96 9 25 5 0 1 33 8 0 3 3 0 7 0 1 22 0 .260 .317 .344 .661
通算:8年 737 1553 1377 206 355 61 9 21 497 93 48 32 26 1 135 3 14 222 17 .258 .330 .361 .691

背番号[編集]

  • 9 (1973年 - 1980年)
  • 89 (1994年)
  • 85 (1995年)

参考文献[編集]

  • 月刊ドラゴンズ1984年11月号

脚注[編集]

  1. ^ a b 元中日谷木氏「全力投球」北翔大監督就任 - 日刊スポーツ・2011年12月1日
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]