第63回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第63回選抜高等学校野球大会
試合日程 1991年3月26日 - 4月5日
出場校 32校
優勝校 広陵広島、65年ぶり2回目)
試合数 32(再試合1)試合
入場行進曲おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズ
選手宣誓 山口努(旭川竜谷
始球式 井上裕文部大臣
総入場者数 約520,000人(1試合平均16,250人)
最高入場者数/1日 75,000人
大会本塁打 18本塁打
 < 19901992 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第63回選抜高等学校野球大会(だい63かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1991年3月26日から4月5日(雨で1日順延)まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

この大会より開会式の先導が大阪府警察音楽隊フレッシュウインズになる。

日程[編集]

  • 1990年平成2年)
  • 1991年平成3年)
    • 2月1日 - 出場校選考委員会が開かれ32校の出場が決定。
    • 3月24日 - 組み合わせ抽選会。
    • 3月26日 - 開会式。
    • 3月27日 - 雨天中止。
    • 4月5日 - 決勝戦。閉会式。

出場校[編集]

北海道
東北
関東
東京
東海
北信越
近畿
中国
四国
九州


組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

 
1回戦2回戦準々決勝準決勝
 
              
 
3月26日(1)
 
 
大野8
 
3月31日(4)
 
邇摩4
 
大野4
 
3月26日(2)
 
坂出商7
 
坂出商2
 
4月3日(1)
 
東海大甲府1
 
坂出商1
 
3月26日(3)
 
国士舘8
 
瓊浦0
 
4月1日(1)
 
国士舘13
 
国士舘1
 
3月28日(1)
 
瀬戸内0
 
神戸弘陵2
 
4月4日(1)
 
瀬戸内3
 
国士舘0
 
3月28日(2)
 
松商学園1
 
箕島5
 
4月1日(2)
 
旭川竜谷1
 
箕島4
 
3月28日(3)
 
大阪桐蔭6
 
大阪桐蔭10
 
4月3日(2)
 
仙台育英0
 
大阪桐蔭0
 
3月28日(4)
 
松商学園3
 
天理7
 
4月1日(3)
 
三重2
 
天理0
 
3月29日(1)
 
松商学園2
 
松商学園3
 
 
愛工大名電2
 
 
1回戦2回戦準々決勝準決勝
 
              
 
3月29日(2)
 
 
奈良6
 
4月1日(4)
 
桐生第一10
 
桐生第一8
 
3月29日(3)
 
帝京7
 
熊本工2
 
4月3日(3):延長11回
 
帝京3
 
桐生第一2
 
3月29日(4)
 
市川3x
 
福岡大大濠4
 
4月2日(1)
 
宇都宮学園7
 
宇都宮学園2
 
3月30日(1)
 
市川3x
 
浪速1
 
4月4日(2)
 
市川3
 
市川1
 
3月30日(2)
 
広陵4
 
尽誠学園3
 
4月2日(2)
 
春日部共栄10
 
春日部共栄2
 
3月31日(3):再試合[1]
 
広陵4
 
三田学園2
 
4月3日(4)
 
広陵8
 
広陵5
 
3月31日(1)
 
鹿児島実2
 
小松島西0
 
4月2日(3)
 
学法石川2
 
学法石川5
 
3月31日(2):延長10回
 
鹿児島実7
 
鹿児島実8
 
 
東邦5
 

決勝[編集]

4月5日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
松商学園 1 0 0 0 2 0 2 0 0 5 10 1
広陵 1 0 0 1 0 0 3 0 1x 6 11 0
  1. (松) : 上田、中島 - 辻
  2. (広) : 塩崎、小土居 - 島村
  3. 審判:球審…永野、塁審…三宅・田中・片岡
  4. 試合時間:2時間34分
松商学園
打順守備選手
1[二]荒井敏幸(3年)
2[中]清沢悦郎(3年)
3[捕]辻利行(3年)
4[投]右上田佳範(3年)
5[右]投中島尚彦(3年)
6[三]二村武(3年)
7[左]花岡忠(3年)
8[一]内藤玉樹(3年)
9[遊]高橋巧(3年)
広陵
打順守備選手
1[三]山本真一郎(3年)
2[遊]二井裕二(3年)
3[一]村上啓志(2年)
4[左]篠原正道(2年)
5[投]右塩崎貴史(2年)
6[二]二岡聡(3年)
7[捕]島村健一(3年)
8[右]中下松孝史(3年)
9[中]田岡幸治(2年)
田淵晶一(3年)
小土居昭宏(3年)

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:前田誠吾(国士舘)
  • 第2号:中野雅貴(国士舘)
  • 第3号:萩原誠(大阪桐蔭)
  • 第4号:宮原隆朗(天理)
  • 第5号:深谷篤(愛工大名電)
  • 第6号:竹田進一郎(福岡大大濠)
  • 第7号:長沼史朗(春日部共栄)
  • 第8号:長沼史朗(春日部共栄)
  • 第9号:下松孝史(広陵)
  • 第10号:俣瀬直樹(鹿児島実)
  • 第11号:林尚克(東邦)
  • 第12号:田岡幸治(広陵)
2回戦
  • 第13号:林孝哉(箕島)
  • 第14号:林孝哉(箕島)
  • 第15号:大川雅基(桐生第一)
  • 第16号:白土一成(学法石川)
準々決勝
  • 第17号:鈴木大介(桐生第一)
決勝
  • 第18号:荒井敏幸(松商学園)


記録[編集]

記録 選手名 所属校 対戦相手 補足
ノーヒットノーラン 和田友貴彦 大阪桐蔭 1回戦・対仙台育英 大会史上10人目

その他の主な出場選手[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 3月30日(第3試合) 3 - 3、9回終了後・降雨引き分けによる再試合

関連項目[編集]

外部リンク[編集]