第77回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第77回選抜高等学校野球大会
試合日程 2005年3月23日 - 4月4日
出場校 32校
優勝校 愛工大名電愛知、初優勝)
試合数 31試合
開会式司会 八重樫葵宮城第一女子高校2年)
内田国俊千葉東海大浦安高校3年)
入場行進曲 君こそスターだ」(サザンオールスターズ
国歌独唱 平尾悠(大阪相愛高校卒業)
選手宣誓 林裕也(北海道駒大苫小牧
始球式 中止
閉会式司会 内田国俊(千葉・東海大浦安高校3年)
総入場者数 約455,000人(1試合平均14,677人)
最高入場者数/1日 62,000人
大会本塁打 10本塁打
 < 20042006 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第77回選抜高等学校野球大会(だい77かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2005年3月23日から4月4日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

公式には雨天のため開会式しか実施されなかった3月23日が大会第0日目、翌日の3月24日が大会第1日目という扱いになっている。開会式のみの第0日目が存在したのは大会史上初。これに伴い塩谷立文部科学副大臣が行う予定であった始球式も中止となった(塩谷は後に第81回大会文部科学大臣として始球式を担当)。同様のケースとしては、1972年夏の第54回全国高等学校野球選手権大会がある[1]

なお、愛工大名電の監督・倉野光生の実娘で同校野球部のマネージャーであった倉野智加は、春夏通じて高校野球大会史上初の優勝校の女子記録員となった。

出場校[編集]

地区 選出校 所在地 出場回数
北海道 駒大苫小牧 北海道 2年ぶり2回目
東北 青森山田 青森 初出場
羽黒 山形 初出場
関東 常総学院 茨城 4年ぶり6回目
浦和学院 埼玉 2年ぶり6回目
東海大相模 神奈川 5年ぶり6回目
慶応 神奈川 45年ぶり6回目
甲府工 山梨 2年連続5回目
東京 修徳 東京 26年ぶり3回目
東海 愛工大名電 愛知 4年連続8回目
東邦 愛知 3年連続27回目
北信越 星稜 石川 8年ぶり11回目
福井商 福井 3年ぶり17回目
近畿 八幡商 滋賀 2年連続7回目
大産大付 大阪 初出場
神戸国際大付 兵庫 4年ぶり2回目
育英 兵庫 5年ぶり13回目
天理 奈良 8年ぶり17回目
市和歌山商 和歌山 38年ぶり4回目
地区 選出校 所在地 出場回数
中国 関西 岡山 3年ぶり7回目
如水館 広島 初出場
宇部商 山口 10年ぶり6回目
四国 新田 愛媛 15年ぶり2回目
西条 愛媛 16年ぶり5回目
九州 東筑紫学園 福岡 12年ぶり2回目
戸畑 福岡 5年ぶり4回目
柳ヶ浦 大分 15年ぶり2回目
神村学園 鹿児島 初出場
沖縄尚学 沖縄 6年ぶり3回目
21世紀枠
東北 一迫商 宮城 初出場
四国 高松 香川 72年ぶり4回目
希望枠
四国 三本松 香川 初出場

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月24日(1)            
 戸畑 1
3月29日(2)
 駒大苫小牧 2  
 駒大苫小牧 0
3月24日(2)
   神戸国際大付 4  
 神戸国際大付 4
4月1日(1)
 甲府工 1  
 神戸国際大付 15
3月24日(3)
   慶応 1  
 慶応 8x
3月29日(3)
 関西 7  
 慶応 3
3月25日(1)
   福井商 1  
 福井商 9
4月3日(1)
 新田 0  
 神戸国際大付 6
3月25日(2)
   愛工大名電 8
 一迫商 5
3月30日(1)
 修徳 2  
 一迫商 2
3月25日(3)
   天理 19  
 柳ヶ浦 0
4月1日(2)
 天理 4  
 天理 2
3月26日(1)
   愛工大名電 5  
 高松 2
3月30日(2)
 宇部商 6  
 宇部商 0
3月26日(2)
   愛工大名電 2  
 愛工大名電 2
 大産大付 0  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月26日(3)            
 如水館 5x
3月30日(3)
 東筑紫学園 4  
 如水館 2
3月27日(1):延長12回
   羽黒 8  
 八幡商 1
4月2日(1)
 羽黒 2x  
 羽黒 5
3月27日(2)
   東邦 1  
 三本松 3
3月31日(1)
 東海大相模 8  
 東海大相模 3
3月27日(3):延長10回
   東邦 7  
 東邦 1x
4月3日(2)
 育英 0  
 羽黒 0
3月28日(1)
   神村学園 4
 青森山田 3
3月31日(2)
 沖縄尚学 16  
 沖縄尚学 6
3月28日(2)
   西条 1  
 浦和学院 3
4月2日(2)
 西条 4  
 沖縄尚学 2
3月28日(3)
   神村学園 3  
 神村学園 5
3月31日(3)
 星稜 3  
 神村学園 5
3月29日(1)
   市和歌山商 3  
 市和歌山商 6
 常総学院 5  

決勝[編集]

4月4日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
神村学園 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 4 1
愛工大名電 2 0 2 0 0 0 3 2 X 9 12 2
  1. (神) : 野上、馬沢 - 椎葉
  2. (愛) : 齊賀 - 井坂
  3. 審判:球審…桂、塁審…赤井・林・小山
  4. 試合時間:2時間1分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:斎藤進吾(福井商)
  • 第2号:田中大二郎(東海大相模)
  • 第3号:小林亮(東海大相模)
  • 第4号:比嘉将太(沖縄尚学)
  • 第5号:古谷友希(常総学院)
  • 第6号:田中大二郎(東海大相模)
  • 第7号:川端慎吾(市和歌山商)
  • 第8号:正木修平(神戸国際大付)
  • 第9号:堂上直倫(愛工大名電)
  • 第10号:堂上直倫(愛工大名電)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1972年8月12日付大阪版夕刊7面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]